1. サイトTOP>
  2. 誰でも楽しめるカジュアルRPG『HELLO HERO(ハローヒーロー)』が新生!

誰でも楽しめるカジュアルRPG『HELLO HERO(ハローヒーロー)』が新生!

2014-12-05 00:00 投稿

既存プレイヤーにも新規プレイヤーにも
うれしいアップデートが実施

2014年12月4日、事前に予告された通り、ゲームオンから配信中の『HELLO HERO(ハローヒーロー)』が大幅アップデート。多数の新要素や新ヒーローなどが実装された。中でも注目なのが、新ワールド“ベガ”と“強力な新ヒーロー”の追加だ。

ミッション2
クリティカル演出

本作は2013年8月に日本国内サービスを開始し、すでに世界累計で1200万ダウンロードを超える人気RPGだ。戦闘は基本オートながらも、さまざまなスキルを武器に戦略を組み立てていく骨太なゲーム性が最大の魅力。

今回、新ワールド“ベガ”が追加されたことにより、新規プレイヤーはもちろん、既存プレイヤーも最初から本作をスタートできるようになった。

でも、こんな疑問を抱く人もいるだろう。

「やり尽くしたし、もう一度最初からやる意味あるの?」

「またあのマップで詰まりそうだしな~」

……と。

正直に言おう! じつは記者もそのひとり。

しかし、改めて『HELLO HERO(ハローヒーロー)』の歩みを振り返ると、サービス当初と現在では、その姿が明らか異なる。

もっとも大きな違いは、ヒーローの数が大幅に増加していることだ。

ゲームのメインモードであるミッションの序盤こそサクサクとクリアできるが、中盤、そして終盤になると、ヒーローのレアリティを上回るほど、スキル構成がステージ攻略の成否を大きく左右する。そのため、本作における戦略のキモは、ヒーローのスキルを考慮したパーティ編成になる。

サービス開始当初は約180体だったヒーローが、2014年12月時点で318体と倍近い数字となり、戦略の幅も大きく広がっているのだ。新たなヒーローを加えることで、攻略を諦めてしまったマップの突破口が開ける可能性も! とくに初期のころ少なかった回復タイプが増えたのは個人的にはありがたいところ。初期メンバー唯一の回復タイプ“オフィーリア”を最初に転生させてしまい、序盤で回復手段がなくなるという緊急事態になったこともいまは懐かしい……。

また、初期はSPヒーローチケット1種のみだったが、攻撃、防御、回復、万能とタイプ別のヒーローチケットが追加されたことも、攻略にひと役買っている。さらにアップデートを経て、ヒーローチケットから高ランクヒーローが出現する確率もサービス開始当初より上昇しているようだ。

サービス初期に遊んでいたプレイヤーにとっては、新ワールドでプレイするにしろ、既存のワールドで再開するにしろ、深みを増したパーティ編成の魅力を感じられるはずだ。

 ヒーローウィンドウ
新ヒーロー画面
▲ユーザーインターフェースも使いやすくリニューアル!

ちなみに、ゲームオンの運営陣に人気のヒーローを聞いたところ、下記の4体がオススメとのこと。記者もアサクラとエマにはかなりお世話になった。さらに、12月に追加された新ヒーローも合わせて公開しよう。

アサクラ

アサクラ(☆6)
攻撃タイプ
スキル1:ウイルス退治(CT/60)
敵ひとりのバフ解除、攻撃力200%ダメージ
スキル2:お尻ペンペン(CT/78)
敵ひとりに攻撃力180%ダメージ、2ターン気絶効果

カムイ

カムイ(☆6)
攻撃タイプ
スキル1:真・旋風斬(CT/64)
敵ひとりに攻撃力220%ダメージ、3ターン混乱効果
スキル2:隠れ身の術(CT/78)
自身を4ターンターゲット不能、クリティカル15%増加

魔法少女サマンサ

魔法少女サマンサ(☆6)
攻撃タイプ
スキル1:サンダーショック(CT/88)
敵全体に攻撃力70%ダメージ、5%の確率で2ターン気絶効果
スキル2:シャイニングアロー(CT/102)
敵全体に攻撃力70%ダメージ、10%の確率で2ターン凍結効果

エマ

エマ(☆6)
回復タイプ
スキル1:私のご主人様~(CT/72)
敵全体の速度が2ターン60%減少
スキル2:ほこり拡散(CT/54)
味方ひとりのデバフ解除、HP30%回復

▲天竺への道の最終ステージでは、アサクラとエマが大活躍!

[関連記事]
※『ハローヒーロー』天竺への道ステージ10のクリアに挑戦!

新ヒーローのこの3体

 黒帯サイカ

黒帯 サイカ(☆6)
攻撃タイプ
スキル1:天翔迫撃(CT/96)
敵1人に攻撃力180%ダメージ、2ターン味方がその敵を集中攻撃
スキル2:旋風嵐脚(CT/62)
敵ひとりに攻撃力185%ダメージ

赤帯ミヤビ

赤帯 ミヤビ(☆5)
攻撃タイプ
スキル1:旋風脚(CT/73)
敵1人に2ターン攻撃力120%ダメージ
スキル2:破頸脚(CT/72)
敵1人に攻撃力180%ダメージ、12%の確率で2ターン後即死効果

茶帯アカリ

茶帯 アカリ(☆4)
攻撃タイプ
スキル1:虎影閃(CT/57)
敵ひとりに攻撃力175%ダメージ
スキル2:破頸脚(CT/76)
敵ひとりに攻撃力120%ダメージ、9%の確率で2ターン後即死効果

誰もが見たことない新しいHELLO HERO

今回のアップデートで、大きい変化といえば、ヒーローを編成したり、アイテムを装備・作成したり、可愛い女性ヒーローをいじいじ触ることができるヒーロー画面のUI変更であろう。サービス当初からプレイしている人にとっては、アップデート後ヒーロー画面を開いた瞬間びっくりしたはず!

ここからは、新しいUIでのヒーローの強化方法と、12月に実装された覚醒アビリティについて紹介していこう。

強化

強化画面

べースのヒーローに素材となるヒーローを合成してステータスを底上げする。ベースと素材のヒーローが同レアリティだと100%成功し、素材のレアリティが低いほど、成功率が下がる。最大5段階まで強化可能。ベースヒーローの能力の10%が加算されるため、マスター(レベル30)してから行うのが基本。

転生

新転生画面

マスター(レベル30)かつ5段階まで強化した同レアリティのヒーロー2体を合成し、レアリティがワンランク上のヒーローをランダムに作り出す。誕生したヒーローはレベル1となる。

chat
▲チャットでは他プレイヤーの転生情報が続々と更新されている。

限界突破
マスター(レベル30)になったヒーローと同じヒーローを組み合わせて上限レベルをアップさせる。

変身
レアリティ☆6で強化+5まで育成したヒーローを同じレアリティの別のヒーローへ変身させる。

アクセサリー合成
同じレアリティのアイテムを5つ構成することで作成可能。限界突破したヒーローのみが装備できる。

覚醒アビリティ

覚醒アビリティ3

☆4以上でマスター(レベル30)のヒーローが、特定の素材(神玉、鬼玉、カラット、ゴールド)を使うことで習得できるステータスアップ効果。その効果は戦闘中にのみ発揮されるが、敵のバフ解除スキルなどでは解除されない固定バフになる。なお、神玉はタイムアタックポイント8000Pで1個、鬼玉はダークモードの紫マスでドロップする。ダークモードは、通常難易度(ライトモード)のマップ“天竺への道”クリアー後に開放される。

ミッション1
▲こちらはダークモード。最初のマップ“赤キノコの森”で敵のレベルが35という脅威的な難度に!
覚醒アビリティ2

このほかにも、ギルド間で通算ダメージを競い合うギルドボスや、5分以内に撃破すれば仲間できるWANTEDボス、高レアリティのアイテムを入手できるトレジャーハントなど、サービス開始時からさまざまなコンテンツが追加されている『HELLO HERO(ハローヒーロー)』。12月以降にどんなアップデートが行われるのかも楽しみだ。

ワールドボスギルドボス
▲全プレイヤーが共闘するワールドボスのほか、ギルド間で通算ダメージを競い合うギルドボスも実装。

HELLO HERO(ハローヒーロー)

ジャンル
RPG
メーカー
ゲームオン
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS:iPhone、iPod touch および iPad互換、iPhone 5 用に最適化済み iOS 5.0以降が必要 Android: Android 2.3(Gingerbread)以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧