1. サイトTOP>
  2. セガのマーケティング支援ツール“Noah Pass”にゲームと広告の未来が見えた

セガのマーケティング支援ツール“Noah Pass”にゲームと広告の未来が見えた

2015-06-10 04:38 投稿

ギョーカイ人必見!

 NP-01

2014年6月9日、恵比寿・ガーデンプレイスにてセガネットワークスカンパニーメディア2015Summerカンファレンスが開催された。今回は、同社が展開するNoah Passサービスの新機能などを公開。

※端的にまとめたのがこちら

NP-02

まずは、代表取締役社長CEOの里見治紀氏が「Noah Passはユニークのデバイスとしては、1億デバイスを越えています。月間MMUも1000万をゆうに越えるところまで拡大してきております。いままではマーケティングのシステムについてでしたが、本日は初めて、Noah Passがどうやって収益化するのか、というお話をさせていただきます」と挨拶。

1億ユーザーのマーケティングプラットフォーム

NP-03

続いて、セガネットワークスカンパニーCCOの岩城 農氏が登場。「マーケティング支援ツールのNoah Passは、3つの特徴があります。無料であること、オープンであること、効果的であることです」と、Noah Passの概要をおさらい。

※概要をまとめたのがこちら

NP-04

Noah Passの利用は2013年の9月の開始から増え続けており、多くの企業のタイトルに活用されているとのこと。効果のほどもお墨付きで、従来の広告のシステムの約3倍だという。

Dashboardはデータの港

NP-05

Noah Pass内の機能“Dashboard”は、データの閲覧・利用・可視化の3本柱からなるサービス。中でも、充実しているデータ閲覧について取り上げられた。

・ユーザータイプの分析&推移
ゲームをプレイしているユーザーは、どんな人が多いのか? 7つの“ゲームユーザータイプ”、それに9つの“ライフスタイル”を掛け合わせることで、そのタイトルの具体的なユーザー層が見えてくるのだ。そしてユーザーの推移もわかるので、どこでどんなターゲットにアプローチすればよいかがわかる。

NP-06

・インタレストランキング
分類されたユーザーごとに、どんなことに興味を持っているかなどのデータが見られる。

NP-07

・マーケット分析
外部リサーチ企業のメタップスの協力により、アプリマーケットの情報と合わせて分析が可能に。

NP-08

・リサーチブログ&レポート
“ゲームスタイル研究所”による市場リサーチを閲覧。電子書籍の『スマホゲームユーザー解体新書』も高い頻度で更新される。

NP-09
NP-10
NP-11
NP-12
▲実際に『サカつくシュート』で「ユーザーを呼び戻したい」と分析データを利用したところ、コストは-34%、回収率は1.8倍、継続率は1.17倍になったという。
NP-13
▲「Noah Passは本来なら有料でご案内したいところですが、まずは使っていただきたいので、全部無料でご案内いたします」と太っ腹。

以上を要約すると、

●ゲームタイトルのユーザー像がわかる
●市場の分析データも読める
●対策が立てやすい! ムダなく効果を実感!

となる。

NP-14

Dashboardは7月1日からリリース。8月には広告ID連携出向機能の提供が開始する。

新たな遊び場“PARTY”の可能性

NP-15

Noah Passのもうひとつのブランド“PARTY”は、ユーザー側にもイベント運営の機能を解放する仕組み。

ちょっとした時間に、友だちや家族を誘ってオリジナルイベントを開催できるのだ。選択肢で簡単にルールや時間を決められる、やさしいインタフェースも特徴のひとつだ。

また、友だちを誘いやすくしていたり、ランキング結果もすぐ反映されるなどのコミュニケーション機能を汎用化して提供するとのこと。

なお、汎用的なソフトウェア開発キット“SDK”形式で導入できる。

NP-16
NP-17
▲画面は開発中のサンプルということで、ゲームに合わせてデザインをガラリと変えられるそうだ。

参加企業へ広告収益を分配

 NP-18

全体の収益化についても解説。Noah Passでは広告料金で収益を得るモデルを導入する。

ただし、掲載されるのはゲームとは関係ない異業種の広告のみだという。そして、先ほどのParty上での広告掲載枠で入った収益を、Noah Passに参加している企業へ分配するとのこと。

NP-19
▲さらに、異業種の広告主にも効果測定ツールで連携することでアピール。

各分野から期待高まるNoah Pass

NP-20

続いてサイバーエージェントの執行役員 インターネット広告事業本部統括の伊達学氏が登壇。

「当社グループのサイバーZ社が保有するSDKとの連携によって、Noah Passで、初年度に実現する100億円という広告収益のところをごいっしょさせていただくことになりました。FOXは、4000以上のアプリに導入されている、計測ツールとしてはパイオニアと自負しているツールです。技術力と、サイバーエージェント社の保有する広告営業力でNoah Passをご支援していきたいと思っております。」

とコメント。さらに、Noah Passの守備範囲はオフラインにも。GMOとの連携で、実店舗からの広告収益も見込んでいる。

NP-21
NP-22

ここで、GMOコマースの代表取締役社長の山名正人氏からひと言。

「Noah PassとGMOチェックインを組み合わせたサービスを展開できますことをうれしく思っております。GMOコマースは、O2O(オンライン トゥ オフライン)と、Eコマース(オンラインショッピングなど)のふたつを柱にビジネスを展開しておりまして、とくにO2O事業の中ではこのGMOチェックインに注力しております。ユーザーさんが飲食店や美容院などに来店してチェックインすることで、ポイントなどの特典が貯まるという、来店型の送客サービスです。まずはユーザーさんに満足いただけるようにチェックインできる店舗を1万店舗に拡大したいと思っております」

と述べた。そして最後に岩城氏が、「次回は、Noah Passの進展や、海外市場のお話などをまた皆さまにご報告できればと思います」と締めくくった。

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧