1. サイトTOP>
  2. 【乖離性MA】シンジ君のスキルが多彩すぎる!『エヴァ』コラボガチャ第3弾のカードを評価

【乖離性MA】シンジ君のスキルが多彩すぎる!『エヴァ』コラボガチャ第3弾のカードを評価

2016-06-01 13:00 投稿

新規スキルを持った神装型カードも登場!

『乖離性ミリオンアーサー』にて、2016年6月1日より、新ガチャイベント“エヴァンゲリオンコラボ第三弾 特別ピックアップガチャ”がスタートした。

【開催期間】
6月1日 0時~6月11日 23時59分

【関連記事】
ゲンドウ&冬月も登場!『エヴァ』コラボまとめ
第9使徒、第13号機 疑似シン化などスペクエのドロップカードを評価

乖離性MA_エヴァコラボガチャ第3弾

本ガチャでは、“異界型シンジ”“異界型レイ”など、新登場となる『エヴァンゲリオン』のコラボカードのほか、アイドルチックな姿の“歌劇型”カードが登場した。

新規『エヴァ』コラボカード

まずは、本ガチャで登場した新規『エヴァ』コラボカード4枚の性能を見ていこう。各カードのオススメ度はA+~Eの10段階評価となっている。

異界型シンジ&カヲル

乖離性MA_異界型シンジ&カヲル
評価
オススメ度:A

“異界型シンジ&カヲル”は、敵全体に3回の魔法ダメージを与えるカード。

コストは4とやや高いものの、3チェインで威力が60%アップし、敵の魔法防御を70%も無視できるため、風属性や光属性の敵には安定して高いダメージを与えることができる。

2属性持ちであるため、追加効果の発動条件を満たしやすいのもポイント。

また、攻撃回数も3回と多いので、エンチャントを付与した状態で使用すれば、さらに大きなダメージを与えることができるぞ。

異界型レイ

乖離性MA_異界型レイ
評価
オススメ度:B+

“異界型レイ”は味方全員の属性耐久をアップしつつ、全員に反射効果を付与するカード。

反射ダメージの倍率は168%と“制圧型 金髪のイゾルデ”の1013%に比べると控えめだが、味方全員に反射効果を付与できるうえに、反射効果は2ターンのあいだ継続するため、全体攻撃を多用する敵に対しては非常に有効だ。

また、コストが低くほかのカードとも併用しやすいのも魅力的。とはいえ、防御効果は低めなので、事前のバフデバフが十分で、HPに余裕がある状態で使うようにしよう。

異界型シンジ

乖離性MA_異界型シンジ
評価
オススメ度:A+

“異界型シンジ”は、敵全体に魔法ダメージを与えつつ、毒を付与するカード。

3チェイン以上で威力が60%アップし、さらに自分に3ターン持続するエンチャントの付与を行うことができる。追加効果が発動すれば、全体攻撃と毒の付与、さらにエンチャントと、低コストながらかなり多彩な効果を発揮する1枚だ。

毒の持続が3ターンなので、毒による敵の行動変化を狙う場合は使用タイミングに注意が必要だが、固定パーティーで傭兵が毒の持続ターンを延長できる“添寝型ローンファル”を持っている場合は、1ターン目に使ってしまうのもいい。

異界型マリ&アスカ

乖離性MA_異界型マリ&アスカ
評価
オススメ度:A+

“異界型マリ&アスカ”は、味方ひとりの物理ダメージをアップするカード。

2チェインで威力が40%アップし、歌姫タイプのコスト3物理支援としては最大のバフ効果を発揮するうえに、クリティカル率を40%もアップできる、非常に強力な物理バフ要員だ。

2属性持ちなので追加効果の発動条件も満たしやすく、使い勝手のいい1枚。物理攻撃が有効な敵との戦いではかなりの活躍が期待できる。

盗賊、歌姫タイプがとくに強力!

今回登場したコラボカードの中でも強力なのは、盗賊タイプの“異界型シンジ”と歌姫タイプの“異界型マリ&アスカ”の2枚。“異界型シンジ”は光属性の敵との戦いでかなりの活躍が期待でき、“異界型マリ&アスカ”は物理が有効な敵ならば幅広く活躍可能だ。

コラボカードは今回のガチャを逃すと再入手の機会がいつになるか分からないため、できればこの機会に入手しておきたいところだ。

新登場の“歌劇型”カード

本ガチャでは、新たな型である“歌劇型”カードが4枚登場した。

どのタイプのカードもコスト2と低コストなっており、優秀なスキルを持っているので、こちらの性能も忘れずにチェックしよう。

歌劇型 盗賊アーサー

乖離性MA_歌劇型_盗賊アーサー
評価
オススメ度:B+

“歌劇型 盗賊アーサー”は、敵全体に魔法ダメージを与えるカード。

高確率でクリティカルを発生させることができるため、支援カードのダメージアップ効果をさらに伸ばすことができる可能性が高い。

また、コストが低いため、支援カードやほかの攻撃カードと併用しやすいのも魅力だ。

歌劇型エニード

乖離性MA_ 歌劇型エニード
評価
オススメ度:A

“歌劇型エニード”は、味方全員の魔法防御をアップしつつ、全員にエンチャント付与を行うカード。

“闇堕型ローエングリン”に似た性能ではあるが、このカードの特徴は、3チェイン以上で効果の持続を1ターン延ばすことができるという点だ。

追加効果によって3ターンの防御アップ2ターンのエンチャント付与を行うことが可能になるので、チェインが狙いやすい戦闘では非常に優秀なカードとなる。また、コスト2としては十分な防御効果を持っているので、光属性以外の敵との戦いでも十分活躍は可能だ。

ただし、属性の違うエンチャントは後から発動したものに上書きされてしまうので、他属性のエンチャントによるダメージアップを狙っている場合は使用タイミングに注意しよう。

歌劇型グィネヴィア

乖離性MA_歌劇型グィネヴィア
評価
オススメ度:A

“歌劇型グィネヴィア”は、敵全体の属性耐性をダウンしつつ、自分にエンチャント付与を行うカード。

敵単体の属性耐性を大きくダウンする“神装型ガラティーン”とは違い、“歌劇型グィネヴィア”敵全体の属性耐性をダウンするものだ。

属性耐性ダウン対象が全体なので、敵に一斉攻撃をかけるターンかその直前に使用すれば、全体攻撃のダメージをかなり伸ばすことができ、全部位の同時撃破に非常に役立つ。

また、コストが低いためデバフカードとも攻撃カードとも併用がしやすいのもポイント。

歌劇型シシララ・パピヨンソード

乖離性MA_歌劇型シシララ・パピヨンソード
評価
オススメ度:B+

“歌劇型シシララ・パピヨンソード”は、味方全員のHP回復と最大HPアップを行う設置スキルを持ったカード。

コスト2ながら高い回復量に加え、最大HPアップの効果もあるため、非常に大きなHP回復を行うことが可能だ。

ただし、スキルは自分のHPが50%以下の場合、敵の行動後に発動するようになっており、歌姫のHPがぎりぎり50%以下にならなかった場合や、富豪が挑発で攻撃を引き受けて歌姫がダメージを受けなかった場合などには効果が発動しないことに注意したい。

富豪が挑発を行うタイミングで乖離進化後の“アーサー 剣術の城”などのHPが50%減少するカードを使うことでも発動は可能なので、固定パーティーで戦う場合などには比較的スキルを発動させやすいぞ。ただし、その際は全体攻撃での被ダメージには耐えられるようにしておこう。

富豪と盗賊はゲットしておきたい!

今回のガチャでは、3チェインで味方全員に3ターンの防御アップと2ターンのエンチャント付与を行うことができる富豪タイプの“歌劇型エニード”、敵全体の属性耐性をダウンすることで全体攻撃のダメージを大きく伸ばすことが可能な盗賊タイプの“歌劇型グィネヴィア”が注目株だ。

ピックアップガチャでは“歌劇型”カードは1枚確定で出現するので、自分のアーサータイプのカードが出る可能性に賭けて回してみる価値は十分あるぞ。

【関連記事】
ゲンドウ&冬月も登場!『エヴァ』コラボまとめ
第9使徒、第13号機 疑似シン化などスペクエのドロップカードを評価

▼動画もやってます

wiki_bana▲『乖離性ミリオンアーサー』攻略wikiはこちらから

『乖離性』のプロデューサーが期間限定でツイート中! 意外な情報が呟かれるかも!? @iwano_hiroaki

bfah1弱酸性ミリオンアーサー
2016年3月31日発売!
★Amazonでの購入はこちら!

★ebtenでの購入はこちら!

乖離性ミリオンアーサー

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 4.0 以降、Android 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧