1. サイトTOP>
  2. 豪快な海賊バトルにハマる予感……海洋ロマン溢れるセガの『戦の海賊』先行体験会リポート

豪快な海賊バトルにハマる予感……海洋ロマン溢れるセガの『戦の海賊』先行体験会リポート

2015-08-21 11:00 投稿

詳細なゲーム内容が判明

2015年8月20日(木)、セガゲームスは海洋冒険バトルゲーム『戦の海賊』のメディア向け先行体験会を開催した。

01

【事前登録はこちら】

まずは、プロデューサーの菊池正義氏とディレクターの奥田禎氏が登壇。本作における意気込みを語った。

02

「僕自身が、スマホで遊びたいゲームを形にしたものとなっております。自分の海賊船団を愛着を持って大きくしていくこと、また、海賊船団どうしが激突するダイナミックなバトルにこだわりを持って作ってまいりました」(プロデューサー:菊池正義氏)

 03

「今回は、約1年半くらいじっくりと作品を作り込むことができました。ライトなユーザーさんも、コアなゲームファンにとっても楽しめるゲームになったと自負しております」(ディレクター:奥田禎氏)

と、おふた方とも納得のいくゲームに仕上がったためか、自信たっぷりの様子だった。

続いて、お待ちかねのゲーム内容について解説。

『戦の海賊』は、海賊船団を率いて伝説の秘宝をめぐる大航海へとくり出す海洋冒険バトル。多種多様な船や個性豊かな海賊たちを好きなように組み合わせた船団で、敵対勢力である海賊たちや巨大モンスターといった敵たちと戦っていく。

船の増築や海賊の育成など、やり込み要素もたっぷりとつめ込まれているとのこと。

04
 05
06

ついに実機をプレイ!

菊池氏と奥田氏のゲーム説明が終わったところで、ついに実機のお披露目となった。先日公開されたばかりのPVだけではイマイチ内容がつかめなかったため、記者的にはナイスなタイミングでうれしい。

今回は、チュートリアル&序盤のクエスト体験と、強い海賊船団のデータを使って少し先のエリアを見せてもらった。

全体から見ればごくごく狭い範囲ではあるものの、それでもさまざまな発見があったので、興味をそそられたポイントや期待できそうな要素をピックアップして紹介していこうと思う。

07

海賊ごとの物語が気になる

囚われの王女を救い出し、ともに伝説の秘宝を追うメインストーリーは王道的で非常に興味深い。先のマップを見た感じでは炎が吹き出す海や氷の世界、天空の城などがあり、波乱に満ちた展開が待ち受けていそうだ。

08
08-2

しかし、そんなメインストーリーと同じくらい気になるのは、海賊ごとに用意されている物語。

酒場で★2のいかにもザコい海賊を仲間にしたところ、何とアジトでちょっとしたストーリーが展開されたから驚き。この後も、どうやらレベルを上げることで体験できるらしい。

メインどころではない、サブ的な海賊にも個別の物語が用意されているなら、これはレベル上げをせざるを得ない。

09
09-2

船団やモンスターとのバトルが熱い

『戦の海賊』では、船団を組んでバトルを行う。これがなかなかどうして迫力があって楽しい。

船首どうしを激突させ、相手の船に殴りこみ。後方からは砲撃の雨あられ。強力なスキルで一網打尽と、いかにも海賊らしい荒っぽくて豪快なバトルがイイ!

基本はオートバトルなので「ヒマなのかな?」と思っていたが、それはいい意味で予想を裏切られ、かなりの充足感が味わえる。

 10
10-2

船どうしのバトルだけでなく、巨大なモンスターと戦う場合もある。ほかにも敵の拠点に乗り込んで戦ったりと、シチュエーションはいろいろ。

11

イカす船が選り取りみどり

本作にはたくさんの船が登場する。記者はとくに船に詳しいわけではないが、『ヴィンランド・サガ』や『ヒストリエ』などに出てきたような船がわんさか出てくるので、それだけでもエキサイト。

増築すればより豪華にもなり、サブ兵器なども増やせる模様。

12

強いデータのアジトでは、どこぞの富豪のように船が大量に停泊。これは強化のしがいがありそうだ。

13

なお、本作は現在事前登録を受付中。登録すると、配信開始時にジェム500個(レアガチャ1回分)がプレゼントされる。

【事前登録はこちら】

事前登録640

【事前登録一覧はこちら】

戦の海賊

メーカー
セガゲームス
配信日
今夏配信予定
価格
基本無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧