1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】仕事帰りのOLやカメレオンが集う『渋谷バッティングセンター』

【個人開発ゲームを斬る】仕事帰りのOLやカメレオンが集う『渋谷バッティングセンター』

2015-10-28 14:13 投稿

ジャストミート!

image1_1▲狙いを定めてimage1_2▲ゴール!

ここは、とあるサッカー会場。ゴール前のフリーキック。

ディフェンダーの間を狙って、シュートして、ゴール!!!

image2_1▲湧き上がるサポーターimage2_2▲そこに怪しげな影が……

喜びもつかの間、会場に忍び寄る、不穏な影が…

image3_1▲変なの来た!image3_2▲フリーキックで攻撃!

巨大な変質者が観客を襲撃!

サッカーボールを蹴りまくり、変質者を追い返せ!

という、なんともシュールなフリーキックゲーム『副キャプテン』。

こちらを紹介したくて、このアプリの開発者さんに協力をお願いしたところ、「それならぜひコチラを!」と言われてしまいまして……

ここからが本題

『渋谷バッティングセンター』というゲームを紹介することになりました。協力していただく以上は、逆らえません。ハイ。

image4▲仕事帰りのOLが

仕事帰りのOLさんが、ストレス発散のため、バッティングセンターに来た感じでしょうか。

左側からランダムなスピード&起動でボールが飛んでくるので…

image5▲ジャストミート!

画面をタップしてフルスイング! タイミングゲームですな。

さっきのフリーキックゲームとは違い、どこかホノボノとした雰囲気が漂います。

謎のガチャ登場

image6▲謎のガチャ

結果に応じてコインが支給され、それを使って“ガチャ”を回せるようです。

早速、チャレンジ。

image7▲カブトムシ

記事では見えづらいと思いますが、中から“カブトムシ”が。コレクションアイテムでしょうか。

タイミングゲームだけではすぐ飽きられるので、“ヤリコミ収集要素”を無理やりつけた感がプンプン臭います。

なんて、失礼なことを思いながら、再チャレンジ。

image8▲カブトムシ、なめんなよ

なんということでしょう。

さきほどゲットしたカブトムシが、バッターボックスに。飛んできたボールを、タイミングよく“ツノ”でジャストミート!

さらにガチャを回すと……

image9▲猫がにゃー
image10▲こけこっこ
image11▲べろ-ん

猫やら、鶏やら、カメレオンやら、いろんな生物がガチャから出てきて、レッツゴーバッティング。

それぞれのキャラクターでタイミングが微妙に変わるので、イライラしながらも新鮮な気持ちで続けられます。

ゲットしたキャラクターたちは

image12▲コレクション図鑑

ガチャでゲットしたキャラクターたちは、図鑑で確認することが可能。未ゲットのキャラは影絵で表示されているのが、“コンプリート欲”をくすぐります。

図鑑の先のほうを覗き見すると……

image13▲ゴ●ラ?

普通の選手っぽいひとから、巨大怪獣、そして雲? しかもバージョンアップでさらに追加される様子。

なるほど、これは気合が入ってます。そんなわけで、こちらのアプリを作った“hap(ハップ)”さんに、あらためていろいろ聞いてみました。

Q1.『渋谷バッティングセンター』を作ろうと思ったキッカケは? 開発期間は?

しょっぱなからいい質問ですね!
じつはもともと『バッティングセンター』といういろいろなバッターがバッティングするアプリを出しており、そのアップデートついでにバッターを増やそうとしたのがキッカケです。
最初2〜3人増やそうと絵を描いていたのですが、ついつい集中し過ぎてしまい、気が付いたら50選手近くになっていました。
しかもそのほとんどがバッターじゃなかったんです! というより人間でもなかったんです! 信じられますかっ!?
「これじゃまるで別アプリじゃねーか!」ってことで、『渋谷バッティングセンター』の完成ですっ!
開発期間は2〜3週間くらいですかね。

Q2.あれ? なんだかイライラするぞ? どうしてこのアプリに“思い入れ”があるんですか?

またしてもいい質問だ!
このアプリはただ闇雲に選手を増やしたわけではない、あらゆる生物学やスポーツ学をマスターし、研究と実験を重ねた結果、バッターとして素質のあるものだけをスカウトした真面目なアプリなんですよ。
“思い入れ”がないわけがない!

ちなみに、そんなスカウトとしての手腕を見込んだ某球団が私をスカウトしたいとかしたくないとか!?

Q3.あーこれは失敗したパターンかな…〆切あるので、このまま進めます…ココをこだわった! ココがオススメってポイントを教えてください!

いや、本当にいい質問だ! 君はインタビューの天才かね?
オススメポイントは“ボイス”だ!
全部のバッターに声を入れているんだ。
とくにオススメはホタテ選手のボイス!
じつは声を発しないホタテ選手にずっと苦悩していたんだけど、それは私の勘違いだった……。
彼は心のボリュームをゼロにしているだけだったんだよ。
それを開いてあげれば聞こえるはずさ! そう「パァーー!!」ってね!

Q4.そういえば、“ミュート”にしてたんで気付きませんでした! 何かユーザーからのおもしろい反応はありましたか?

バッターにはヘルメットを被せているのですが、小さいバッター(例えばノミとかカブトムシ)には被せてないんですよ。
絵的に何がなんだかわからなくなるので。
でも「安全のために小さい生き物にもヘルメット被せてあげて」って声があり、ほっこりしましたね!

あとロックバンドのandropさんとコラボすることになり、メンバー4人が期間限定(※現在は終了)で登場しました。
こんなアプリとコラボを希望するなんてロックですね!

image16▲ロックバンドandropさんとのコラボ

Q5.途中いい話だったんですが、最後イラっとしたのは私だけでしょうか? 開発者さん的にオススメのキャラとか、これはボツにしちゃったよってキャラはいますか?

オススメキャラは“ゾウさん”ですね。
とにかく打ちやすくパワーがあり、しかも終盤で登場するので、カタルシスを得られるはず!

ボツキャラはいっぱいいて、たとえばバットを持たない“エアーバッター”とか“死体”ですね。
後から気づいたんですけど、両方ともヒットが打てないので、泣く泣くボツにしました。

image17▲こちらエアバッター
image18▲こちらが死体

Q6.やっとまともに答えてくれた気がします! どうして新作『副キャプテン』はダメなんですか?

じつはこれもともと『こんなフリーキックはイヤだ』

※【個人開発ゲームを斬る】『こんなフリーキックはイヤだ』“絵”と“動き”で魅せる笑いのセンス

の続編的イメージで1年以上前に作ったものなのですが、敵キャラクターと倒すギミックがうまく描けず、ずっと保留にしておりました。
でもオープニング部分は気に入ってたし、ほかに出す予定のアプリもないし、間が空いちゃったし、収入も下がるし、カーテンもないしでなんとか完成まで持っていった感じですね。
駄作というかもっとなんとかできたアプリでした。すみません!反省してます!

あと、「普通のサッカーゲームかと思ったら変なゲーム始まっちゃったよ!」的なところが要なので、最初iPhoneのアプリ申請では説明文やスクリーンショットは普通のサッカーゲームとして提出したのですが、審査の方に「これじゃアプリの内容がぜんぜんわからないよ! ハッハッハー!」と言われ、不本意ながらネタバレ全開で申請することになってしまいました。ハッハッハー!

Q7.個人的には『副キャプテン』のほうが好きです! ハップさんのこれまで作られた作品を見ると“青”が多い気がするんですが、“ハップブルー”的な何かを意識してるのでしょうか?

だって青いからー! 地球は青いからー!
ガガーリンも言ってたからー!
“青”イコール“ハップ”で擦り込ませようとかないからー!

Q8.もういいです。最後に決まりなんで、何かひと言、言ってください。

これはまだ企業秘密なのでNDAを結ばないとはっきりとは言えませんが、つぎのアプリ近々出るからハードル上げて待っててネ!

Q9.あ、せっかくなんで『副キャプテン』についてもひと言。

もし間違えてインストールしてしまったら、ステージ15までやって即アンインストールだっ!

開発者さんの人間性はアレですが、ゲームはそれなりにおもしろいので、暇つぶしにダウンロードしてみてはいかがでしょうか!

[関連記事]
※【個人開発ゲームを斬る】『こんなフリーキックはイヤだ』“絵”と“動き”で魅せる笑いのセンス

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

渋谷バッティングセンター

メーカー
hap
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 6.1 以上 Android 2.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧