1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンファング〜竜者ドランと時の迷宮〜>
  4. ニュース>
  5. 『ドラゴンファング』プロデューサーの遅すぎる新年の挨拶が泣ける

『ドラゴンファング』プロデューサーの遅すぎる新年の挨拶が泣ける

2015-01-09 19:20 投稿

深イイィ~話

みなさんは『ドラゴンファング』をご存知だろうか?

『ドラゴンファング』はスマホ向けの本格ローグライクRPGとして、配信前からゲームファンや編集部の中でも注目され話題になったタイトル。2014年7月に配信開始されてからは、着実にユーザーの心を掴んで昨年末には50万DLを突破した。

『ドラゴンファング』の攻略まとめサイトはこちら

DFANG_08

そんな本作を配信するトイディアの代表取締役 松田崇志氏が、本日更新したユーザーへ向けた新年の挨拶がアツするぎるのでみなさんに紹介したい。

 年賀状

※“新年の挨拶”が書かれているページはこちら

新年の挨拶の中で綴られているのは、

 

松田氏のアツイ想い。

 

冒頭では「年末にみなさんにお礼を書くことも出来ませんでした」という言葉から始まり、

代表取締役である松田氏自身も7名の社員といっしょに現場で開発に追われている日々であったと語られている。

 

その中でも、松田氏のゲームクリエイターとしての夢である、

 

“いつか自分のタイトルでユーザーさんに年賀状を送りたい”

 

という願いが、この新年の挨拶によってかなえられた。その喜びを松田氏は「静かな感動」と書く。

その最初の冒頭だけでもうすでにジワジワくるものがある……。

 

そのあとも松田氏の挨拶は続き、

ユーザーへの感謝の気持ちとゲームへのアツい想いが込められた言葉は、約2300文字にものぼる。

 

※“新年の挨拶”が書かれているページはこちら

 

今回の記事をキッカケにして『ドラゴンファング』に興味を持った方がいればうれしい限り。

ダウンロードしてゲームから伝わる松田氏のアツイを想いを感じてほしい。

 

編集部が年末に行った“2015年クリエイターの抱負”企画でも松田氏は、そのアツイ想いを語っているのでそちらもぜひチェックしてみてほしい。

※2015年の抱負(トイディア・松田崇志)

 

ドラゴンファング ~竜者ドランと時の迷宮~

ジャンル
本格ローグライクRPG
メーカー
トイディア
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5 に最適化されています。Android 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧