1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンポーカー>
  4. スペシャルダンジョン>
  5. 創生の錬金術師>
  6. 【ドラポ部】“創生の錬金術師”新DRA9種は何を選ぶべきなのか

【ドラポ部】“創生の錬金術師”新DRA9種は何を選ぶべきなのか

2015-03-25 16:21 投稿

ミニだけど優秀

先日(2015年3月23日)よりスタートした『ドラゴンポーカー』の新イベント“創生の錬金術師”では、限定カードとして過去最多となる9種の新DRAが登場している。

[関連記事]
※『ドラゴンポーカー』新ダンジョン“創生の錬金術師”に過去最多9種のDRAが登場
※【ドラポ部】“創生の錬金術師”竜王級 ドラポ部部長、実況プレイ動画

ただし、この中から入手できるのは属性ごと3種から1種ずつのみ。

この手の選択をさせると失敗することで定評のあるドラポ部部長が、何を選ぶべきなのか考えます。

▼ボス攻略はこちら
※【ドラポ部】“創生の錬金術師”攻略 ジュメル“復活”の条件はあるのか

進化方法

と、その前に、9種のDRAへの進化分岐について簡単に説明しておくと、進化させるにはまずはベースとなる、

IMG_3300
▲“ホムかぷ”。

限定SS+“ホムかぷ”をポイントで交換。レベルを上げて

IMG_3342
▲3種に進化分岐

進化素材はこんなやつ。

IMG_3293
▲ダンジョンクリア時などに入手可能。

進化時に、進化させたいDRAの名前が付いた“ホムたま”が必要に。入手難度は高くない。

で、

IMG_3345
▲こうなって……
IMG_3347
▲こう!

つまり、1種のDRAにつき必要な進化素材は、ホムたま1個と覇王の指輪1個。3種のDRAを入手することを前提にすると、覇王の指輪の交換にドラゴンメダルが計300枚、ブラックメダルが計30枚が必要になる。

カード詳細

というわけで、進化後の各カードのスキル詳細を以下一気に。

<火属性>

MIFミニイフリーナ
コスト:30
種族:女の子
最大HP:1924
最大攻撃:726
最大防御:980
スキル:いりょくあっぷ
【合体スキル】合体したスキルの威力を上昇(180)、自分が状態異常の時、効果が上昇(190)
※数値はスキルレベル5のもの

子分スキル:火属性強化
親分が火属性の時、スキル威力20%UP(火属性かつ攻撃スキルの時、スキル威力35%UP)
MMDミニマンドリル
コスト:30
種族:なし
最大HP:1854
最大攻撃:870
最大防御:1059
スキル:迎撃酔拳
味方全体を確率(65%)で迎撃状態、さらに確率(50%)で現在HPの20%の反動ダメージを受けてしまう
※数値はスキルレベル5のもの

子分スキル:火属性耐性
親分が火属性の時、火属性から受けるダメージ5%軽減(火属性かつAの時、受けるダメージ15%軽減)
MKYミニコヨーテ
コスト:30
種族:なし
最大HP:2029
最大攻撃:1229
最大防御:908
スキル:ほむら斬り
敵に炎の力を帯びた斬属性のダメージを与え、確率(70%)で防御力(-145)を減少させる
※数値はスキルレベル5のもの

子分スキル:攻撃力強化
親分が火属性でスキル発動時、追加で攻撃力を上昇(攻撃力が+5の時、味方全体にも効果あり)

<水属性>

MSIミニセイウチ
コスト:30
種族:なし
最大HP:2147
最大攻撃:1124
最大防御:818
スキル:アタックアンカー
敵全体の攻撃力・防御力を確率(70%)で1段階減少させ、さらに確率(50%)で自分の素早さが1段階減少してしまう
※数値はスキルレベル5のもの

子分スキル:水属性強化
親分が水属性の時、スキル威力20%UP(水属性かつ攻撃スキルの時、スキル威力35%UP)
MMMミニマーメイド
コスト:30
種族:女の子
最大HP:1968
最大攻撃:1003
最大防御:888
スキル:こもりうた
味方全体のHPを12%回復するが、1ターンの間自分が眠ってしまう
※数値はスキルレベル5のもの

子分スキル:水属性耐性
親分が水属性の時、水属性から受けるダメージ5%軽減(水属性かつAの時、受けるダメージ15%軽減)
MPPミニヒポポ
コスト:30
種族:なし
最大HP:2043
最大攻撃:832
最大防御:908
スキル:ヒポバリア
自分の状態異常を回復し、確率(90%)で予防接種状態か状態異常を1度だけ反射する状態になる
※数値はスキルレベル5のもの

子分スキル:防御力強化
親分が水属性でスキル発動時、追加で防御力を上昇(防御力が+5の時、味方全体にも効果あり)

<森属性>

MPOミニポッポ
コスト:30
種族:なし
最大HP:2216
最大攻撃:900
最大防御:1050
スキル:平和の守り
敵味方全体のHPを5%回復し、確率(50%)で上昇効果、減少効果を打ち消す
※数値はスキルレベル5のもの

子分スキル:森属性強化
親分が森属性の時、スキル威力20%UP(森属性かつ攻撃スキルの時、スキル威力35%UP)
MGLミニゴリラス
コスト:30
種族:なし
最大HP:2041
最大攻撃:1208
最大防御:916
スキル:ウホウホ!
【合体スキル】合体したスキルの発動回数を2~4回にする(50%の確率で発動回数変動)
※数値はスキルレベル5のもの

子分スキル:森属性耐性
親分が森属性の時、森属性から受けるダメージ5%軽減(森属性かつAの時、受けるダメージ15%軽減)
MHPミニハーピー
コスト:30
種族:女の子
最大HP:1899
最大攻撃:1042
最大防御:919
スキル:すぴーどあっぷ
味方全体の素早さ上昇(145)、確率(50%)で敵全体の素早さ減少(-100)
※数値はスキルレベル5のもの

子分スキル:素早さ強化
親分が森属性でスキル発動時、追加で素早さを上昇(素早さが+5の時、味方全体にも効果あり)

はい、というわけで。

多い!

共通して言えることは、どれもコスト30のDRAにしてはステータスは低め。メインスキルは既存GODよりも性能が劣っている。

カードが揃っていない初級者であれば、性能上位のGODまでのつなぎに使えなくもないメインスキルもあるが、注目すべきはやはり子分スキル。

この子分スキル、各属性にそれぞれ3つのタイプが存在する。

1)スキル威力UPタイプ

 MIF MSI MPO

選んでおいて絶対に間違いのない3種。既存の同系子分スキルの最上位とも言える性能。とくに手役条件なしに攻撃スキルの威力を35%UPさせる効果は優秀すぎる。攻撃スキル以外でも、ミニイフリーナやミニセイウチでスキルアイコン一致を狙った運用が実用的。

2)ダメージ軽減タイプ

 MMD MMM MGL

新規プレイヤーにとっては貴重なダメージ軽減子分。スペシャルダンジョンではボスの属性が決まっているため、使いどころはある。気になるのはA子分に配置した際に発揮される15%軽減効果について。

こっちも特定属性からのみ軽減ってことなのか……? いいえ。

A.敵の属性不問で軽減効果あり

ナンデスト。これはナンデスト。つまり、A子分時は配置する親分の属性こそ縛られるものの、つねにダメージ15%軽減。アマテラスや千手などを持っていないプレイヤーは、1枚持っておけば汎用できるということ。

3)パラメータアップタイプ

 MKY MPP MHP

これまで登場しているイベントDRAにも同系の子分スキルが存在。上記2タイプと比較するとリターンも低いたいめ、大きな理由がない限りほかのカードを選んだほうが無難と言える。強いて挙げるなら、ミニコヨーテのメインスキルが火斬アタッカーのつなぎに使える程度か。ヒポポはヒポポ。


かく言う部長、本記事の画像にもある通り、まずは火属性のホムかぷを使ってミニイフリーナを手に入れた。

残りはミニセイウチ、ミニポッポ……が妥当ではあるものの、気になるのがメインスキルで唯一使いどころがありそうな水の全体回復を持つミニマーメイド。

単体での回復力不足は否めないが、子分や被回復量アップ次第ではあるいは……?

ドラポ部部長@drapobu_captain
※Twitterやってます

▼ボス攻略はこちら
※【ドラポ部】“創生の錬金術師”攻略 ジュメル“復活”の条件はあるのか

竜王級いってきました

▲ボス戦開始は2分15秒あたりから。

▲ボス戦開始は2分50秒あたりから。

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、Andoroid 2.3.3 以上(一部機種は未対応の可能性があります)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧