1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト>
  4. 過去のイベント攻略>
  5. 『DQM スーパーライト』攻略 “聖なる夜の祭典”超級をクリア

『DQM スーパーライト』攻略 “聖なる夜の祭典”超級をクリア

2014-12-19 19:24 投稿

強敵としてドンガンバが登場

2014年12月26日午後2時59分まで開催中の特別クエスト“聖なる夜の祭典”に、新たな難度“超級”が追加。どんな内容なのかさっそくリポートしていく。

[関連記事]
※『DQM スーパーライト』攻略 “聖なる夜の祭典”上級をクリア

“聖なる夜の祭典”超級のポイント

●ミッション達成で超マスタマ(メダパニダンス)ゲット
●ボス戦はメラ系とバギ系で
●強敵対策はバギ系かデイン系&ヒャド系を

ミッション達成で超マスタマ(メダパニダンス)ゲット

敵の強さは、各種カーニバルの超級と同等程度。

ただし、強敵が追加されているため、ミッション達成を目指すなら育成メンバーは連れていかないほうが安全。どうしても連れていきたい場合は、レベル75前後の高レベルのモンスターに限定したほうがいい。

マップはそれなりの広さだが1種類のみの模様。ギミックは中級・上級と同じで、雪だるまを破壊すれば隠し通路が、クリスマスツリーからは複数のキラキラが見つかる。

なお、4回のプレイで仲間になったモンスターはサンタモーモンが1体、ギフトボックスが1体のみだった。ジングルモーモンにいたっては出現もしないというありさま。不運としか言いようがない。

せっかく中級・上級とは討伐リストが別扱いになっているので、ぜひジングルモーモン100体討伐を目指してほしい。

 01
▲出現するザコモンスターは当然手強くなっている。回復要員は多めに連れていきたい。
02
▲落ちているどうぐは多め。強敵もいるので、しっかり回収しておくとかなり助かる。
▲ポイントトップへ

ボス戦はメラ系とバギ系で

ボス戦は上級と同じく、サンタモーモン1体とプレゼントぶくろ2体が相手だ。全体を眠らせる“ジングルベル”やデイン系の斬撃“ホーリーラッシュ”が厄介な、プレゼントぶくろから倒していこう。

プレゼントぶくろは、ふうじん斬りなどのバギ系のとくぎが弱点。

サンタモーモンはメラ系が弱点。メラゾーマやれんごく斬りといった強力なメラ系とくぎでガリガリHPを削っていこう。

バイキルトで強化したはやぶさ斬りなどの無属の斬撃でも、効果的にダメージを与えられる。

03
▲スノーラッシュはまれに行動不能にさせられる。ヒャド系に耐性のあるモンスターを連れていきたい。
04
▲オーガキングがいれば“におうだち”でスノーラッシュを無効化可能。かなり戦いやすくなる。
▲ポイントトップへ

強敵対策はバギ系かデイン系&ヒャド系を

強敵はひとくい箱、ドンガンバ、わらいぶくろの3体が出現。

ひとくい箱とわらいぶくろは、デイン系とバギ系が弱点。ライデインやふうじん斬りといったとくぎでダメージを与えてやるのが効果的。メラ系、イオ系、ギラ系なら等倍のダメージが入るので、それらで攻めてもいいだろう。

ドンガンバはとくに有効な属性はないが、ヒャド系、バギ系なら等倍のダメージが入る。

ふうじん斬りやマヒャド斬り、スノーラッシュといったとくぎで攻めるのがいいだろう。とくにマヒャド斬りやスノーラッシュは、運がよければ相手を行動不能にすることもあるのでおすすめだ。

デイン系、メラ系、ギラ系は半減。ドルマ系、イオ系は無効化されるので要注意。

倒す順番は、やけつく息とマヒ攻撃を連発する“ひとくい箱”から続いて“わらいぶくろ”を処理し、最後に“ドンガンバ”を倒すといい。

05
▲“はげしいおたけび”はわりと決まる印象。うまく使って攻撃をやり過ごしたい。
06
▲“ときどきバイキルト”と“ちからため”が同時に発動したら超危険。“いてつく眼光”を使うか、防御でやり過ごせ。
▲ポイントトップへ

ダンジョンデータ

超級

目標レベル:75 スタミナ:20

報酬
どうぐを使わずにクリア
メタルキング1体
すべてのモンスターを撃破してクリア
超マスターエッグ(メダパニダンス)
出現するモンスター
デザートデーモン
フロストギズモ
ジングルモーモン
ギフトボックス
ベビーニュート
ベホマスライム
レノファイター
ボス戦で登場したモンスター
サンタモーモン
プレゼントぶくろ
強敵戦で登場したモンスター
ひとくい箱
わらいぶくろ
ドンガンバ
獲得経験値
6500前後(強敵を倒すと+1507)
獲得ゴールド
6000前後
▲攻略まとめはこちら▲

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS6.0以降、Android OS4.0以降

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧