1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. パズル&ドラゴンズ>
  4. 【これから始める『パズドラ』】割合ダメージを与えるスキルを使ってみよう!

【これから始める『パズドラ』】割合ダメージを与えるスキルを使ってみよう!

2015-10-17 23:15 投稿

パズドラ_3

▲『パズドラ』2015年版初心者講座▲

いわゆるギガグラビティ系のスキルの活用法

以前に敵モンスターからの割合ダメージ(こちらの総HPの99%ダメージなど)を与えてくるスキルに関して対策などを紹介したが、今回は敵ではなく味方のモンスターが使用する割合ダメージを与えるスキルに関して紹介する。

01

この手のスキルはヘラが持つ“ギガグラビティ”が有名。モンスターによって同じ効果でも名称が違うなど差はあるが、この系統のスキルを略して“ギガグラ”、“ギガグラ系(スキル)”などと呼ばれることも多いようだ。

上記の敵モンスターからの割合ダメージに関しては下記の記事を参照。
※【これから始める『パズドラ』】小ネタ(割合ダメージ)

敵のHPが多いほど効果を発揮するスキル!

敵にダメージを与えるスキルは今までに毒系のスキルや固定ダメージ系のスキルを紹介したが、ギガグラビティ系統のスキルはそのダメージを上回ることが多い。敵のHPに依存する効果を持つため、“敵のHPを30%減らす”効果の場合、総HP100万の敵モンスターに対し、30万のダメージを与えることができる。逆に言えば敵モンスターのHPが低くなるほどその威力は下がるため、基本的にボス戦などで使われることが多い。

ちなみに敵の総HPを元にダメージが出るわけではない。“敵の現在のHP量の○○%分のダメージ”となるため、リーダーとフレンドが連続で同じギガグラビティ系スキルを使用すると威力が下がっていく。

02

上記の敵のHPを仮に100万とした場合

■1回目のヘブンスプラッシュのダメージ:100×0.25(25%)=25万ダメージ(残りHP75万)

■2回目のヘブンスプラッシュのダメージ:75×0.25(25%)=18.75万ダメージ

ギガグラビティ系スキルの新たな使い道

ギガグラビティ系統のスキルは敵モンスターのHPを一定量確実に減らせるため(マイティガードなどの影響もなし)、あらかじめ敵モンスターにダメージを与えられる利点があった。だが、高倍率のリーダースキルを持つモンスターが増え、ギガグラビティ系のスキルを使用しなくてもボスを一撃で倒せることも多くなり、使用頻度が減りつつある。付け加えるとギガグラビティ系スキルは溜めるターン数が長く、スキルレベルを最大にまで溜めても5エリアほどの降臨ダンジョンの場合、使用できないことが多かった。

だが、最近では一撃で倒すことのできない“根性”持ちのモンスターが多い。“根性”は“根性”アイコンが表示されている間は、倒されても必ずHPがわすかに残るというものだ。モンスターによっては、この状態から最大までHPを回復したり、耐えることのできない大ダメージで反撃を行う場合が多い。

03

西遊記降臨の沙悟浄の場合、ダメージを耐えたあとにこちらのHP99%ダメージ+追加の大ダメージという攻撃を行う。

そこで“根性”の効果を消すためにギガグラビティ系のスキルを使ってみよう。

04
05

敵モンスターのHPを20%減らすことのできるサクヤをメインに編成したこのチームで、フレンドの覚醒サクヤからスキルを使い始め……。

06

一切攻撃せずサクヤのスキルだけで“根性”アイコンが消すことに成功!
※今回戦った周瑜の場合、HPが50%を切ると“根性”アイコンが消える。

07

さらに残ったスキルも使用するとここまでHPを減らすことができた。ちなみに、火属性を持つクロスサクヤが同じく火属性を持つ聖夜の麒麟姫・サクヤだった場合、上記からさらに20%HPを減らすことができる。……極端な例ではあるが(苦笑)。

今回は“根性”アイコンが消えるまでサクヤのスキルを連続で使用するという極端な例を紹介したが、実際には以下のような流れで攻撃することをオススメする。

・ギガグラビティ系スキルを使用(先に攻撃してからでも良い)

・手加減をして攻撃(手加減後にギガグラ系スキルを使用しても良い)

・“根性”アイコンが消えたら、一気に攻撃を加える

puzzledragons640

[関連記事]
【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ

大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

『パズドラ』各種ダンジョン攻略動画はこちら
(Youtube“ファミ通Appチャンネル”にて随時更新中)

パズル&ドラゴンズ

ジャンル
パズルRPG
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone/iPod touch/iPad iOS6.0以降の対応機種、Android 4.0以降、Kindle Fire、Kindle Fire HD

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧