1. サイトTOP>
  2. “今週のApp”で紹介されたパズルゲーム『Back to Bed』眠れるボブをベッドへ運べ!

“今週のApp”で紹介されたパズルゲーム『Back to Bed』眠れるボブをベッドへ運べ!

2015-04-09 12:21 投稿

眠れるボブを誘導する不思議な世界を楽しもう!

App Storeで“今週のApp”として紹介されているゲーム『Back to Bed』。タイトルを直訳すると「ベッドにもどれ」となるが、果たしてどのようなゲームなのだろうか? さっそくプレイをしてみよう!

[関連記事]
※【注目】寝てるときにビクッとなる謎解明『BACK TO BED』夢遊病男の大冒険

ph001

本作は英語で開発されたタイトル。日本語にも対応してはいるが、おそらく機械翻訳を通しているためか、要領を得ない箇所がある。なので、まずはゲームの目的とシステムを説明しよう。

ph002
ph003

まず目的だが、本作はステージクリア型となっており、夢遊病のボブを誘導してベッドまで連れて行ってあげることがクリアー条件となっている。ボブの行動には“突き当たりまで直進すると、時計回りに90度回転する”というルールがある。プレイヤーは、これを利用し、サボブという世話役をコントロールして、ステージにあるリンゴを拾い、それをうまく配置することでボブのルートを管理するというシステムだ。

ph004
ph006
ph005

パズルそのものの難易度はさほど難しくないと思っていたが、ステージが始まるとボブが勝手に歩き出すため(夢遊病だけある)、リンゴを持ってあちこちと移動する必要があり意外と忙しい!

ph007

もちろん、忙しくせかせか動いている間もボブの動きを考えていないとダメなので、一度配置したリンゴをまた拾いに行ったり、ステージを確認してリンゴをどこに置くかを考えたりといった難しさがあり、これが結構楽しいのだ。

ph008

ギミックも、壁を歩いたり、ワープをしたりとかなり豊富で、その都度結構頭を使う。もしボブがステージから落下してしまっても、リトライ画面をはさまず自動的にリスタートされるので、トライ&エラーのストレスは少ない。また、リスタートした場合でも、配置したリンゴの位置は引き継がれるので、何度もくり返せば攻略できるバランスになっている。

ただ、忙しい場面は本当にスピーディーに細かい操作を要求されることもあるので、iPadやiPhone 6 Plusのような大画面の端末で遊ぶのがオススメ。

Back to Bed

ジャンル
パズル
メーカー
Bedtime Digital Games
配信日
配信中
価格
iPhone版無料、Android版417円
対応機種
iOS / Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧