シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【超会議2016】サイゲームスの注目作『シャドウバース』でマックスむらい、コジマ店員、セピアが来場者とバトル!

シャドウバースの攻略記事

【超会議2016】サイゲームスの注目作『シャドウバース』でマックスむらい、コジマ店員、セピアが来場者とバトル!

2016-07-04 13:39 更新

新情報はGW明け?

2016年4月29日、4月30日の2日間にわたって開催されている超会議2016。その1日目となる4月29日に、サイゲームスが開発中のスマートフォン向けアプリ『Shadowverse(以下、『シャドウバース』)』の対戦が行われた。

出演者は本作のプロデューサーを務める木村唯人氏、AppBankのマックスむらいとマミルトン、ゲーム実況者のコジマ店員とセピアの5名。

スクリーンショット 2016-04-30 05.00.24
▲左からマミルトン、コジマ店員、マックスむらい、セピア、木村プロデューサー。

本作は対戦型TCG(トレーディングカードゲーム)。以下の記事で基本的なルールや“進化”に関する説明、さらに各キャラクターの簡単な解説も行っているので、あわせてチェックしてほしい。

⇒期待の和製TCG『シャドウバース』をシャドバってみた!

IMG_0997
▲進化は強大な力を得られるが、回数をはじめとした制約もある。いつ、どのカードを進化させるのかが勝利のカギだ。

まずはチュートリアルの映像を交えつつ、プレイの流れやシステムに関する説明。カードごとに違うこだわりの演出も映し出され、出演者たちを驚かせた。

来場者対戦・開幕!

続けてマックスむらい、コジマ店員、セピアとの対戦イベントが開始。来場者から選ばれた3人を対戦相手とし、以下の順番で1戦ずつ行われることに。

1戦目:VSコジマ店員
2戦目:VSセピア
3戦目:VSマックスむらい

また、来場者側には木村プロデューサーが直接アドバイスを送る。

03
▲対戦時には7種類の構築済みデッキのいずれかを選択。それぞれの個性をいかに引き出せるか、期待が高まる。

Round.1

使用デッキ
来場者・ロイヤル
コジマ店員・ヴァンパイア

序盤はヴァンパイアデッキの物量に押し切られていた来場者。

しかし、中盤から木村プロデューサーの的確な助言が効果を発揮し、コジマ店員の場のカードを一掃。徐々に巻き返しを図る。

終盤までどちらが勝ってもおかしくない盤面だったが、スペルカードによる直接ダメージが決め手となり、ギリギリのところで来場者が逆転勝利をおさめた。

04
▲かなりの体力差があったにも関わらず、来場者が巻き返す形に。白熱のバトルに惜しみない拍手が送られた。

Round.2

使用デッキ
来場者・ウィッチ
セピア・ビショップ

開始直後、セピアの手札は高コストのカードばかりで2ターンは何もできない状態。しかし来場者もほぼ同様の手札のため、スロースタートな試合となる。

だが、その後状況は一転。来場者がテンポよく自陣のカードを増やしていき、セピアは少しずつ劣勢に。耐え凌ぎつつ“ジャンヌ・ダルク”をはじめとした強力なカードで巻き返しを図るものの、最後はウィッチが操るゴーレムの物量に押し切られる形となった。

05
▲つぎつぎと現れるゴーレムを処理しきれず敗北。セピアも「悔しい!」とコメント。

Round.3

使用デッキ
・来場者・ドラゴン
・マックスむらい・ネクロマンサー

マックスむらいが選択したのは、倒されたキャラクターカードの枚数により追加効果が発動するネクロマンサー。そのトリッキーな戦術を使いこなせるかに注目が集まった。

しかし、高コストカードをプレイできるようになってくるゲーム中盤。2回攻撃が可能な“ハイドラ”を軸にした来場者の猛攻により、20のうち18もの体力を1ターンで奪われてしまう!

その後もドラゴンの勢いは止まらず、マックスむらい側の体力はゼロに。
やはり木村プロデューサーのアドバイスの力は大きく、来場者側が3連勝する結果となった。

スクリーンショット 2016-04-30 05.04.52

また、対戦後には視聴者コメントでプレイングに関する指摘も。それに対し「奥が深いですね!」とコメントしたコジマ店員に、多くの来場者たちが思わず頷いた。

気になるリリース日程は?

イベント中に視聴者コメントで多く見られた「リリース日はいつ?」という旨の質問に対し、木村プロデューサーは「ゴールデンウィーク明けに追加情報を発表するつもりです」と答えた。

見ているだけでも対戦の熱気を感じられる『シャドウバース』。リリースの続報が待ち遠しい!

⇒『シャドウバース』事前登録

ピックアップ 一覧を見る