1. サイトTOP>
  2. D2Cが100%子会社のスマホゲーム会社ブループリントを設立

D2Cが100%子会社のスマホゲーム会社ブループリントを設立

2015-04-01 17:52 投稿

D2Cのゲーム事業本部が分社化

D2Cは、戦略的スマートフォンゲーム事業を展開するブループリントを、100%子会社として、2015年4月1日に設立したことを発表した。

D2Cは、2011年よりおもにスマートフォンゲームを中心としたゲームパブリッシングに特化して事業を展開。『関ヶ原演義』、『NBAドリームチーム』などのヒット作を生み出し、累計1500万以上のダウンロード実績を有している。

その実績とノウハウを持つD2Cのゲーム事業本部を子会社化したのが、ブループリント。

ブループリントでは、以下の3つの事業を展開するという。

1.ゲーム事業
iOS/Android向けスマートフォンゲームのパブリッシング
2.パブリッシングサポート事業
パートナー企業のマーケティング支援やパブリッシングサポート
3.エクスポート事業
海外市場に向けた国内のゲームアプリのパブリッシング支援

ブループリントは、ゲームやコンテンツのクオリティのみならず、ゲームを通じてユーザが触れるすべての体験を総合的なサービスとして捉え、“価値ある体験”を提供するスマートフォンゲーム会社を展開していく。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧