1. サイトTOP>
  2. 『INGRESS』史上最大のイベント“Darsana Tokyo”【もうひとつの戦い】その2

『INGRESS』史上最大のイベント“Darsana Tokyo”【もうひとつの戦い】その2

2014-12-18 12:00 投稿

[関連記事]
※『INGRESS』史上最大のイベント“Darsana Tokyo”【もうひとつの戦い】その1
※新情報が続々!『INGRESS』生みの親 ジョン・ハンケ氏に突撃インタビュー

[16:05]日本、完全緑地化を知る

恵比寿に向かう電車内でやっとこ一段落。
あしたづがハングアウトを起動して、これまでの戦況をチェックし始めたそのとき……。
あしたづ「これ、襟裳岬?」
深津庵「うん、なんで北海道?」
あしたづ「日本が……緑で埋め尽くされてる!!」
深津庵「あはは、って何言っ……えっ!?」

ingress-a

北海道の襟裳岬、中国、グアムのポータルを繋ぐことでエンライテンドは、北海道を除く日本すべてを巨大なコントロールフィールド(以下、CF)に沈めたのだ!!

しかも、それはCluster1の始まった14:00。
Darsana開始と同時に起こったらしい。

青マジックがどうこう騒いでるときにはもう……。

リポートの【その1】でも触れたとおり、”Darsana”のルール上、このままだとレジスタンスはほとんどポイントを稼ぐことができない可能性があるってわけだ!

とんでもない展開になっていたことを知り、
内心ドキドキしながらCluster4の舞台、恵比寿北に到着。
オレとあしたづはチームのみんなと合流した。

[17:00]ポータル、維持できません!!

緑の芝で覆い尽くされた地を力いっぱい踏みつけながら、秒単位で入れ替わるポータルの奪い合いに参戦。

ingress-09
ingress-10
ingress-11
ingress-12
ingress-13
ingress-14

[18:30]アフターパーティー&結果発表

結果はいうまでもなくエンライテンドの勝利。

敵味方にわかれて戦いはするけど、終わってしまえば、みんな『INGRESS』を愛する同じエージェントどうし。心の底から「おめでとう!」、「よくやった!」と讃えたくなる心境だ。

あとで知ったことだけど、両陣営共に本格派のエージェントたちのあいだでは、「どちらが仕掛けるか」そんな感じの駆け引きがあった様子

バトルがスタートした13日[14:00]。

北海道の襟裳岬、中国、グアムのポータルをつないだ巨大なCFが出現。
このCFにはサテライト会場のソウルも含まれていて、東京とソウルはエンライテンドの得点が40%UPしたことになる。

これを達成するため、グアムには日本のエージェントが飛んでいたようで、その動きを察知したレジスタンス側も事前に妨害用のリンクを構築。

しかし、その妨害リンクもエンライテンド側に破壊され、レジスタンス側のさらなる動きを食い止めるリンクをエンライテンド側から仕掛けたようだ。

日本はレジスタンスの人口が多いことから、今回のような大胆な作戦を取ったと思われる。

まさか、事件が東京ではなく、襟裳岬で起こっていたとはね!

オレはレジスタンス側だけど、これに対して苛立ちや怒りのようなものはなく、ただ素直に「すげぇ!」のひと言。

もうひとつ。
潮岬でその攻防に関わっていたレジスタンス側のエージェントたちの話をしたい。

彼らがあの日、どんな攻防を繰り広げていたのか。
それを語るコメントを読んだ。
オレには彼らが、違う、宮崎など各地でエンライテンド同様に巨大なCFを構築しようと戦っていた、レジスタンス側のエージェント全員がヒーローに見えた。

結果は敗退だ。

けど、それ以上にすごい感動を、潮岬で戦ったエージェントのコメントから受け取った。微力ながら、そんなみんなと勝負に挑んでいたことが誇らしく感じた。

しかも、この攻防には続きがある。

[17:08]。残念ながら計測に間に合わなかったということだけど、レジスタンス側のエージェントが襟裳岬のポータルを破壊。

それと同時に、日本を覆い尽くしていた緑のCFが解除されるという、映画のような超展開を見せてくれていたのだ!

イベントに指定されたエリア内でのみ計測されるとばかり思っていたオレは、こんな大規模な作戦を両陣営が考え、それを成功させたエージェントたちがいたってことだけで楽しくなった。

ちなみに、サテライト会場では、マニラとオークランドはエンライテンド、ソウルはレジスタンスが勝利。

エンライテンドの強いコントロール力に、
素晴らしい仕事でした。両方に拍手を!」とジョン。

終わってみれば本当に長い1日だった。
結果、レジスタンスは負けちゃったけど、あれだけのCFを張られても“938 vs 804”という得点差。レジスタンス側もすごかったことがわかるよね。

ingress-15

[物販も充実してたよ!]

ingress-16
ingress-17
ingress-18
ingress-19

次回はフル参戦したい!

インタビューの都合もあって1戦しか戦えなかったのが心残り。
後日、今回の”Darsana”で同じチームを組んでくれた“れすか”氏とメール交換。

戦力になれなかったことをお詫びしたら、「最終戦、結構ピンチかも? というときに戻ってきたのが、よくある王道マンガのストーリー染みてて妙に興奮したものです」とあたたかいお言葉。

何日も前からチームをまとめてくれたリーダーのJONI氏をはじめ、いっしょに戦ってくれたメンバーのみなさん。
本当にお疲れ様でした!

ingress-20

速報! AXAシールド現る!!

全世界で20,000以上のアクサの支店が、Ingress内におけるアクサブランドの“ポータル”となり、プレーヤーの端末からアクセスできるようになったぞ。

ingress-21
ingress-22

ドイツ、イタリア、スペイン、ポーランド、インドネシア、スイスについては、12月17日(水)より提供を開始。その他、日本や米国などの国は来年2015年からの開始となる予定。

ingress-23

アクサのポータルから入手できる“AXAシールド”(アクサシールド)は、同ポータルからのほうが出現率が高いが、それ以外のポータルでも入手可能。

ingress-24
ingress-25

Ingressのゲーム内では最強のシールドになるぞ!!

P.N.深津庵

[関連記事]
※『INGRESS』史上最大のイベント“Darsana Tokyo”【もうひとつの戦い】その1
※新情報が続々!『INGRESS』生みの親 ジョン・ハンケ氏に突撃インタビュー

Ingress

メーカー
Google, Inc.
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5、iPhone 6 および iPhone 6 Plus に最適化されています。Android 2.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧