1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. パズル&ドラゴンズ>
  4. 【パズドラ攻略】“特殊降臨ラッシュ!”に挑戦してみた

【パズドラ攻略】“特殊降臨ラッシュ!”に挑戦してみた

2016-05-03 23:05 投稿

01 パズドラ4周年おめでとう!
パズル&ドラゴンズ 4th Anniversary

覚醒キングゴールドネッキー・フォース付き
amazonでの購入はこちら

“特殊”降臨ダンジョンボス続々登場!

コインダンジョンに2016年5月1日から新ダンジョン“特殊降臨ラッシュ!”が登場。難易度は超絶地獄級と壊滅級の2種類があり、すべてのモンスターがLv1の状態でスタートする“特殊”ルールのダンジョンとなっている。

“闊達の灼冥魔・スカーレット”や“黒天の幻龍王・ゼローグ∞”などがダンジョンでは出現するため、初見で攻略するのは難しいそうだ。

12

“特殊降臨ラッシュ!”攻略まとめ

バトル1:解放の騎龍王・ノルディス

3

木と光属性ダメージを半減する状態で出現し、先制で状態異常無効や闇属性バインドを使用する。Lv1の状態ではノルディスが連続行動で使用するスキルは耐久するのは困難。2体攻撃や属性強化で攻撃力を上昇させて1発で倒そう。

バトル2:闊達の灼冥魔・スカーレット

6

先制でドロップ操作時間を1秒減少するスキルを行使する。パズルが苦手な場合は覚醒ラーなどのドロップ操作時間を延ばすスキル持ちを採用して対処しよう。バトル1と突破したことにより、モンスターのレベルが上昇。与えてくるダメージ量も少ないので、耐久ができる。しかし、毒ドロップ生成やバインド攻撃などを使用するため、全ドロップを変換スキルやバインド耐性で対応しよう。

バトル3:大弯の海龍王・ヴォルスーン

5

火、水ドロップを先制で落ちやすくし、火、水ドロップをロック状態で落ちやすくする。多色チームでは火、水ドロップが落ちやすくなっているため、攻撃に必要なドロップが欠損する可能性が高い。ドロップが欠損、枯渇しても対処できるように威嚇スキルを使い、ターンを遅らせているあいだに撃破しよう。

バトル4:玻璃の風龍王・リンシア

4

覚醒スキル無効を先制で使用。同時に毒ドロップを落ちやすくするため、多色チームは倍率を発動させるが難しくなる。威嚇スキルを使い、覚醒スキル無効の解除や欠損した際でも対応できるようにしよう。ダメージ激減スキルを使い耐久するのも有効な手段だ。エンハンススキルや2体攻撃などで瞬間火力をアップし、HPを削りきろう。

バトル5:雷天の頑龍王・ガイノウト

8

先制行動でドロップをロック状態で落ちやすくする。火、水ドロップに加え、残りのドロップロック状態で落ちやすくなる。変換スキルが使用しににくなり、多色、単色ともに倍率が発動しづらくなる。スキルダメージ量も高く、バインド攻撃や猛毒ドロップを落ちやすくするなど厄介なスキルを行使する。そのため、ターンをあまりかけずに2体攻撃や属性強化を駆使して突破しよう。

バトル6:黒天の幻龍王・ゼローグ∞

9

闇属性ダメージ半減の状態で出現。その後、1ターン受けるダメージを激減する。バインド攻撃、スキル封印、毒ドロップ変換、盤面暗闇状態、即死ダメージと厄介な妨害スキルを使用する。それぞれ、対応するのは困難なので1ターン目に操作時間延長などの自身の効果があるスキルを使い、発動してるスキル効果を無効にするスキルを誘発させよう。1ターン受けるダメージ激減を簡単に解除することができる。その後、エンハンススキルなど瞬発的に火力を上昇させるスキルを使い、1発で撃破だ。

ちなみに筆者は太陽神・ラー=ドラゴンチームでクリアーを目指して挑戦! 結果は……。

51
52
53
56
54
55

順調にバトル5:雷天の頑龍王・ガイノウト戦まで到達したが、5属性+回復+コンボで攻撃した結果HPがわずかに残り、雷天の頑龍王・ガイノウトの攻撃を受けてノーコンクリアーならず。

ソロでは火力は十分だ。しかし、HPとスキルの使用場所が厳選され、耐久してスキル溜めや撃破するのが難しい印象。同じチームを使う人と協力して協力プレイでクリアーを狙ったほうが良さそうだ。

パズドラ_3

▲最新版初心者講座やってます▲

▼月~土毎日更新中! パズドラ情報・攻略まとめ▼

puzzledragons640

[関連記事]
【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ

大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

パズル&ドラゴンズ

ジャンル
パズルRPG
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone/iPod touch/iPad iOS5.0以降の対応機種、Android OS 2.3以降、Kindle Fire、Kindle Fire HD

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧