1. サイトTOP>
  2. CMだけじゃわからない美少女ゲー『アンジュ・ヴィエルジュ』のあんなことこんなこと

CMだけじゃわからない美少女ゲー『アンジュ・ヴィエルジュ』のあんなことこんなこと

2015-01-05 12:00 投稿

かわいい女の子がいっぱい……だけじゃない!

オリジナルトレーディング・カードゲームをもとに作られた、学園美少女カードバトルRPG『アンジュ・ヴィエルジュ ~第2風紀委員 ガールズバトル~』(以下、『アンジュ・ヴィエルジュ』)。現在テレビCMが放映されており、興味を持っている方も多いハズ。

本作は、美少女がたくさん登場するのがやはり大きなポイント。でも、じつはそれだけじゃないんです! 豪華声優陣による豊富すぎるボイスや、仲間との連携がアツい大型PvPなどの魅力がギッシリ!

そんな『アンジュ・ヴィエルジュ』のおもしろさを、30歳を超えたせいか最近学生服が妙に恋しいライターのジャイアント黒田が、余すことなくお伝えしていきます。

00

■スマホから閲覧時はこちら

■PCから閲覧時はこちら

qr

美少女たちを育てるのにワクワク!

本作には、130人を超える美少女キャラクターが登場。伊藤静さんや井口裕香さん、内田彩さん、小林ゆうさん、花澤香菜さん、早見沙織さん、下田麻美さん、能登麻美子さんといった人気声優さんが多数出演しており、ひと癖もふた癖もあるキャラクターを熱演しています。

著名な声優さんがキャラクターを演じるというのはほかのソーシャルゲームでも見かけますが、本作はキャラクターボイスが充実。キャラクターの親密度やレベルを上げたりすると、ボイスのバリエーションは増えていきます!

01
02
03
▲開放したボイスをタップすると、セリフとともにボイスが再生。

ボイスが開放されるおかげで、キャラクターのレベルを上げたり、親密度を上げる楽しさがアップ♪ 1キャラにつき、30種類以上収録されたボイスを通して、キャラクターの新たな一面も見られるので、以前にも増して愛着が強まります。

04
▲新密度を上げると、ステータスアップやエクシード(特殊能力)の装備枠を増やせるといったメリットも。やり込み要素としても楽しめます。

手に汗握る本格バトルでハラハラ!

本作は、バトルの仕様も本格的。10人1組のチームで、レイドボスとのバトルやエクシーズ(詳細は後ほど)に臨みますが、下記のポイントに注意することで、よりハイレベルなバトルを堪能できます♪

05
▲バトルに参加するメンバーは、BP(コスト)内で自由に編成可能。BPの上限が増えれば、強力なキャラクターを自由に組み込めます。
06
▲バトルは、フィールドに出て戦うメンバーとサポートするメンバーに分かれて実施。どのキャラクターをどちらに割り振るか、プレイヤーの腕の見せどころ。
07
▲サポートメンバーからリンクPtを送ってもらうと、エクシード(特殊能力)が発動可能に。エクシードには、能力アップや複数攻撃など、多彩な効果があります。

もちろん、最初は深く考えなくてもオーケー。弱いレイドボスやプレイヤーが相手なら、勝機は十分にあります。ゲームに慣れてきたら、上記のことなどを意識して、奥深いバトルを体験してみましょう!

大規模バトルのエクシーズでドキドキ!

先述したエクシーズは、サークルメンバーとともに敵のサークルと戦う45分間のリアルバトル! 1日3回実施され、最大20人対20人の白熱した集団戦が楽しめます。

 08

バトルの仕組みは、基本的にレイドボスと同じですが、エクシーズはサークルメンバーとの協力がカギ。仲間と続けて攻撃することでコンボが発生し、獲得できるポイントがアップします。

この獲得ポイントが多いサークルが勝者となるので、バトル中はいかにコンボを途切れないようにするかが重要に。コメント入力や掲示板で攻撃する順番や、どのタイミングで仕掛けるかなどを仲間と相談しておくといいでしょう。

09
▲コンボの残り時間は、画面中央に表示されます。残り時間に注意してコンボをつなげましょう。

また、エクシーズでは、アクションカードを使って戦闘不能になったキャラクターを回復したり、チームの能力を強化したりできます。

アクションカードには、サークル全体に効果を及ぼすものも存在するため、縁の下の力持ちとして活躍することも可能。プレイスタイルに合わせて、共闘の楽しさが味わえます!

10
11
▲アクションカードは、メニューのアクション交換所に移動すると入手できます。

ほかにも、ユーザーを飽きさせない多彩なイベントなど、本作には数多くの魅力が存在します。興味を持ってここまで記事を読んだ人なら、きっとハマること間違いなしですよ!

アンジュ・ヴィエルジュ ~第2風紀委員 ガールズバトル~

メーカー
セガ
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 5.0 以降、Android 4.0 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧