1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. FFグランドマスターズ>
  4. 【FFグラマス攻略】“ジャイアントクァール”戦における白魔道士のおすすめアビリティや立ち回り

【FFグラマス攻略】“ジャイアントクァール”戦における白魔道士のおすすめアビリティや立ち回り

2015-11-01 08:11 投稿

640×221

▲ボス戦超級の立ち回りや効率のいい育成方法は攻略wikiで展開中▲

序盤をしのげれば後は楽

『FFグラマス』で2015年10月31日より開催中の“ジャイアントクァール討伐!!”。

ここでは、超級における白魔道士のおすすめアビリティや具体的な立ち回りのポイントなどをレクチャーしていく。

※“ジャイアントクァール”基本攻略まとめ

▼ジョブ別立ち回り
※ナイト編
※黒魔道士編

白魔道士の立ち回りのポイント

(1)ケアルの回復量が4000近くあると理想的
(2)序盤は下手に行動しないで回復待機
(3)ボス1体になったらサポート開始
(4)安定しないなら回復役をふたりにしよう

(1)ケアルの回復量が4000近くあると理想的

クァールとエレメンタル2体に同時に攻撃を受けた場合、クァールの攻撃で約700+エレメンタルのサンダーで約1500×2(※)とで約3700ダメージほど喰らってしまう危険性がある。

※物防1593、魔防1288のシーフで各攻撃を喰らった場合。

そのため、ケアルの回復量が4000近くあると、たとえ同一キャラに連続で攻撃が向かってしまっても1度のアビリティ発動でHPを全回復できるため、バトル序盤を安定して進められる。

01
▲回復量が4000以上な安定する。

もし、回復量を確保できない場合は、下記で解説している回復役を増やすことで対処するといい。

(2)序盤は下手に行動しないで回復待機

上記のクァールとエレメンタルのターゲットが同一のキャラに向いている場合、下手に行動して回復のタイミングが遅れてしまうとあっという間に狙われているキャラが倒されてしまう。

それを避けるために、序盤は下手に行動せず、いつでも回復アビリティを発動できる状態で待機しておくといい。

02
▲いつでも回復できるように発動待機しておく。

エレメンタルが残り1体になればある程度余裕ができるため、そこから通常攻撃でTPの回復を行うようにしよう。

(3)ボス1体になったらサポート開始

エレメンタルを2体倒してクァール1体の状況にもっていければ、ほぼ勝ったようなもの。

定番のヘイストで味方の敏捷を上昇させ、サポートできればより早くクァールを討伐できる。

03
▲最後は定番のヘイストでサポート。

(4)安定しないなら回復役をふたりにしよう

上記のポイントをおさえても安定して倒せないようなら、パーティーの回復役をふたりにすることで、バトル序盤を安定して乗り切れる。

もし、回復量に自信がない場合は白×2構成もアリだと覚えておこう。

おすすめアビリティ

ケアル[棍]:回復量が4000近くあると安定する。クァールとエレメンタルのターゲットが同一場合におもに使用。

ケアルラ[棍]:消費TPが少なく優秀な全体回復アビリティ。クァールやエレメンタルのターゲットがばらけている場合に一気に回復できる。

ケアルガ[棍]:ケアルラに比べて消費TPは多いがその分回復量が多い。

ヘイスト[棍]:クァール1体になってからのサポートとして便利。

クリアー時の装備例

04

[装備アビリティ]

リジェネ、ケアル、ケアルガ、ヘイスト、プロテア(光属性パラメータ用)

※“ジャイアントクァール”基本攻略まとめ

▼ジョブ別立ち回り
※ナイト編
※黒魔道士編

(Text/竹中プレジデント)

<必読の攻略記事>

【▼まずはここから!】
※序盤を効率よく進めるための4つのポイント

【▼装備品を強化しよう】
※効率のよい強化テクニック

【▼基本5ジョブ+ナイトの特徴】
※序盤におすすめのジョブ紹介

【▼持っていると便利!】
※ジョブ別おすすめアビリティ一覧

【▼ナイトって強いの?】
※ナイトの性能と評価

【▼序盤はこれで完璧!】
※総合戦闘力6000超までの育成フロー

【▼次のステップへ】
※総合戦闘力10000超までの効率的な育成方法

【▼効率よく強くなるため
※補助装備枠の正しいセットの仕方

【▼ジョブレベルを上げたいなら】
※おすすめの経験値稼ぎ狩場

640×221

▲超級の立ち回りや効率のいい育成方法を知りたいなら攻略wiki▲

▼『FFグラマス』のブログも展開中

※大塚角満のヴァナ・ディール日和(仮)

※あさみ666のグラマス日記

ファイナルファンタジーグランドマスターズ

ジャンル
オンラインRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
アイテム課金制(基本プレイ無料)
対応機種
iOS / Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧