クラッシュロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ攻略】『クラッシュ・ロワイヤル』チュートリアル~アリーナ1のおすすめデッキ

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ攻略】『クラッシュ・ロワイヤル』チュートリアル~アリーナ1のおすすめデッキ

2016-07-21 17:16 更新

▼最新のおすすめデッキ記事
アリーナ2~3おすすめジャイアントデッキ
アリーナ3~4おすすめ小屋デッキ
アリーナ5~7おすすめホグライダーデッキ

序盤のおすすめデッキ

一般的なゲームの場合、序盤で入手できるアイテムは、ともすれば序盤のみしか使えないことも少なくない。だが、『クラッシュ・ロワイヤル』はその例に当てはまらない。きちんと戦い方を理解し、それぞれのレベルをしっかり上げていけば、序盤のカードのみでも十分、ゲーム後半まで勝ち抜くことができる。そこで今回はチュートリアルとアリーナ1でアンロックされるカードのみで構成したおすすめのデッキ、および、それを使った戦い方について解説してみる。

<ポイント>

●序盤のカードでも十分に戦える
●攻撃、防御などカードごとの役割を知る
 1
▲槍ゴブリンは低コストかつ有能なカードの代表格。

<おすすめのデッキ>

●アーチャー
●ボンバー
●槍ゴブリン
●矢の雨
●ジャイアント
●ミニP.E.K.K.A
●マスケット銃士
●プリンス

ノーマル4枚、レア3枚、スーパーレア1枚の構成。スーパーレアは、チュートリアルの4戦目で1枚確実に手に入る。および、ショップで毎日いずれかのレア、スーパーレアを購入できることを考えれば、構成難度は決して高くない。

 2
 3
4
▲最難関はスーパーレアのプリンスか。プリンスが手に入るまでは、ベビードラゴンで代用してもいい。

それぞれのカードの大まかな役割は以下のとおり。攻撃役は敵陣のタワーを攻撃する際に、防御役は自陣のタワーへ攻撃してくる敵ユニットを排除する際にそれぞれ使用する。ただし、これはあくまで基本線であり、手持ちのカード次第で臨機応変に対応していくことが重要になる。

<攻撃役>ジャイアント プリンス マスケット銃士
<防御役>槍ゴブリン ボンバー アーチャー 矢の雨 ミニP.E.K.K.A
5
▲ミニP.E.K.K.Aを攻撃に参加させてもいいが、ジャイアントなどのHPが多い敵ユニットを素早く排除したい場合用にキープしておきたい。

基本的な戦い方

敵の攻撃をひたすら防いでエリクサーアドバンテージ(※エリクサーの残量において相手より有利になること)を稼ぎ、反撃のときを待つのが基本スタイルとなる。

攻撃編

バトルが始まったら、エリクサーを満タンまで溜めつつ相手の出方を伺う。積極的に攻めてこないようならば、ジャイアントを自陣最後部に配置。ジャイアントが敵陣に乗り込むまでにエリクサーが溜まるので、マスケット銃士をジャイアントの後ろにつかせる。さらに、ジャイアントが敵陣に入ったらプリンスを合流させる。

<ポイント>

●ジャイアント、マスケット銃士、プリンスの順に配置
6
▲手持ちにジャイアントがいない場合は防御優先。攻め気を抑え、反撃できるタイミングを待とう。

防御編

飛行ユニット排除には槍ゴブリンとアーチャー、バーバリアンなどの複数ユニットには範囲攻撃のボンバーで対応する。なお、それらの出撃の際はタワーの後部に配置し、敵ユニットから攻撃を受けないようにすること。敵ユニットの数があまりに多かったり、スケルトン軍団を使われた場合は、矢の雨で一掃。ジャイアントなどのHPが多いユニットは、ミニP.E.K.K.Aで排除する。もちろん手持ちに最適なカードがなかったり、敵の攻撃が激しい場合は、攻撃役のユニットも防御に使用すべきだ。

<ポイント>

●ベビードラゴンなどの飛行ユニットには槍ゴブリン、アーチャー
●複数ユニットには範囲攻撃のボンバーで対抗
7
▲矢の雨はターゲットが遠距離になるほど着弾までに時間がかかるため、敵ユニットが自陣に入ってから使用するのが確実。

手持ちカードの運や、カードのレベル差によって結果は左右されるが、血気に逸らず落ち着いて対処できれば、そうそう負けることはないはず。まずはこのデッキでの戦い方を練習しつつ、それぞれのカードを強化していくのがいいだろう。

▼クラロワ人気記事
※アリーナ5~7のおすすめデッキ
※勝つための絶対条件
※バトルでは後出し狙いが有利

 

クラッシュロワイヤル攻略まとめバナー

※クラッシュ・ロワイヤル攻略情報まとめ

ピックアップ 一覧を見る