1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『i立ち食いそば』世界よ! これがジャパニーズFPSだ!

【個人開発ゲームを斬る】『i立ち食いそば』世界よ! これがジャパニーズFPSだ!

2015-03-16 15:54 投稿

ファースト・パーソン・ソバ

“FPS”

ファミ通Appをご覧の皆様ならご存知だと思いますが、“ファースト・パーソン・シューティングゲーム”の略。

ざっくり説明すると、一人称3D視点で通路を進み、出てきた敵を持っている武器で撃ち倒すゲーム。世界ではかなり売れているのに、日本ではなかなか流行らない不思議なジャンルでございます。

今回ご紹介するアプリも略すと“FPS”です。

“S”がシューティングゲームじゃなくて、“SOBA”なんですけどね。

image1_1
▲ソバをすすれ!
image1_2
▲駆け込み乗車はお止めください!


『i立ち食いそば』は、スワイプ操作でソバをすする、ファースト・パーソン・ソバゲーム。

制限時間イッパイまでソバをすすり、発車する電車に飛び乗ることができれば、ミッションコンプリートとなります。

舞台は“東京”

image2_1
▲娘よ見てくれパパの背中を
image2_2
▲遅刻それは死

ここは架空の都市“東京”の、架空の駅“新宿”。企業戦士たちが、階段を駆け上り、今日も会社へ向かいます。

image3_1
▲何かあるぞ!?
image3_2
▲ソバ!

階段を登りきると、眩しい逆光の中、目の前に広がったのは“立ち食いソバ屋”。

「腹が減っては戦はできぬ」

昔の人はよく言ったものです。

幸いにも、乗るべき電車は“急行通過待ち”のため、45秒だけ停止するとのこと。これはもう、食うしかありません。

上に向かってスワイプ

image4_1
▲器からスワイプで
image4_2
▲ピーーーン!

ソバ屋の大将は、店に入るや否や、あうんの呼吸で、即、ソバを提供してくれました。大将のその心意気に応えるため、熱々のソバをすすりましょう。

器から、上に向かって一気にスワイプ。

ソバがピーンと伸びれば、“ワンすすり”。電車が出るまでの45秒間、すすってすすって、すすりまくりましょう。

image5_1
▲倒れていく仲間たち
image5_2
▲満たされていく腹

一心不乱にソバをすすっていると、ともにソバ屋に飛び込んだ仲間たちが、つぎつぎと倒れていきます。

まさか…毒?

いいえ、猫舌です。倒れていく仲間たちの分までソバをすすり、左上の“体力メーター”が満たされることに集中しましょう。

電車の発車時刻になりました

image6_1
▲0.00秒戦い!
image6_2
▲む、無念……

電車の発車時刻になりました。画面下の“GO!ボタン”をスワイプして、仲間の屍を乗り越え、ソバ屋を飛び出し、電車へ飛び乗りましょう。

電車に飛び乗れるかどうかは、ソバをすすって溜めた体力次第。

image7_12
▲体が半分だけ車内へ!?
image7_22
▲ギャーーー!

体力ゲージが中途ハンパだと、ドアに挟まれ、とんでもない状態で電車が進んでいきます。それもまた3Dでモデリングされたゲームの、醍醐味のひとつでしょう。

もちろん、ゲーム上の演出です。絶対にマネをしないでください

単なるネタゲーではなく

image8_1
▲金ならポイントアップ!
image8_2
▲プラチナはレア!

単なるネタゲーではなく、アツいヤリコミ要素がちゃんと用意されています。

ソバをすする際、空中に浮かんでいる“ゴールドメダル”の方向にスワイプしキャッチすると、ポイントが加算されます。たまに出現する、“プラチナメダル”をゲットすると、電車発車時刻を延長することができ、その分、ソバをすすれます。また、プラチナメダルには、仲間の猫舌をヒーリングする効果もあり。

ゲーム終了時、生き残った仲間の数に応じてボーナスポイントが加算されますので、プラチナメダルをいかにたくさんゲットできるかが勝負の分かれ目となります。

硬派なのか軟派なのか、なんともつかみどころのない不思議なアプリを開発された“marchEnterpriseの深町さん”に、いろいろ聞いてみました。

Q1.軽く自己紹介的なものをお願いします!

はい。はじめまして、深町と申します。古い親友が、MSX・FAN誌にゲームプログラムを掲載されたとき勝手にアイテム名に“フカマーチ”と名付けられてから、マーチとなりました。ま〜ちさんと呼んでください。
いろいろあって、フリーランスになり、絵師の友だちと作った『ブラ外しアプリ』や『コンプガチャ』が小ヒットし、税金的な問題で奥さんに法人化してもらい、その後パッとせず、現在にいたります。よろしくお願いします。

Q2.とても興味深い“職務経歴”もいただいたんですが、申し訳ないんですがカットさせていただきました! ごめんなさい! 『i立ち食いそば』を作ろうと思ったキッカケは?

はい。“Unity(ゲーム開発環境)で作りたいなメモ”というものを3年前から思い浮かべては書き足しているのですが、初期に書いたアイデアのひとつがこれでした。

●i立ち喰いそば
●First Person Soba
●軍隊を率いて駅の階段を駆け上がり入店。
●電車到着までのカウントダウン。
●電車でGOの要領で食す速度を調節、速すぎると舌を火傷して救急搬送。

と書いてありました。

Q3.“i”と頭についてるのが、iPhone初期のころを彷彿させるんですが、何か狙いがあって“i”ってつけてるのでしょうか?

はい。発案当初から『First Person Soba』だとほとんどの日本人に伝わらないと思い『i立ち食いそば』にしたんだと思います。3年放置してもAppStoreでその名前が取れたのでそれにしました。(アプリの名前は早いもの順)

Q4.制作期間はどれぐらいですか? 苦労した点は?

はい。昨年10月くらいから『ブラ外しアプリ』を作ったときの絵師さんと極秘プロジェクトを開始しました。“Live2D”という技術でヌルヌル動く美少女を快楽へ導く『JKリフレ』というアプリです。
Live2DのチュートリアルにUnityのものがありました。ここからずっとヤルヤル詐欺だったUnityの習得に本腰が入ります。
お正月から絵師さんのデータ入稿待ちの間に、「そういえばアレやってみるかな」と気軽に作り始めたのがコレです。
結果、めちゃくちゃ大変な目に遭いました……
ほぼ100%こちらに集中して、リリースできたのが3月1日です。

Q5.世界観がぶっ飛んでいて、どこから突っ込んでいいかわからないので、「ココを見て欲しい」「ココはこだわった!」ってところを教えてください!

はい。毎年、南大沢で友人たちと新年会をするのですが、今年はその帰りに酩酊状態で駅のあらゆる場所をあらゆる角度から2時間以上iPhoneで連写してきました。階段をローアングルで撮るときは捕まるかと思ったほどです。

その後1ヵ月くらいは駅を訪れるたびに、「ここが足りない」「この構造が……」などと激写する“駅マニア”になってしまいました。完成まで600枚を超える写真を撮りました。最近やっと「もう撮らなくていいんだ……」と自分に言い聞かせて駅構内で平穏を保てるように戻れたと思います。

そんな無駄にこだわった駅のあちらこちらをぜひ見てほしいと思います。45秒しかありませんが。

Q6.戦士や建物は自作ですか? それとも販売されているもの(アセット)ですか?

はい。アセットストアからは、メインの兵士、地下鉄の駅と電車セット、おじさんを購入しました。

でも駅なんかはアメリカの落書きだらけで暗く汚い地下鉄駅だったので、どう組み合わせても日本の雰囲気がでません。そこで先ほどの行為にいたってしまったわけです。

ガラケー時代に“LightWave”(3Dモデリングソフト)を少々いぢっていたので、最新版はUnity連携と大きく書いてあるのを確認して買ってしまいました。結果、大きく悩まされることになりましたが、そば屋やそばのどんぶり、箸、駅の屋根や階段などアセットストアにないものはなんとか自力で作ることができるようになりました。

Q7.いろいろ手が込んでますね! ストアの説明文がリアルなんですが、実体験ですか?

説明文読んでいただいてありがとうございます。すべて架空の物語で、失踪した兄がいる設定は最近見た『ベイマックス』からパクりました。ちなみに兄はゲーム本編とは無関係です。

Q8.これって、ソバ食って、電車にダッシュしてポイント競うゲームですよね? 何かほかに隠し要素とかヤリコミ要素ってありますか?

はい。ゲーム中に登場するメダルを集めると“かき揚げそば”、“海老天そば”、“なめこそば”……という感じにアイテムが増えていき、ゲーム中のモデルが差し代わるというように、『クロッシーロード』のシステムをパクるつもりでいましたが、本編にあまりに時間を注いだため盛大に挫折いたしました。

Q9.やめたんですね! リリース後の反響はいかがでしょうか? 海外なんかウケがいいのではないでしょうか?

はい。リリース初日のダウンロード数は301でした。いままでだとこの数字の95%は日本のストアとなります。

先日、3Dゲーム作成ツール“Unreal Engine4”が無料化され、記事にも出てきたUnityも無料で有料版と遜色ないレベルのことができるようになりました。今年は、『i立ち食いそば』のような3Dで楽しむゲームが個人レベルでどんどんリリースされ、年末ぐらいにはとんでもないものが出てくるかもしれません。

最後にとても大切なことなのでもう一度言わせていただきますが、発車間際の駆け込み乗車は絶対にしないでください。

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

i立ち食いそば

メーカー
marchEnterprise
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 7.0 以上 / Android 4.1 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧