1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『バネーナ』昨年度No.1脱出ゲームを手掛けた開発陣が送る今年度No.1脱出ゲーム

【個人開発ゲームを斬る】『バネーナ』昨年度No.1脱出ゲームを手掛けた開発陣が送る今年度No.1脱出ゲーム

2015-04-07 19:00 投稿

バナナがメインの脱出ゲーム

アプリストアには、たくさんの“脱出ゲーム”がございます。

このたび、“バナナ”がメインの脱出ゲームがリリースされてしまいました。

これだけ聞くと単なる“ネタゲー”っぽいのですが、開発者名を確認すると、こちらのコーナーで勝手に“昨年度ナンバー1脱出ゲーム”に選出させていただいた『脱出ゲーム アンタルチカ』を手掛けた開発者様ではないですか!?

「そんなバナナ」

と書きたい気持ちをぐっと抑えながら、紹介させていただきます。

[関連記事]
※【個人開発ゲームを斬る】2014年の脱出ゲーム最高傑作『脱出4コマ・アンタルチカ』

image1_1▲バナナではなくバネーナ!image1_2▲バネーナみっけ!

『脱出ゲーム バネーナ』は、3Dで描かれた美麗な世界で楽しむ正統派脱出ゲーム feat.バナナです。

隠された謎をバナナで解き、部屋から脱出しましょう。

廊下の先に

image2_1
▲廊下の先に待ち受けるのは
image2_2
▲バネーナではなくトビーラ!

目の前の階段を登り、美しくまっすぐに伸びた廊下を進んだ先に扉が。

もちろん開きません。

ほとんどの脱出ゲームは部屋から出るのが目標ですが、このゲームはまず部屋に入る方法を探さないといけません。

image3_1
▲“取っ手”がない
image3_2
▲この怪しい紙袋は?

扉が開かない理由は、ドアの“取っ手”部分。ここにいつもの“アレ”がないので、開けることができません。

アレがどこかに落ちていないか、周りをキョロキョロすると、ドアの横にいかにもな“紙袋”が。

image4_1
▲バネーナ!
image4_2
▲ジャストバネーナ!

紙袋の中には黄色くて美味しそうな“バネーナ”が。

このキュッと曲がった“フォルム”。そして、この“大きさ”。

もしかしてと、ドアの取っ手部分にバネーナを差し込んでみると、これがまさかのジャストバネーナ。

扉を開け中に入ると

image5_1 
▲壁にバネーナ!
image5_2
▲棚にバネーナ!

扉を開け中に入ると、あちらこちらにバネーナが。そして当然のように、今開けた扉がロックされ、閉じ込められました。

この部屋の番号は“877”

そう、バネーナ。どうやら、バネーナを使って脱出しないといけないようです。

image6_1
▲バネーナと入力すると
image6_2
▲中からバネーナ!

バネーナの響きで惑わされますが、中身は王道脱出ゲームですので、やることはひとつ。

怪しいところをタップしまくって、アイテム=バネーナを回収しましょう。そのバネーナを使って、謎を解くと、中から新たなバネーナが。

気がつくとアイテム欄が“バネーナ祭り”状態に。

このゲームのアイテムはすべて

image7_1
▲ドライバーよりバネーナ!
image7_2
▲受話器用バネーナ!

そう、このゲームのアイテムはすべてバネーナで作られているのです。

ネジを回すためのドライバーもバネーナなら、電話をかける受話器もバネーナ。バネーナとバネーナを組み合わせて、新たなバネーナを召還することも時には必要です。

このゲームの凄いところは、それがごくごく自然で、

「バナナってこういう使いかたするよね!」

と思わせるところです。

謎解き

image8_2
仕掛け!?
image8_1
▲謎解き

あまりバネーナばかりフューチャーしていると、「なんだかんだで結局ネタゲーでしょ?」と疑われそうなので、ちょっと本格的な謎解きっぽい画像もご紹介。

序盤は出てくるバネーナに笑い、その使い方に感心する余裕があったんですが、後半はなかなかの難易度です。

もちろん理不尽な謎ではなく、部屋に隠されたヒントを組み合わせれば、ちゃんと解けるようになっているのでご安心を。

image9_1
天使のバネーナ!
image9_2
大砲バネーナ!

謎解きゲームはあまり紹介しすぎると“ネタバレ”になるので難しいところですが、とても美しいのでどうしても見てもらいたい画像を紹介させていただきます。

どうですか、この美しさ。

脱出ゲームで1、2を争う美しさではないでしょうか。これ以上はさすがに怒られそうなので、開発された“STUDIO ANASTROPHEの足立”さんにイロイロ聞いてみました。

Q1.前回の記事で「アンタルチカの続編の予定はない」「別の脱出ゲームを仕込んでいる」というお話だったんですが、それが今回の『バネーナ』ですか?

記事掲載時点では、いろいろと候補がありましたが“売れる路線”を前提に選定しました。
前回が“最後までやらないと真価が分からない構成”でしたので、逆の“出オチ”のやつにしようと思い『バネーナ』で決定しました。

Q2.出オチで終わらないのが素晴らしいです! “バナナ”をメインにしようと思ったきっかけは? 他のフルーツではダメなんですか?

バナナの使い方を普段からよく考えておりましたので、そのまま素直にバナナになりました。

Q3.ちょっと何言ってるかわかりませんが、バナナ愛は感じました! ところで、なぜ“バナナ”ではなく、“バネーナ”なんでしょうか?

東北出身なのですが、私の住んでいた県ではみんな「バネーナ」と言っていますので、そのまま素直に「バネーナ」にしました。

Q4.今度東北の方に聞いてみます! 今作の制作期間と苦労した点を教えてください!

(足立) プログラムは2ヶ月くらいです。バナナの使い方自体は、いろいろと思いつくのですが、“バナナを使えばいいとわかってしまっている状態で、バナナ使いに悩む状況”を作るのに、かなり苦労しました。あとは、バナナ管理に苦労しました。

(maremon)デザインは全部で3,4ヶ月くらいだと思います。
バナナの管理に苦労しました。3Dデータのシーンの中に大量のバナナが混雑していたので、結構惑わされました。

Q5.バナナ管理の大変さは伝わってきました! 前回聞き忘れたのですが、開発ツールは何を使っておられますか?

デザイン関連は、Adobe、Autodeskがメインの納税先で、プログラムは、Apple税のみの支払いです。コーディングはXcode/UIKitです。アニメーションはCoreAnimationでコードでやっています。前回も同じです。

Q6.独特な言い回しがますますファンになりそうです! 「ここを見てくれ」っていう推し部分を教えてください!

(足立) 逆光ありのデザインと、最後の方の“例の選択”です。
逆光は脱出ゲームの絵を整える上で扱いにくい要素だと思いますが、謎解きを踏まえた上で綺麗な着地点にして頂きました。
“例の選択”は、演出手法として分類し難いものだと思ってますので気に入っています。

(maremon)バナナをゲットするときのアニメーションです。
提案したアニメよりずっと良く実装してくれました。何種類かあるのでよく見てみていただきたいです。
あと木の床は気に入っています。

Q7.“例の選択”はイイですよね! バレ防止で画像はやめておきます! ここの謎解きは我ながら震えたってところを教えて下さい!

配置すべきバナナの種類を間違っていたことに開発終盤に気づいて、逆の意味で震えました。

Q8.それは震えますね! リリース後の反応/反響はいかがでしょうか?

DL数は、山崎パン武蔵野工場の1日の“まるごとバナナ”生産量を超えました。
年度末リワード大放出に3度撃墜されましたが、現時点では、まだ一応息があります。
レビューなどの反響は『アンタルチカ』に比べるとかなり劣りますが、良い方だと思います。

Q9.“山崎パン武蔵野工場”で検索してしまいました! ファンとしては『アンタルチカ』の続編も気になるのですが、やはり「採算的な理由(前回のインタビューより)」で無さそうですか?

採算的な理由で現状も予定はありません。

Q10.残念! では、『バネーナ』の続編は? 次はまた完全新作ですか?

次は、脱出ゲーム以外を2本で、それが終わったら脱出ゲームの予定です。

『アンタルチカ/バネーナ』と同じメンバー構成で、カジュアルで誰でも出来るようなアプリを作っています。Unity製の3Dです。ただいま絵作りの真っ最中で、こちらは脱出ゲームが好きな人もそうでない人も楽しめるものを目指しています。バネーナが好きな人はネタ的に楽しめるものだと思います。暑くなる前にリリースしたいと思ってます。

もうひとつ、ドット絵のアプリ(アプリ名『AMPHITHEATRUM』)を、別のデザイナーとスローペースで作っています。こちらは“ターン制・有料買い切り・成長要素なし”と売れない条件を完備した“スマホ向けゲーム”です。PSMobileで出す気に満ちあふれていましたが、無くなってしまうので現在iPhoneのみの予定です。

image10

Q11.画像までいただきありがとうございます! ついでと言ってはなんですが、『バネーナ』のボツ画像などありますか?

違う色味の部屋と、シール画像の候補です。

image11_1 image11_2

Q12.ボツにするのがもったいない! ちなみに今回もAndroid版はない感じですか?

今回はやろうかなと思っていましたが、やはり採算的にアレなのでペンディングにしております。垢BANされた私怨もあります。

Q12.G社さん、見てますか!? 最後に何かひとことお願いします!

iPhone用ローグライクの『Gesuido』がおもしろかったので、リリースが楽しみです

アイデアもデザインも秀逸すぎる『バネーナ』。

早くも今年度No.1脱出ゲームに決めてしまいました。インタビューで出てきた“例の選択”は、誰もが思わず唸ること必至ですので、是非遊んでみてください!

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

脱出ゲーム バネーナ

メーカー
STUDIO ANASTROPHE
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 7.1 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧