モンスターストライク攻略まとめ

(C)mixi, Inc.

モンスターストライク【モンスト攻略】“Xの覚醒3、4”スラッシュX、バステトX、ダ・ヴィンチX、鉄扇公主X、一寸法師Xの評価と適正クエスト

モンスターストライクの攻略記事

【モンスト攻略】“Xの覚醒3、4”スラッシュX、バステトX、ダ・ヴィンチX、鉄扇公主X、一寸法師Xの評価と適正クエスト

2016-05-18 21:29 更新

X種と原種の性能差をチェック!

スラッシュX、バステトX、ダ・ヴィンチX、鉄扇公主X、一寸法師Xが入手できる“Xの覚醒3”と“Xの覚醒4”。これら5体のX系モンスターの具体的な性能を、原種との違いを比較しながら見ていこう。

【開催期間】
Xの覚醒3
2016年5月26日まで
Xの覚醒4

2016年5月27日まで
※上記期間以降も、随時出現予定

Xの覚醒3・攻略

⇒“Xの覚醒3”攻略と適正モンスター紹介
⇒“EX スラッシュ”スーパースラッシュX戦攻略
⇒“EX バステト”冥猫神 バステトX戦攻略
⇒“EX ダ・ヴィンチ”万能の天才 ダ・ヴィンチX戦攻略

Xの覚醒4・攻略

⇒“Xの覚醒4”攻略と適正モンスター紹介
⇒“EX 鉄扇公主”氷麗妖魔 鉄扇公主X戦攻略
⇒“EX 一寸法師”少名毘古那 一寸法師X戦攻略

スラッシュX

0102
火属性の飛行+アンチブロック持ち。魔族キラーを持つ原種に比べ火力が下がったが、アンチブロックにより汎用性が上がっている。SSの乱打ふっとばしは、原種の16ターンに対し12ターンと使い勝手が向上。世阿弥をはじめ、地雷とブロックが出現するクエストの運枠として活躍が期待できる。

⇒“義侠に燃え立つ能面の英雄”世阿弥戦攻略

バステトX

0304
水属性のアンチウィンド+アンチダメージウォール持ち。アンチウィンドが役立つ火属性クエストが登場すれば、活躍が期待できるだろう。阿修羅、アスタロトなど火属性クエストでは、属性相性から原種よりも連れて行きやすい

⇒“紅蓮燃ゆるは妄執の悪”阿修羅戦解説
⇒“地獄の輪舞曲”アスタロト戦解説

ダ・ヴィンチX

0506
木属性のアンチワープ/妖精キラーM持ち。原種とは異なりボールタイプは貫通。友情コンボの貫通ホーミング8に妖精キラーMが乗るため、スノーマンや座敷わらしなど、ボスが妖精族のクエストでダメージソースとして期待できる。

⇒“スノーマン襲来警報発動中”スノーマン戦攻略
⇒“黄金色した童唄”座敷わらし戦解説

鉄扇公主X

0708
光属性の魔王キラー+アンチ重力バリア持ち。ダブルキラー持ちの原種に比べて火力は下がっているが、アンチ重力バリアを得たことで連れて行けるクエストの幅が大きく広がった。汎用性の高い光属性である点も高評価。ボス種族が魔王のジル・ド・レ、エビルインライトなどのクエストで活躍できるだろう。期間限定だが、オルガのクエストにもオススメ。

⇒“闇に堕ちた救国の英雄”ジル・ド・レ戦攻略
⇒“神か悪魔か”エビルインライト戦解説
⇒“聖夜に舞い降りし雪の王女”オルガ戦解説

一寸法師X

0910
闇属性の魔族キラー+アンチダメージウォール持ち。キラー対象の幅とステータスは原種のほうが上ながらも、アンチダメージウォールにより連れていけるクエストが圧倒的に増えた。メテオSSのターンは原種に比べ2ターン増加しているが、威力がアップしている。ゴーストやメデューサなど、ボス種族が魔族のクエストで活躍が期待できるだろう。

⇒“黄金のファンタズマ”ゴースト戦解説
⇒“ゴルゴンの呪樹”メデューサ戦解説

あわせて読みたい

⇒“Xの覚醒3”攻略と適正モンスター紹介
⇒タイガー桜井流“Xの覚醒3”、“Xの覚醒4”周回パーティー
⇒“EX スラッシュ”スーパースラッシュX戦攻略
⇒“EX バステト”冥猫神 バステトX戦攻略
⇒“EX ダ・ヴィンチ”万能の天才 ダ・ヴィンチX戦攻略
⇒“Xの覚醒4”攻略と適正モンスター紹介
⇒“EX 鉄扇公主”氷麗妖魔 鉄扇公主X戦攻略
⇒“EX 一寸法師”少名毘古那 一寸法師X戦攻略
⇒真田幸村とアラジンの獣神化に必要な素材が明らかに!
⇒新モンスター2体が表紙の『モンマガNo.13』予約受付中

モンスターストライク概要

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーミクシィ
公式サイトhttps://www.monster-strike.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る