1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『戦場ダッシュ』育成がハマる新感覚シューティングゲーム

【個人開発ゲームを斬る】『戦場ダッシュ』育成がハマる新感覚シューティングゲーム

2015-01-19 14:55 投稿

摩訶不思議なゲーム

今回紹介させていただくゲームのジャンルは、たぶん“シューティング”。
たぶんと書いたのは、遊んだ人によってハマる部分がいろいろ変わってくる、摩訶不思議なゲームだからです。

[注目!!]
2014年“個人開発ゲーム”ベストアプリランキング

⇒10位~6位
⇒5位~1位

image1_1
▲敵を倒しながら戦場を駆け抜けろ!
image1_2
▲弾を強化しド派手にキメろ!

『戦場ダッシュ』は、縦スクロールのオートランゲーム。

主人公の棒人間が自動で弾を発射しながら、前後左右から敵が攻めてくる戦場を駆け抜けます。画面を左右にスワイプすると、主人公もその方向に動かすことが可能。敵や障害物にぶつかると、一発ゲームオーバー。

それまでに稼いだスコアをオンラインで競います。

とりあえずイージー

image2_1
▲棒人間なのにどこかイケメンなタイトル画面
image2_2
▲とりあえずイージー

選べるモードは“イージー”、“ノーマル”、“ハード”の3種類。スコアに応じて次の難易度が解放される仕組みとなっています。

「俺、こういうの得意だし」

という方も、まずはイージーからスタート。

image3_1
▲ミサイルアイテムでパワーアップ
image3_2
▲磁石はコインを吸い付ける

棒人間キャラを左右に動かし、敵キャラや障害物に弾を当て破壊すると、“コイン”や“アイテム”を落とします。拾い集めたコインを使って、ゲーム終了後に棒人間の装備をパワーアップさせることが可能。

アイテムは、一時的に攻撃力をアップさせたり、落ちているコインを吸いつける効果が発動したりします。

棒人間の装備を強化

image4_1
▲か、硬い!!
image4_2
▲パワーアップしませう

戦場を駆け抜けていくと、当たり前ですが、敵の攻撃がどんどん激しくなっていきます。しかし、それ以上に厄介なのが、敵や障害物の装甲の強化。カチンコチンに硬くなっていくので、アイテムを拾っての一時的なパワーアップ程度では、対応が難しくなってきます。

こちらも棒人間の装備を強化し、対抗しましょう。

前述しましたが、拾ったコインを使って、棒人間の装備を強化することが可能。初期装備の“通常弾“を強化し、ワイドな攻撃にすることも可能ですし、弾の種類そのものを変更することもできます。

image5_1
▲男の子の憧れレーザービーム
image5_2
▲お化けみたいな誘導弾

一直線に弾が飛んでいく、というか伸びていく“レーザー”。発射された後、敵や障害物を自動で認識し、突撃してくれる“誘導弾”。

それぞれ、レベル30まで強化することが可能です。

どれもレベル1では、ほぼ使えない状態ですが、強化に強化を重ねると、とんでもない威力を発揮してくれます。見た目がどんどん、ド派手になっていくのもたまりません。

image6_1
▲磁石を強化
image6_2
▲コインも強化

武器以外にも、コインを吸いつけてくれる“吸着”や、拾ったコインの量を増やしてくれる“ゴールド”も、それぞれレベル10まで強化することが可能。

なんとなく攻撃力を重点的に強化したくなりますが、吸着やゴールドを強化したほうがゴールドがたまりやすくなるので、結果的に育成の効率は上がるかもしれません。

この悩みも、楽しい要素のひとつ。

主人公+スロット2個

image7_1
▲全部レベル30!
image7_2
▲俺様つええ!

さらなるお楽しみ要素として、主人公キャラの両サイドに、“スロット”がひとつずつ、合計2個用意されています。

スロットとは、名作シューティングゲーム『グラディウス』の“オプション”みたいな、無敵の攻撃専用装置。主人公+スロット2個、合計3つの攻撃を同時に行うことができます。

スロットも、3種類の弾から選べますし、レベル30までそれぞれ強化することが可能。これがとんでもなくハマる要素となっています。

image8_1
▲全部、誘!導!弾!
image8_2
▲レーザー+通常弾×2、見た目は最強クラス

レベル1段階では、「なんだこれ? 使えねえな!」という印象だった“誘導弾”も、すべてのスロットに装着し、レベルを上げると、弾が勝手に次々と敵を破壊してくれるので、戦場のど真ん中を悠々と歩く王様気分を堪能できます。

3種類の弾を組み合わせて、自分好みのカスタマイズをお楽しみください。

image9_1
▲敵の攻撃方法を覚えろ!
image9_2
▲コンボでハイスコアを狙え!

パワーアップ頼りの力押しゲームだけではなく、敵を連続で破壊しつづけると発生する“コンボ”が、これまたアツい要素となっています。
敵の出現方法や、敵弾の軌道を覚え、それに合わせて攻撃&破壊を続けると、バシバシとコンボが繋がり、スコアがグングンと上昇します。

「キャラの育成」「己の育成」両方を兼ね備えた、新感覚ゲームを開発したoridioさんに、いろいろと話を聞いてみました。

Q1.『戦場ダッシュ』を作ろうと思ったキッカケは?

A1.昨年はいろいろなジャンルに挑戦してみる年にしていました。なので、アクション、放置、RPGと作ってきて、シューティングも作ってみたいなと思っていたんです。

それと個人的に、シューティングはハマると時間を忘れてやっちゃうことがよくあったので、その感じが表現できたらおもしろいかもとは思っていました。

Q2.チャレンジ精神を忘れない、開発者のカガミですね! 開発で苦労された点や、こだわった点はありますか?

A2.ふたりで2ヵ月程度で制作しました。
レベルデザイン(難易度調整)にはかなりこだわっています。
ライトユーザーがターゲットなのですが、最初に遊んでみたら思ったより出来て、いつの間にかのめり込んでいて、気づいたらかなり上達しちゃってる、という部分を大切にしながら調整しています。

とくにゲームオーバー時、「あー惜しかった、でも次は行けそう!」と感じてくれたら、レベルデザインは成功かなと思っています。

Q3.感じまくってます! 主人公を“棒人間”にしたのは、何か意味があるんですか?

A3.ビジュアルについてはすごく悩んだ部分でした。
シューティングと言えば戦闘機なので、最初はそれも候補にありました。
でも戦闘機だと、いかにもシューティング感が出てしまい、インストールするユーザーがシューティング好きに偏ってしまうと思いました。

棒人間ですと、アクション感や軽く遊べるイメージがあると思うので、カジュアル感重視で棒人間を採用しました。

Q4.すんごいハマって毎日遊んでいるんですが、年のせいか、なかなか上達しません。開発者さんオススメの攻略法とか、武器の組み合わせとかあれば、こっそり教えてください!

A4.作った私もゲームは下手なので、あまりスコアは伸びません……。
まずは好きな弾を最大レベルにしてからがスタートだとは思っています!(笑)
個人的には3スロットすべて“通常弾”が逆弾幕のようで楽しいですよ!

ステージは慣れたり覚えたりすればクリアできるように、敵やブロックの配置をほぼランダムにしないように作ってあります。
敵の動きや弾のパターンを覚えてしまえば突破できますし、敵が倒せなくても抜け道はあったりします。
まずはよく死んでしまうところを観察してみるといいかもしれません。

Q5.もうちょっと頑張ってみます! アップデートの予定などありますか? レベル30以上を解放して助けてください!

A5.レベルデザインのバランスが崩れてしまうので、いまのところは、新しい要素や機能追加などは考えていません。

Q6.己を鍛えます! 最後にひと言、よろしくお願いします!

A6.やめどきが分からなくて、寝不足になっている方もいるようで、そこまで楽しんでもらえるのはとても嬉しいです!
きっとおもしろいと思いますので、少しでも気になったらぜひ遊んでみてください!

個人的には、装備を強化する育成部分にハマりました。

プレイして、コインを貯め、装備を強化 → その強さを確かめたくて、プレイし、コインが貯まる → もう1回遊んだら、次の強化ができるので、プレイし、強化する → その強化を確かめたくて…という、エンドレス状態に。

おかげで原稿の〆切りに間に合いませんでした。
シューティングゲーム嫌いの私がハマった、新感覚ゲームをぜひ遊んでみてください!

[注目!!]
2014年“個人開発ゲーム”ベストアプリランキング

⇒10位~6位
⇒5位~1位

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

 

戦場ダッシュ

メーカー
oridio
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS5.0以上 Android 2.3.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧