1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 城とドラゴン>
  4. 攻略>
  5. 戦術>
  6. 【城ドラ部】サイクロプスやゴーレムの対処法

【城ドラ部】サイクロプスやゴーレムの対処法

2015-02-24 21:10 投稿

大型キャラには仕事をさせない

バトル中、中央の砦を奪取されてすかさずゴーレムが占拠。その後、サイクロプスなども追加されて押し込まれて負けてしまう、というケースが対人戦ではよくあると思う。

[関連記事]
※【城ドラ部】ゴーレムの正しい使いかた

確かに、どちらのキャラも召喚コスト5なだけあってかなり強い。だが、まったく対処法がないわけでもない。

今回は、それら大型キャラの対処法を考えていく。

対処1 無視する

01
▲行動範囲外にキャラを固められると出したほうは意外と辛い。

まず、敵側にゴーレムやサイクロプスが召喚されたら最初に考えたいことがこれ。

大型キャラは、強力なぶん召喚コストが5もかかるため、うまくスルーして立ち回れれば、逆に召喚コストの差で有利に立てるのだ。コスト1の剣士などをオトリに使って、ゴーレムを安全な位置へ誘導するのも有効。

もちろん、敵側もしっかり仕事をできるポイントに召喚を狙ってくるため、なかなかスルーできるケースは少ないが、一考する価値はあるぞ。

対処2 大型キャラをぶつける

02
▲お互い消耗し合えば大きく戦況は変わらない。

大型キャラは、攻撃力だけでなくHPや防御力もかなり高いので、低コストキャラの通常攻撃で倒しきるのはほぼ不可能。そのため、同等の強さを誇る大型キャラをこちらも召喚するのが、現実的かつ手っ取り早い対処法。

その後の理想は、自分が召喚した大型キャラが打ち負けないこと。ここでどちらの大型キャラが残るかで、その後の戦況が大きく変わることも多い。サポートできる場合は、惜しまずコストを使っていくこと。

とは言っても、そんなにうまいことバトルが進むケースも多くはない。

そこで、つぎからは大型キャラを使わずにできる対処法を紹介していく。

対処3 マタンゴの毒で倒す

03
▲周囲のキャラにも付与できるのが優秀。

マタンゴの毒は、1度入れてしまえばエンジェルの回復などの一部を除き、力尽きるまで継続してダメージを与えてくれる。

そのため、中央付近で毒を付与できれば、サイクロプスなどなら自軍の城門にたどり着くころにはほぼ瀕死。進撃しないゴーレムもしばらく放置しておけば、被害をほとんど出すことなく倒せたりもする。何より、コスト2のキャラでコスト5を落とせるのが大きい。

また、マタンゴの毒は範囲に及ぶため、いっしょに剣士などの小粒キャラも処理できるのが有能。

リーダーに設定してスキル発動率を高めておくのもアリ。

対処4 スケルトンを差し込む

04
▲スケルトンを数体差し込むと……。
05
▲こうなる。

これは近距離単体攻撃のサイクロプスやキメラなどのキャラにのみ有効。

高い攻撃を誇るスケルトンを、サイクロプスの目の前に差し込んで一気に処理するのが狙い。

注意点としては、まず最初にサイクロプスの攻撃ターゲットとなるキャラ(一撃で倒されない耐久の高いキャラが理想)を出しておき、その後にスケルトンを差し込むこと。いきなり目の前にスケルトンを差し込むと、逆にサイクロプスの攻撃で一撃で倒されかねない。

結果的に消費コストがこちらのほうが多くなっても、敵側はそこで生存したスケルトンを処理する必要があるため、コスト負けになりにくいのもポイント。何より、相手の出したサイクロプスを瞬時に落とせるのが気持ちいい。

ただし、ゴーレムに差し込んでも全体攻撃でスケルトンが全滅してしまうので絶対にやめておこう。


リーグ戦も積極果敢に、かれこれ100戦以上はバトルをしているのですが、やはり大型キャラをリーダーに設定しているプレイヤーは多いです。それだけ大型キャラが盤面に与える影響が強いということでしょう。

そのぶん、大型キャラをうまく処理できたときは勝利が近づく面もあるので、今回紹介した大型キャラへの対処法を覚えて、力負けしてしまうケースを減らしていけるようがんばりましょう。

(攻略班:竹中プレジデント)

[関連記事]
※【城ドラ部】ゴーレムの正しい使いかた

▼もうチェックした?
※【城ドラ部】ゲームを始めたらまずやっておきたい5つのこと
※【城ドラ部】無課金でも手に入るルビーのおもな入手方法まとめ
※【城ドラ部】優先してゲットしておきたいオススメの4キャラ
※【城ドラ部】キャラ系統ごとの大まかな相性まとめました

動画やってます


⇒『城ドラ』まとめ

城とドラゴン

ジャンル
リアルタイム対戦ストラテジー
メーカー
アソビズム
配信日
iOS版配信中、Android版2015年3月中旬配信予定
価格
基本無料
対応機種
iOS 7.0以降 / iPhone5以降、Android4.2以降(一部非推奨端末あり)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧