1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. モンスターギア バーサス>
  4. 【モンギア】『モンスターギア』襲来”舞い上がる白鳥星”★5デネブ対策

【モンギア】『モンスターギア』襲来”舞い上がる白鳥星”★5デネブ対策

2016-02-12 20:46 投稿

モンスターギア(モンギア)バナー▲モンスターギア(モンギア)攻略まとめはこちら▲

感電攻撃のタイミングの違いに注意!!

2016年2月12日から2016年2月19日まで開催される襲来イベント“舞い上がる白鳥星”をクリアして、★5のデネブシリーズギアを手に入れよう。

 denebu.syuura

基本情報

ボス名:デネブ

属性
神獣類
使用する状態異常
感電、弱体、暗闇
使用するオーラ
ヒールオーラ、バリアオーラ(30%)

攻略のポイント

光属性モンスターのみ登場
登場するモンスターは、いずれも光属性となっている。装備は基本的に闇属性ギアで固めていこう。

感電対策を優先しよう
ボスが使用する状態異常は感電、暗闇、弱体の3種類。なかでも感電は使用頻度が高いので、“ティアマットメイル”など、感電対策のギアを優先して装備しよう。
なお、感電を付与する攻撃は2種類あるが、どちらもギアバーストで感電を回避することは可能だ。感電対策ギアがない場合は暗闇、弱体の対策ギアを装備し、感電はギアバーストで回避しよう。

ヒールオーラダメージオーラの対策を
ボスが戦闘開始時に使用するヒールオーラは、HPが一定時間ごとに回復する厄介なオーラだ。しかし、一度破壊してしまえば、そのあとはバリアオーラしか使用しない。ヒールオーラに与えるダメージが上昇し、バリアオーラの無効化も可能な“ティアマットアーム”はとくに有効だ。
また、水属性のギアではあるものの、“セイリュウアーム”も同様にヒールオーラとバリアオーラの対策ギアとしては悪くない選択だ。胴や頭のギアで十分光属性耐久力がついているのなら、こちらを使ってみるのもいいぞ。
道中のモンスターはダメージオーラを使用するので、ヒールオーラ対策のギアがない場合はダメージオーラ対策のギアを装備するといい。

オススメのギア

感電対策のギア
暗闇対策のギア
弱体対策のギア
ヒールオーラ対策のギア
バリアオーラ対策のギア

以下、おもな例
・状態異常対策のギア
ティアマットメイル
感電を無効化でき、超覚醒して龍神類のギアを2部位以上装備すると弱体と暗闇を早く解除できる
アシュラメイル
感電を無効化できる
モモタロウメイル
弱体を無効化でき、進化して超覚醒すると感電を早く解除できる
カオスヘッドメイル
弱体を無効化できる
・オーラ対策のギア
ティアマットアーム
ヒールオーラに与えるダメージが増加し、超覚醒するとバリアオーラを無効化できる
セイリュウアーム
ヒールオーラに与えるダメージが増加し、超覚醒するとバリアオーラを無効化できる
ハデスコーピオアーム(進化)
混蟲類のギアを3部位以上装備するとヒールダメージに与えるダメージが増加する
ホルスアーム
ダメージオーラを無効化でき、光属性のクエストで闇属性攻撃力がアップする
アヌビスアーム
ダメージオーラを無効化でき、光属性のクエストで闇属性攻撃力がアップする

など

注目すべき行動

感電攻撃
(動画:9秒)

ボスが地面に降りてすぐに上を向いたら、この攻撃の合図だ。5段攻撃となっているが、感電の効果があるのは最後の一撃のみ。4段目までをガードしてからギアバーストを使用すれば感電状態にならずにすむぞ。

ハートからの感電攻撃
(動画:13秒)

“感電攻撃”と似た攻撃だが、こちらは地面に降りたあとにしばらくハートマークが出現し、その後攻撃を仕掛けてくる。
やはり5段攻撃だが、こちらは最初の一撃に感電効果があるので、ハートマークを出した場合は、ボスが頭を上げるタイミングでギアバーストを使って感電を回避しよう。攻撃の時間が長いので、ギアバースト使用後もガードを忘れずに。

暗闇攻撃
(動画:7秒)

ヒールオーラ破壊後に使い始める攻撃。高い位置に滞空し、数回大きく羽ばたいた後には、暗闇効果のある攻撃を行う。暗闇の持続がそこまで長くないので、この攻撃はガードでやりすごそう。

弱体攻撃
(動画:10秒)

こちらもヒールオーラ破壊後に使用。口に光を出しながら大きく羽ばたくのが攻撃の合図だ。弱体効果を持った単発攻撃となっているが、ダメージも高くなく、弱体も大きな脅威ではないので、ギアバーストが余っているのでもなければ無理に回避を狙う必要はない。

『モンギア』の動画も公開しています

モンスターギア(モンギア)バナー▲モンスターギア(モンギア)攻略まとめはこちら▲

 

モンスターギア バースト

ジャンル
ハンティングアクションRPG
メーカー
セガゲームス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS6.0以降/Android4.1以降

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧