1. サイトTOP>
  2. 三国と戦国の壮絶バトル『乱闘三国ー戦国武将が大乱入』は歴史好きでなくてもハマる!

三国と戦国の壮絶バトル『乱闘三国ー戦国武将が大乱入』は歴史好きでなくてもハマる!

2015-07-25 12:00 投稿

“三国時代”の武将と“戦国時代”の武将が夢の共演!

2015年7月7日に配信されたiOS/Android向けのスマートフォンアプリ『乱闘三国ー戦国武将が大乱入』(以下、『乱闘三国』)。この作品はタイトルどおり、現実では出会うはずのない、中国の“三国時代”の武将と日本の“戦国時代”の武将が『三国志』の世界で激戦をくり広げていくという、いわゆる“if”の物語が展開します。もちろん、『三国志』でおなじみのエピソードも随所に盛り込まれており、歴史モノ好きならとりあえずチェックしておきたい作品でもあります。

桃園の誓い(※1)を結ぶような義兄弟どころか友だちもいない僕、ヘカリン石井ですが、せめてゲームの中だけでも歴史に名前を刻み込もうと、鼻息も荒くプレイを開始しました!

<ヘカリン石井の用語チェック!>
※1桃園の誓い…『三国志演義』などでおなじみの劉備、関羽、張飛の3人が立てた誓のこと。どんなことがあろうとも、生死を共にすると宣言したもの。めっちゃ有名だからみんなも知ってるよな!

三国時代を舞台に展開されるストーリー

『三国志』をベースにした、本格的な展開が楽しめる本作。物語は、ひょんなことから三国時代にタイムスリップしてしまった主人公が、その原因と、元の世界に帰る方法を探す旅を始めるところからスタートします。そしてそこは、三国時代なのになぜか日本の戦国武将がいたりする、ツッコミどころ満載の世界。しかしそんなことは気にせず、“黄巾の乱(※2)”や“汜水関の戦い(※3)”といった、おなじみのバトルを突破しながら前へ前へと進んでいくことになります。

<ヘカリン石井の用語チェック!>
※2黄巾の乱…中国の後漢時代に発生した、太平道の教祖である張角が起こした反乱のこと。三国時代を作るきっかけになった事件のひとつとも言われている。
※3汜水関(しすいかん)の戦い…『三国志演義』で描かれた戦いで、虎牢関(ころうかん)の戦いとも言われる。横暴を振るっていた董卓を打倒すべく、各勢力の武将たちが結託して戦いに挑んだ。

 

 01
02

シンプルな操作で爽快感抜群なバトルアクションが楽しめる

本作の魅力は、なんと言ってもド派手なバトルアクション。あらかじめ陣形を決めておけば、あとは基本的にオートでサクサク進められるお手軽さもうれしいところです。陣形も、最大6人のパーティーを組んで、武将を前列・後列に3人ずつ配備するだけ。あとは、派手なエフェクトとともに、バンバン攻撃してくれるのでとても楽チン。

なお、登場する武将は約100人で、いずれも超ビッグネームばかり。歴史モノが好きすぎる人からは、「三国、戦国合わせて100人はそんなに多くないのでは……?」とツッコミが入るかもしれませんが、よく考えてみると、人数が絞られているだけに「コイツ誰だっけ……?」的な武将がおらず、「歴史ゲームは好きだけどじつはあまり知らない!(`・ω・´)キリッ」という自分みたいな人にはむしろありがたいのかも(笑)。

そんな有名人たちによる、多彩なアクションの応酬は爽快極まりなし! 僕も、脳内でFENCE OF DEFENSEのあの名曲をエンドレスで再生しながら、流れ流れていつしかハマってしまいました。

03
04

基本的にはオートで進むバトルですが、画面下の“気力ゲージ”が最大まで溜まったときに、その上にあるアイコンをタップすると、主人公は強力な必殺技である“奇策”を放つことができるようになっています。

05
06

奇策は使用するタイミングによって、不利な状況から一気に逆転することが可能。敵全体に大ダメージを与えるものや、味方全体の体力を回復させるものなど全部で4種類の奇策が用意されています。

どれもエフェクトが派手でカッコよく、それを見たさに不必要な場面で発動させてしまうこともしばしば。僕は、あと一撃で倒せるくらいの状況であえて発動させて、「ゲハハハ! 燃えろ、燃えろぉーッ!!」と、ダメ押ししてしまう自分が大好きです(笑)。ちなみに、奇策は主人公が倒されていない限り、自ターンであればいつでも発動できます。また、2ターンに1回ゲージが溜まるので、すぐに使えるんです。そんな使い勝手のよさも魅力ですね。

07

報酬を使って自軍を強化せよ!

手に入れた武将を成長させるシステムとして“強化”と“進化”が用意されています。ストーリーを進めていくと敵武将たちもどんどん強力になっていくため、武将たちを成長させることが必須に。

 08

武将の強化には、ステージクリアなどの報酬でもらえる“銀貨”と“戦功”を使用します。銀貨は戦功に比べて入手する機会が多く、余りやすいのですが、余らせておくのはもったいないので、銀貨のみで強化できる武器や護甲などのレベルもいっしょに上げておくといいでしょう。

09

進化は、アビリティが開放されたりするほか、ステータスの基本値が大幅に上昇します。ただし、進化には特殊なアイテム“進化丹”が必要で、当然と言うべきか、なかなか手に入りません……。そのため、誰を優先的に進化させるのか悩みながらプレイすることになります。

攻略だけ考えれば、資質の高いキャラクターを優先するべきですが、好みで選んだほうが楽しいと思っていますし、それでオーケーでしょう! ちなみに僕は、今回は仕事なので関羽とか徳川家康といったオッサンも平等に進化させましたが、プライベートでは“(※4)”一択でやっています(笑)。

<ヘカリン石井の用語チェック!>
※4市…第六天魔王を名乗る、織田信長の妹。本作における筆者のイチオシ。

 

10

また、有料のガチャである“七星壇”では、強力な武将を手に入れることができるようになっています。七星壇を利用するには、有料アイテムの“元宝”が必要になるのですが、じつは一定時間が経過すると無料で回すことも可能になっているんです! 課金をしなくても強力な武将が手に入るため、無課金でも十分に楽しむことができるのも本作の魅力です。

 11
12

短期間では遊び尽くせないほどの大ボリューム!

配信開始から半月が経った本作ですが、サクサク進められるので、いまから始めてもすぐ先行勢に追いつけます。また、毎日午後9時からは、“銅雀台”というイベントが開催されており、豪華な報酬をもらうことができます。これを使えば、より早くパワーアップできるはず! 1日1回なので、ズボラな僕でも何とか毎日できるのもうれしいですね。

13

『三国志』が舞台となっているため、エピソードのおもしろさはすでに保証済みな本作。さらに、戦国武将にちなんだイベントなどが行われたりすると、いくらでも物語が作れてしまうんだろうなぁ……と、妄想が膨らんで止まりません! 歴史好き、妄想好きの皆さんにぜひオススメです(笑)。

乱闘三国ー戦国武将が大乱入

ジャンル
アクションRPG
メーカー
Qikuyx Inc / Yu Masuho
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧