1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 2015年の抱負(KADOKAWA・小菅量平)

2015年の抱負(KADOKAWA・小菅量平)

2014-12-01 00:00 投稿

kosuge-01

株式会社KADOKAWA
エンターブレインブランドカンパニー
ソフトサービス開発局
ソフトサービス企画運営室
プロデューサー
小菅 量平 氏

代表作

『妖怪百姫たん!』

hyaki-01

2014年で印象に残っているスマホのゲームタイトル

『LINE ディズニーツムツム』

ディズニーのキャラクターというキャッチーさ、ライトさにラッピングされたやりこみの奥深さ、ゲームバランス。あらゆる面で衝撃を受けたタイトルでした。

tsumu2

『白猫プロジェクト』

「プレイヤー体力の時間回復」というFree to Playにおけるお約束の仕様を、あっさりなくしてそしてゲームを成立させているのは、ホントにもうコロプラさんすごいなあと。コンシューマのやりこみ具合と、モバイルのライトさ加減のバランスも絶妙。それを支える基礎的な技術力も。

『騎士とドラゴン』

正確には2013年のタイトルですが……。初めて触ったときの衝撃は忘れられません。運営のゲーム愛がビシビシ感じられるタイトルだったな、と。サービス終了が残念でなりませんが、次回作も楽しみにしております!

2015年の抱負

『妖怪百姫たん!』は2014年11月にiPhone版、12月にAndroid版をリリースしまして、お蔭様で12月19日時点で35万DLと多くの方にプレイしていただけました。あんな機能やこんなイベントをチーム一丸となってあれやこれやと考えていますし、2015年は1月からファミ通コミッククリアでコミックが連載開始、小説ももうすぐ発売と、さまざまに展開していきます。ぜひぜひご期待いただければと思います。

ネイティブゲーム市場は、つぎつぎと大きなタイトルが発表されていますが、僕たちも負けじと少しでもユーザーの印象に残っていけるようなゲーム作りを心がけて、そして提供できればと思っています。

hyaki-02

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧