モンスターストライク攻略まとめ

(C)mixi, Inc.

モンスターストライク【モンスト】効率よくランク上げ!ノーマルクエスト周回パーティ解説

モンスターストライクの攻略記事

【モンスト】効率よくランク上げ!ノーマルクエスト周回パーティ解説

2015-09-16 01:21 更新

h1(8)3『モンスト』公式マガジン第5弾
8月27日(木)発売
★Amazonで予約・購入
★ebtenで予約・購入

ランク上限が解放

こんにちは!タイガー桜井です。9月17日のVer.5.1アップデートより、ランク上限が360より開放されます。

 画像1
▲現在のランク上限は360。ここからさらにランクがあげられるようになります。

とはいえ、360以上のランクに興味がある方はそこまで多くはないでしょう。しかし、ランクを上げるとタスも集まり、スタミナ上限も増えお得なことばかりです。さらには“覇者の塔”でランク制限クエストも登場したので、ランクの価値は以前より上がっているものと思います。ちょうど良い機会なのでノーマルダンジョンの周回パーティーをおさらいしておきましょう。

周回クエストについて

“死霊を束ねる闇の道化師”の一番下“闇と生きて闇と朽ちる”
“邪雷を牛耳る光の道化師”の一番下“光と生きて光と朽ちる”

この二つのどちらかを周回するのが基本です。しかし、以下の場合は“紅焔を統べる火の道化師”など、火、水、木の道化師のほうが効率が良いことがあります。

・特定のタスが欲しい場合
・手持ちのモンスターの属性が極端に寄っている(ローレライ3体持ち等)場合
・学びの実を持っているモンスターの有利属性の場合

出現ギミックはダメージウォール、蘇生(一部重力バリアあり)。ボスは魔族です。

周回パーティーを決めよう

メンバーとして、重要なのはズバリ“友情コンボの範囲”。次点で“魔族キラー”。ノーマルクエストは降臨クエストに比べて難易度が低く必要周回数が多いため、どれだけ力を抜いて素早くまわせるかが大事になります。クエストのギミックに合わせてアビリティがADWだとなおさら良いですね。さらに、ゲージショットではないモンスターは周回速度も上がりオススメできます。

強力なホーミング持ち

配置に関係なく多くの敵にダメージを与えられるホーミングはノーマルクエストの心強い味方。

不思議の国の女王 アリス
伝説の人魚姫 ローレライ
炎獄の巨獣 ウォッカ
光合神 ラー
一条戻橋の鬼 茨木童子
甲斐の龍 武田信玄

他、降臨ではチタン元帥(神化)やPC-G3(神化)などがオススメです。

範囲の広い友情コンボ

ホーミングと同じく、配置をあまり気にせず多くのモンスターにダメージを与えられるため周回向きです。

円卓の騎士王 アーサー
反逆の堕天使 ルシファー

他、アテナやノンノα、降臨だとイザナギや摩利支天、大黒天や、アトス、アポロXなどロックオンワンウェイがオススメです。

魔族キラー

“死霊を束ねる闇の道化師”なら、ボスだけでなくザコもほとんど魔族ですので、効率よくダメージが与えられます。

エージェント・スピカ
豪胆の銃士 ポルトス
高き宿の主 ベルゼブブ
維持神 ヴィシュヌ
マジカルハスラー珠輝
古今無双の兵 直江兼次

他、安倍晴明(神化)や近藤勇なども使えます。紹介したのは特にオススメのモンスターですので、探せばまだまだ良いモンスターもいると思います。

わくわくの実“学びの力”

ランク上げをするなら必ず欲しいのがこの“学びの力”。獲得経験値が特級で50%、特級Lなら60%アップします。できれば上で例として挙げたモンスターに学びの力を付けたいですが、上記以外のモンスターに学びの力がついているなら、学び枠+上記2体のようなパーティーで周回しましょう。

画像2
▲ちなみに僕はこんなパーティーで“光と生きて光と朽ちる”を周回。現在、アリスに学びをつけるために頑張っています。

30階に挑戦できるランク150以上や、スタミナが150を超えるランク200など、それぞれで目標を定めて周回してみましょう!

攻略動画、やってます。

■ターザン馬場園のTwitter
http://twitter.com/tarzanbbzn

■タイガー桜井のTwitter
http://twitter.com/tiger_sakurai

■宮坊のTwitter
http://twitter.com/Miyabo01

▲効率のいいラック上げの方法などの攻略テクはこちら▲

モンスターストライク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーミクシィ
公式サイトhttps://www.monster-strike.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る