1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】アップルも注目したクールジャパンな坊さんゲーム『禅-THE ZEN-』

【個人開発ゲームを斬る】アップルも注目したクールジャパンな坊さんゲーム『禅-THE ZEN-』

2015-08-17 14:14 投稿

ザ・ゼン!

image1_1▲クールジャパン!image1_2▲シンプルイズベストなルール

今回ご紹介する『禅-THE ZEN-』は、いわゆる仕分けゲーム。

“坊さんならタップ”
“それ以外はスルー”

覚えるルールはこれだけ。

よくあるゲーム性だとは思うんですが、アップルのスタッフさんが選ぶ“ベスト新着ゲーム”欄に掲載されていたので、その魅力を探るべくご紹介させていただきます!

あなたは和尚さん

image2_1▲だって眠いんだもんimage2_2▲喝っ!

あなたは偉そうな和尚さん。お坊さんたちが並んで修行中。

みなさん、修行が退屈なのか、スピスピと眠ってらっしゃるので、“喝っ!”を入れてあげましょう。

image3_1▲Superb!image3_2▲Perfect!

寝ているお坊さんに、バシバシと喝をいれまくるんですが、叩かれた時のお坊さんの表情がとってもいいんですよね。

“怒られたのに気持ちいい”

なにかそちらの世界に目覚めてしまった感が漂います。ここが、アップルさんの惚れたところでしょうか。

たまに“お坊さん以外”のキャラ

image4_1▲坊さん以外はスルーimage4_2▲盆栽割っちゃった!

気持ちよくお坊さんを喝喝していくと、たまに“お坊さん以外”のキャラクターがやってきます。

そのときは、“左ボタン”を押してスルー。

喝喝の流れで、お坊さん以外のキャラクターを喝してしまうと、即ゲームオーバー。

ゆっくり確認しながら喝していきたいところですが、じっとしていると左上のメーターがドンドン減っていき、なくなるともちろんゲームオーバー。このメーターは喝喝していくと少しずつ回復するので、記録を伸ばすためには、一定以上の速さを保ちながら喝喝していく必要があります。

和尚もレベルアップする時代

image5_1▲和尚もレベルアップする時代image5_2▲BONSAI!

残念ながらゲームオーバーになると、喝喝した人数によって、和尚のレベルが上がっていきます。

一定のレベルを超えるごとに、新たなキャラクターが開放されます。

image6_1▲GEISHA!image6_2▲DARUMA!

開放されたキャラクターは“叩いてはいけないキャラクター”として、ゲーム中に登場します。

キャラクターを増やせば増やすほど、画面が賑やかになっていくのですが、人によっては難易度があがるかもしれません。このキャラクターコンプ要素があるおかげで、シンプルなゲーム性なんですが、飽きずについついやり続けてしまいます。

なんとなくアップル様に選ばれた理由がわかりかけたような気がしてきたので、開発された“PUMOの竹下さん”にいろいろ聞いてみました。

Q1.『禅』を作ろうと思ったきっかけは?

PUMOでは開発1ヵ月くらいで何か1本作ってモノを出そう、打席に立ち続けよう、という取組を継続しています。
(社内では「千本ノック」と呼んでます)
その枠の中で、できそうで、かつおもしろそうなこと、ということで、いくつかある企画から選びました。

簡単な仕分け系ゲームがベースにあって、ダジャレというか言葉遊びで、“座禅”→“ざぜん”→“THE ZEN”!?っていいよね、となりまして。
(いいよね、って思ってたの私だけという説もありますが。)

あとはいろいろ日本っぽいものを散りばめて、ごちゃまぜにしたようなものをやったら、うっかり海外の人にもウケたりしないかな?という考えもありました。

Q2.うっかりアップル様にもウケましたね! このプロジェクトは何名でどれぐらいの期間で作ったんでしょうか?

プログラマ、プランナー各ひとり1ヵ月、デザインはひとり2週間程度です。
ここに全体を見てもらうディレクターについてもらった感じです。

なのでチーム構成としては3人で開発1ヵ月くらい、
あとはデバッグ調整などでサブミットまであわせると1.5ヵ月くらいです。

Q3.ジャンル的にはたくさん出てるゲームですが、ココを意識して差別化を図ったってのはありますか?

とにかくわかりやすく、テンポよく、という点は意識していました。
ゲームルールもひと言でいえるようにと。
今回は「坊主だけを叩け!」で説明完了できるようにしました。
最初の案ではひと言で説明できないような要素もあったりしましたが、それらは全部そぎおとしてもらって、とにかくシンプルにと……あとは手触りやレスポンスのよさには意識をしているつもりです。

Q4.手触りいいです! 記事でこの感覚をお伝えできないのが悔しい! 開発者さんのオススメポイントを教えてください!

シンプルで、どなたでも、ちょっとしたスキマ時間に遊んでもらえるゲームです!
バカゲーです! あと和尚と坊主の表情もかわいいので見てみてください。

あと、簡単なはずなのについ間違ってしまう、ゲームとの勝負というより、自分との戦いという側面が大きいのがおもしろいと思います。
まさに修行です。
雑念や煩悩を捨てて、無の心でプレイすると結構続き、うまくいくと思います。
ハイスコア1000点くらいに到達する頃には、脳からなにか汁がでてる感じがするかもしれません。

Q5.PUMOさんの作品はアップル様によく注目されるイメージがあるんですが、何か意識していることとかありますか?

ありがたいことに、これまでPUMOで出したアプリ11本のうち5本が、なんらかの形でApp Storeに掲載していただいてます。

とくに意識してることはないのですが、毎回必ず英語のローカライズは入れるようにはしています。
あとは当り前のことですが、規約に反するようなことや、プラットフォーマーであるアップルさんが嫌がるようなことはしない、やってはいけないと思っていますし、我々なりに精一杯丁寧にアプリをつくるように心がけてはいるつもりです。

Q6.真面目がいちばん! リリース後、何かおもしろい反応はありましたか? とくに海外などはいかがでしょうか?

“リアルお寺”の人にシェアされて、ドキドキしました。
怒られるかと思いましたが大丈夫でした。
今度、うちの境内で実写でやってくれと言われたんですが、ほんとにやってみたいです。
実写版『禅』なんとか寺コラボバージョンとか。

海外では、ダウンロード数的には中国が全体の30%になっています。
続いて、米国、日本です。
海外でのダウンロード数のほうが多い感じですね。
レビューの評価でみてる感じでは、星5つがたくさんついてたので、海外の方にも楽しんでいただけてるようでよかったです。

Q7.キャラクターがとてもかわいいんですが、思い入れのあるキャラ、ボツになったキャラなどありますか?

image7▲変更前の忍者

目がつぶらでかわいすぎたのと、某ボン◯ーマンみたいなので変更しました。

image8▲喝された瞬間の坊主

ボツではないのですが、なかなか静止画でみる機会のない、喝されたあとの坊主。
いい顔してます。

image9▲大仏

これも静止画ではみにくい背景のひとつ、大仏。
最初は大仏がラスボス説もありました。

Q8.どれもかわいい! 最後に何かひと言、よろしく御願いします!

PUMOでは引き続き、いろいろなゲームアプリをつくっていきますのでこれからのアプリもぜひダウンロードしてみてください!
3DSでも出してます! よろしくお願いいたします!

最後に、PUMO開発スタッフさんが、このアプリをみずから紹介する動画を貼っておきます。

なんと社長さんも出演されており、とてもアットホームな雰囲気が漂ってきます。この雰囲気がアップル様に注目されるいちばんの理由かもしれません。

お時間あるときに、ぜひご覧ください!

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

禅-THE ZEN-

メーカー
PUMO
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 7.0 以上 Android 2.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧