1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 白猫プロジェクト>
  4. おすすめキャラ・武器>
  5. 【白猫攻略】新職業“クロスセイバー”は実際のところ強いのか?

【白猫攻略】新職業“クロスセイバー”は実際のところ強いのか?

2015-03-06 16:52 投稿

タウンが育ってからが本番

2015年2月28日より実装された、『白猫プロジェクト』第7の新職業“クロスセイバー”。本記事では、“クロスセイバー”の特徴を挙げつつ、“クロスセイバー”として追加されたザック、フラン、ふたりのキャラの性能の比較などを行っていく。
まずは、“クロスセイバー”の長所、短所から。

“クロスセイバー”の強いところ

★攻撃の手数が多くSPの回復能力が高い
攻撃速度がかなり早く、またひとつひとつのコンボのヒット数も多いため、短時間でSPゲージを回復できる。

★新ギミック“カウンター”を行える
クロスセイバーに実装された新ギミック“カウンター”。敵の攻撃にタイミングよく回避することで“!!”のエフェクトが出現。さらにタップすることでカウンター攻撃を行える。

01
▲“!!”マークが出たらカウンター攻撃のチャンス。

“クロスセイバー”の弱いところ

★HP・防御が遠隔職業並みに低い
近接職業にしてはHP、防御が低く、武闘家とアーチャーの中間くらいの耐久力しかない。被弾しない立ち回り必須なため、上級者向けと言える。

★SPの数値が低いためアクションスキルの連発できない
SPの回復能力は高くとも、もともとのSPの数値は低めなため、SP消費が多めのスキルを連発できない。ザック、フランで見ると、消費SPの多いアクションスキル2を、ザック1回、フランは2回までしか、SP回復を挟まずスキルを発動できない。そのため、瞬間的な火力はほかの職業に比べると低め。

考察

クロスセイバーの戦いかたは、高いSP回復能力でスキルを回して火力を出していくスタイルで、イメージとしては武闘家に近い感じ。

耐久面は不安だが、魔道士のような雑魚の攻撃でも瀕死というほど低いわけでもない。とは言え、攻撃連打ゴリ押しではすぐにやられてしまうため、新ギミック“カウンター”を駆使して、被弾しない立ち回りを練習する必要はある。

また、スキルが連発できないことも、あくまでノータイムで連発できないだけで、少し通常攻撃を行えばすぐにSPを溜められるので、そこまで気にしなくてもいいかもしれない。

低耐久、高SP回復能力、スキル高回転という要素は、リーゼロッテに通じるものがあり、職業としてのポテンシャルは高いと思われる。

ただし、実装直後の現段階では、

・タウンの訓練所が育ちきっていない
・武器の入手が困難

というふたつの理由から、性能を発揮しきれていないのだ。訓練所が育ち、イベントなどで☆4武器が入手できるようになれば、よりその力を発揮してくれるだろう。

結論、クロスセイバーは強い(未来形)。

ザックとフランの比較

では、つぎに、現在実装されているザックとフランふたりの性能を比較してみよう。

ザックは、リーダースキルでクロスセイバーの与ダメージアップ、
オートスキルで“攻撃+15%”、“アクションスキル強化+20%”を習得し、ここからくり出されるアクションスキル2“ドーンブレイカー”の重い一撃が魅力のキャラ。

02
03
▲訓練所が育っていない状態でもかなりのダメージを叩き出せる。

ただし、SPが限界突破を4回行っても120なため、消費SP65の“ドーンブレイカー”をノータイムで連続して発動できない。また、SP回復量も3止まり。

フランは、リーダースキルやオートスキルで火力アップ系のスキルを覚えないため、通常攻撃やスキルで与えるダメージ量的にはザックに及ばない。

04

しかし、オートスキルで“SP+15%”を習得することもあり、SP量はザックより多め。とくに、限界突破2回でSP回復量を4に伸ばせるのは、手数が多いクロスセイバーにとってかなり大きい。

アクションスキル2の“忍法・烈風アラモード”は、敵からある程度離れている状態からも攻撃を当てられるうえ、武器に氷属性効果を付与する使い勝手のいいスキル。このスキルを高回転で打っていけるため、一撃の重さではザックにかなわないものの、総合火力では引けをとっていない。

05
▲SPの回復がとにかく早く、スキルをがんがん使っていける。

1発の与ダメージ量が高いザックと、スキルを高回転で回してダメージを稼ぐフラン。

異なるタイプで、それぞれに魅力があるが、現時点でどちらのほうが使いやすいのか問われたなら、SP回復量の差でフランの名を挙げたい。やはり、クロスセイバーの手数の多さで、SP回復量が3か4かでは大きな差があり、スキルをどんどん回していけるフランのほうが使い勝手はいいのではないだろうか。

ザックは、今後のイベントでSP量アップ数値の施設が実装され、“ドーンブレイカー”をノータイムで2連続で発動できるようになったり、SP回復量が4に届くようになれば一気に大化けするので、今後に期待したいところ(まあ、いまでも十分戦っていけるレベルなのだが)。

とは言ったものの、ふたりの性能はそこまで大きく変わらないので、今回運よくザックやフランをゲットできたプレイヤーは、まずは実際に操作してみてクロスセイバーの動きをに慣れていくのがいい。まだ、ゲットできていないプレイヤーも、いつか仲間になったときのために、タウンの訓練所をしっかり育てておこう。

top640

白猫プロジェクト

メーカー
コロプラ
公式サイト
http://colopl.co.jp/shironekoproject/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧