1. サイトTOP>
  2. Apple Store銀座に坂口&植松コンビが登場!『テラバトル』の協力プレイ、召喚獣、新キャラ情報も公開

Apple Store銀座に坂口&植松コンビが登場!『テラバトル』の協力プレイ、召喚獣、新キャラ情報も公開

2014-12-10 21:44 投稿

テラバトルの新情報も続々!

KO3_6395

2014年12月10日、Apple Store銀座にて、第一線で活躍するトップクリエイターを招いてトークセッションを行うイベント“Meet the Developer”が開催され、『テラバトル』の配信元ミストウォーカーコーポレーションのCEO坂口博信氏とサウンドを担当した植松伸夫氏が登場した。

トークセッションのテーマは、過去、現在、未来で移り変わるゲーム開発”。世界的RPG『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親として知られる坂口氏と同じくシリーズ第1作目から関わる植松氏は旧知の仲。そのふたりが手がけたタイトルのイベントとあって会場は立ち見がでるほどの超満員。

ダウンロード数に応じて、参加クリエイターやコンテンツの追加を行うダウンロードスターターという、これまでにない試みを行われている本作だが、すでに130万ダウンロードと突破。この速度については「テラバトルはコンシューマ的な作り方をしている。にも関わらず、ダウンロード数の早さは予想外だった」(坂口)、「コンシューマライクなスマホRPGがヒットするのは、(今後のスマホゲームに)可能性を感じる」(植松)と述べ、順調さをアピール。

100万ダウンロード時の公約のコンサート開催についも、「来年のどころかでやるものかと思っていた。まったく練習していないし、譜面にも起こしてない(笑)」(植松)と、ダウンロード数が予想以上の速度で伸びていることに、うれしい悲鳴を上げていた。

KO3_6136

ふたりは『テラバトル』の開発を『ファイナルファンタジー』を作った当時と同じだと振り返る。現在は大規模開発化が進むコンシューマ業界だが、『ファイナルファンタジー』の開発初期は4人という少人数。植松氏は「指導者がいなくて、“モノを作りたい”という自分たちの熱で好き勝手に作れた」と当時を振り返る。いまや世界的なRPGになった『ファイナルファンタジー』だが、「当時は世界的な作品になるとは思っていなかった」(植松)、坂口氏も「10年後に思い出してもらえる作品になったらいいと過去のインタビューで殊勝なことを言っていました(笑)」と語る。

KO3_6216

それから20年近くたったいま、「同じ思いで作れるのか」という植松氏の質問に対して、坂口は「『テラバトル』がそうです」は力強く語る。「今回は人ありきで作った。少人数で打って出られるスマホ市場はタイミング的にもよかった」と振り返り、App Storeへの配信ボタンを押した際は「涙が出た」と語るほど、熱い思いがあったようだ。

そんな『テラバトル』の最新情報が動画で公開に。まず発表されたのが、藤坂公彦氏が描く新キャラクター3体。そして、60万ダウンロード時の公約として開発が開始された協力プレイの動画が公開。2015年1月中旬の実装に向け、開発が進んでいるという。さらに、ダウンロードスターターにもない新要素として、召喚獣が追加されることも判明!

協力プレイは、専用クエストのほか、通常のストーリークエストでも可能になるとのこと。一方のプレイヤーがクエストを選択してルームを作成。もう一方のプレイヤーがルーム番号を選択することで協力プレイに参加できる。また、ルーム作成、選択時に召喚獣を選ぶこともでき、互いに1体づつ連れて行けるようだ。動画には、パワードポイントに似た「S」と書かれたマークがあり、動画を見る限りにでは召喚獣を呼び出す鍵になっているように見える。詳細はまだわからないが、戦略の幅が広がることは間違いない。

その動画も張っておくでぜひチェックしてほしい。

KO3_6270
KO3_6289
KO3_6292

運営型が主流のスマホゲーム市場において、「『テラバトル』は、ぼくらなりの(スマホゲームの)新しい形で孵化させていきたい」と語る坂口氏。今後も、ユーザーが驚くような試みを仕掛けてくれるに違いない。

Rejin_1st
Rejin_2nd
Rejin_3rd
habanna_1st
habanna_2nd
habanna_3rd
Pupuru_1st
 Pupuru_2nd
Pupuru_3rd
chaos
phoenix
artemis

名称未設定-1

【テラバトルWikiはこちら】

テラバトル

ジャンル
RPG
メーカー
ミストウォーカーコーポレーション
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS6以降のiPhone4S以降、iPod Touch 5th以降、iPad2以降、Android OS 2.3.1以降

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧