1. サイトTOP>
  2. 【TGS2015】『Pokémon GO』の鍵を握る『Ingress』のヒミツを開発会社のキーマンが語る

【TGS2015】『Pokémon GO』の鍵を握る『Ingress』のヒミツを開発会社のキーマンが語る

2015-09-18 17:12 投稿

意外な誕生秘話とは

Google earthを開発したNiantic,Inc.の代表ジョン・ハンケ氏が、その技術を使って生み出したMMORPG『Ingress』。

これは、ポータルと呼ばれる拠点を、ふたつ陣営が戦い、奪いあう位置情報を活用したスマートフォンアプリであり、世界中の多くのプレイヤーが存在するヒットタイトルだ。

※『Ingress』のことがよくわかる記事はこちら

そして、2015年9月10日。

『Ingress』を運営するNiantic,Inc.と、任天堂を代表する人気作『ポケットモンスター』が手を組み、位置情報を使ってポケモンを探索して手に入れたり、大規模なバトルなどを楽しめる『Pokémon GO』が電撃発表され、大きな話題となっている。

そのキーマンのひとりであるNiantic,Inc.のアジア統括マーケティングマネージャー・須賀健人氏が、TGSフォーラム2015に登壇。

『Ingress』誕生のヒントとヒットの理由を語ってくれた。

ph01

外に出て遊ぶ楽しみを追求

須賀氏によれば『Ingress』制作のきっかけになったのは、ジョン・ハンケ氏の息子さんにあるとのこと。

せっかく晴れた天気のいい日に、ソファーに座ってパソコンやゲームに夢中。そんな息子を見て、

「どうにか外に出てもらい、世界のいろいろなものをその目で感じてほしい」

父として、強くそう想ったという。

この想いから、現実世界にあるさまざまな公共施設などをポータルと呼ばれる存在に置き換え、そこまで自分の足で訪れて、スマホを介して触れる仕組みの『Ingress』につながったようだ。

想いは実を結び、自身の子どもはもちろん、いまでは世界中のプレイヤーが彼の願いどおり各地を巡って楽しむまでの作品に成長。

日本国内で言えば、昨年の東京、今年に入ってからは京都や仙台で公式の大型イベントを開催。6000人以上の参加者が開催地を舞台に訪れ、戦いをくり広げるまでになった。

ph02
ph03

また、オンラインゲーム上で知り合う仲間は、ゲーム内でこそ世界を共有していても、現実世界では遠く離れた場所に住んでいることも多い。

しかし、位置情報を使って実際に自分が動く『Ingress』の場合、その活動が地元や職場の近辺になることが多く、自然とプレイヤーどうしの連帯感が発生。

見知ったみんな楽しむことで世界中にプレイヤーが拡散、本作のヒットにつながったのだという。

ちなみに、この2年間で全プレイヤーが歩いた総距離は1億5000万km。地球から太陽まで歩いた距離に匹敵するというから驚きだ。

ph04
ph05

さらに、本作には大規模なストーリーがある一方で、主人公と呼ばれるゲームでは当たり前の存在がいない。
あるのはレジスタンス(青)と、エンライテンド(緑)と呼ばれるふたつのチーム。

レアなアイテムを入手しても装備させるキャラクターや、それをゲーム内反映させるものがない。そこで自然発生的に広がっているのが、通称”リアル課金”と呼ばれる自身の身なりや活動に費やす傾向。

移動手段に自転車や車を購入。

さらにはヘリコプターを使って参加するプレイヤーや、自分の所属する陣営のカラーを身に付けること(中にはタトゥーを入れる人も!)で世界観を共有して楽しんでいる。

プレイヤー自身が仮想と現実、ふたつの世界を結びつけることで、これまでになかった”リアル”を楽しんでいるというわけだ。

ph06

本作で培ってきた技術、ノウハウを活かして誕生する『Pokémon GO』は、当然まだわからないことばかりだが、”間違いなく楽しいもの”だという確信は、須賀氏の表情からも感じ取ることができた。

世界中を旅してポケモンを手に入れて、各地のトレーナーとバトルもできちゃうっていうんだから、それはもうおもしろいに決まってるのだ!

ph07

とはいえ、リリースまではもう少し時間がかかる。

今後公開されていく『Pokémon GO』の最新情報に期待しつつ、未経験の方は『Ingress』デビューをしてみたはいかがだろうか。

きっと、スマホサイズに収まり切らない圧倒的な世界観と、みんなと協力して遊ぶ達成感で、これまでのどのゲームにもない手ごたえを感じるはずだ。

※『Ingress』はこんなにおもしろい! 実際にイベントに行ってみた

P.N.深津庵(レジスタンス)

Ingress(イングレス)

メーカー
Niantic Labs
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5、iPhone 6 および iPhone 6 Plus に最適化されています。Android 2.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧