1. サイトTOP>
  2. 『ドラゴンポーカー』新ダンジョン“創生の錬金術師”に過去最多9種のDRAが登場

『ドラゴンポーカー』新ダンジョン“創生の錬金術師”に過去最多9種のDRAが登場

2015-03-23 14:31 投稿

3×3=9種の進化分岐

アソビズムは、iPhone、Android向けに提供する『ドラゴンポーカー』にて、本日(2015年3月23日)より、新スペシャルダンジョン“創世の錬金術師”を開催する。

main

【開催期間】
2015年3月23日(月)メンテナンス終了後~4月6日(月)午前11時59分

イベント概要

本イベントは、ボスモンスター“創輝のジュメル”と“創奇のラティオ”が日替わりで出現するダンジョン。

jum
▲創輝のジュメル。
rti
▲創奇のラティオ。

ダンジョンクリアー時に獲得できる“錬金P”を貯めると、過去最多の9種のDRAに進化分岐する限定SS+“ホムかぷ”と交換できる。

また、【上級】以上のダンジョンには“トレジャー”があり、報酬としてドラゴンメダルやブラックメダルを入手可能。“ホムかぷ”をDRAへ進化させるには、これらのメダルと交換できる“覇王の指輪”も必要になる。

進化先限定DRA

“ホムかぷ”には、火水森の3種が存在。それぞれに3つの進化分岐先があるため、計9種のDRAが登場する。

火属性

r1
▲ミニイフリーナ。
r2
▲ミニマンドリル。
r3
▲ミニコヨーテ。

水属性

b1
▲ミニセイウチ。
b2
▲ミニマーメイド。
b3
▲ミニヒポポ。

森属性

g1
▲ミニゴリラス。
g3
▲ミニポッポ。
g2
▲ミニハーピー。

 

進化素材は“ホムたま”

htmこれらの進化分岐に必要な素材が“ホムたま”。ダンジョンに出現する敵を倒してクリアすると、入手できることがある。

イベント限定素材

sozai限定の強化素材は“マンドラゴラ”は、イベントポイントを使った素材ガチャで入手可能。“ポムかぷ”や一部モンスターに使用すると強化値が2倍に。

 

ドラポ部部長、手札落とす

復刻イベント続きからの、待望の新イベント。それも、何やら9種ものDRAが登場するようという。

これらのカード、完全に見た目だけで判断すると、親分で使うメインカードというよりも、子分として生きそうな予感をさせる。

仮に進化元の“ホムたま”が火水森各種入手できたとしても、おそらくそれぞれ1個ずつ。つまり、またしても何に進化させるのか頭を悩ませそうである。

この手の選択を迫られると、毎回あのときのサイゾウ師匠を思い出してしまう部長、もはやこのトラウマからは逃れられないのか。

そして、これとは別に、先日のシステムアップデートにて、戦術にも影響がありそうな変更がされた。

その大きなひとつとなるのが、

IMG_3274
▲手札落とし!

手札を落とした後は、スキル絶対発動で場に出る仕様に変更になったため、使いどころによってはダメージアップが狙えるように。

ここまで貯め込んできたドラゴンメダルで、この手札落としに加え、SP枠の拡張もして、部長、盤石の態勢。

さらに、新カード2種も

IMG_3267IMG_3268
▲ステェンバーイ♪ 2倍強化素材カマンっ!

というわけで、新スペシャルダンジョン“創世の錬金術師”、決めるぜ開幕ダッシュ。

ドラポ部部長@drapobu_captain
※Twitterやってます

竜王級いってきました

▲ボス戦開始は2分15秒あたりから。

▲ボス戦開始は2分50秒あたりから。

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、Andoroid 2.3.3 以上(一部機種は未対応の可能性があります)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧