1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね』の開発陣が手掛けた新作

【個人開発ゲームを斬る】『あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね』の開発陣が手掛けた新作

2014-11-25 20:00 投稿

タイトルのインパクトで覚えている方も多いかもしれませんね

昨年リリースされた、内気な勇者が頑張るドット絵RPG『あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね』。
意味不明なネタゲーっぽいタイトルなのになぜか泣けるストーリーが口コミで広がり、一気にストアランキングを駆け上がっていきました。

[関連記事]
※【個人開発ゲームを斬る】『あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね』“内気な”勇者の成長物語

その開発陣が手掛けた新作ドット絵RPGが、前作から約1年ぶりにリリース!

image1
▲ククク…奴は最弱…ではない…だと!?

タイトル名は『奴は四天王の中で最も金持ち』。またまたタイトルでやられました。これはもうやるしかない!!

image2_1
▲ラブアンドピース登場!
image2_2
▲ラブアンドピース散る…?

ガチャで火を起こし、ガチャで傷を治す。そんな便利なガチャが開発され、生活の必需品になった時代のお話。便利すぎるチカラは、残念ながらそれを悪用しようとする奴らを産んでしまいます。そこで登場、我らのヒーロー、“ラブアンドピース”。彼は“悪の組織”を壊滅させるため旅立ちますが、まさかの音信不通に…。世界が絶望と不安で覆われます。

image3_1
▲弟想いの兄リョウマ
image3_2
▲母さん、行ってくるよ!

しかし、ヒーローの芽は着実に育っていました。小さな村に住む少年が、ラブアンドピースの行動に心うたれ、兄リョウマとともに冒険の旅へ! というわけで、その少年があなたです。

image4_1
▲実践あるのみ!
image4_2
▲兄を越えろ!

身支度を整え、家の外にでると、リョウマ兄ちゃんが待っててくれました。冒険にはバトルがつきもの。兄ちゃんが戦い方を手取り足取り教えてくれることに。バトルは王道RPGでお馴染みの、ターン制コマンドバトル。攻撃方法は、剣でも魔法でも魔物召喚でもなく、“ガチャ”。

image5_1
▲ガチャを組み合わせて…
image5_2
▲自分だけのわざを生み出せ!

この世界のガチャは上と下のパーツを組み合わせることにより、様々な“わざ”を生み出すことができます。ガチャの上のパーツが“属性”を表し、下のパーツが“効果”。例えば、“赤属性の全体攻撃”や、“青属性の混乱魔法”など、様々な組み合わせが可能。属性は、“赤は青に弱いけど、緑には強い。黒と白はお互いに弱点”というお馴染みの関係にあり、敵との相性に合わせてうまく組み合わせましょう。
各パーツにはそれぞれ“名前”がついており、その組み合わせがそのままわざの名前になります。“おれとおまえとユニバーサル”や、“エッチスケッチめったぎり”など、どんな顔すればいいのかわからないわざ名になるときもありますが、そんな時は思い切ってわざ名を叫んでみるのもいいかもしれません。ガチャを組み合わせ、わざを作り、それを装備することによって、バトルで使用することが可能となります。

image6_1
▲ノーマルガチャ
image6_2
▲割高だけど好きなガチャ購入

ガチャバトルに勝利すると、経験値が入ってレベルアップし、キャラクターの基本ステータスが上昇しますが、メインとなるのはやはりガチャ。より強力なレアなガチャを手に入れうまく組み合わせると、戦闘がググッと楽になります。ガチャは、村に置いている“ガチャマシーン”を回したり、お店で購入することができます。購入すると割高ですが、特殊効果がある便利なガチャを見つけた時は、思い切って購入したほうがいいかもしれません。

image7_1
▲ギガガチャはいつでもチャレンジオッケー!
image7_2
▲道なき道を進み“ドラゴンたからいし”ゲット!

レア確定の“ギガガチャ”も用意されており、それを回すためには“ドラゴンたからいし”なるアイテムが5つ必要です。ドラゴンたからいしは「えっ?こんなところに!?」という場所に隠してあるので、いろんなところを調べてみてください。もっともっとギガガチャをギガりたい場合は、課金してドラゴンたからいしを購入することも可能です。

image8_1
▲いかにも悪そうで雑魚っぽい奴がおらが村に!!
image8_2
▲敵はたくさん“かきん”した四天王!

そんなガチャ中心に描かれた世界観にもかかわらず、昨今のソーシャルゲームのガチャシステムを皮肉ったストーリー展開が秀逸です。この世界は、たくさんガチャしまくった、つまりお金持ちの4人に牛耳られています。名付けて“かきん四天王”。四天王を1人ずつ倒していくのが冒険の目的。もちろんそんな皮肉、パロディだけではなく、王道で泣かせる展開も用意されており、その2つがうまく混ざり合っております。

image9_1
▲四天王の一角! かなり強いけど四天王の中では最弱!
image9_2
▲ちから=金

一人目の四天王を倒すと、物語が大きく動きだします。とある事件をきっかけに、リョウマ兄ちゃんの心に大きな変化が…

image10_1
▲積極的に話しかけてフレンドリストに登録
image10_2
▲兄リョウマの名が無い…!?

動き出すのは物語だけではなく、新たなシステムも登場します。冒険で出会った人たちに話しかけたり、ガチャわざで殴り合って分かり合えたりすると、一緒に冒険をすることが可能になります。最大4人のパーティバトル。ガチャを組み合わせて、わざを装備させることを忘れずに! ここからがいよいよ本番という感じなんですが、長くなってきましたのでゲーム紹介はここまでにしまして、このアプリのシナリオ/デザインを担当された“SYUPRO-DXの横田”さんにイロイロ聞いてみました。

Q1.前作『ドブネズミ』から今日まで何してたんですか?

『ドブネズミ』を小説化してニコニコチャンネルで連載したり、新作の構想を練ったりしていました。その他にも少しバタついていたので、思った以上に期間が空いてしまいました。

※小説リンク

Q2.遊んでいたわけじゃないんですね! 製作メンバーは『ドブネズミ』の時と一緒でしょうか? 新作の製作時間はどれぐらいですか?

製作メンバーは開発チーム“SYUPRO-DX”の2名+協力1名で、前作『ドブネズミ』と一緒です。浜中剛がシステム関連や、全体の調整。横田純がワザやアイテムなどの設定、シナリオ、グラフィック。協力メンバーとして、入間川幸成がサウンドを担当しています。この3名のメンバーで本腰を入れて開発に入ったのが2014年3月です。リリースできたのは10月末なので、開発に7ヶ月かかりました。

Q3.今作を作ろうと思ったきっかけは?

『ドブネズミ』はRPGのバトルだけを抽出した簡易的なRPGだったので、次は本格的なRPGを作りたいなと思ったのがキッカケでした。
本格なRPGというのは具体的に言うと、SYUPRO-DXの面々が好きだったドラクエ、FF、女神転生、ポケモン、MOTHER、クロノトリガー、ライ ブアライブなど……挙げればキリがないのですが、つまり一本筋が通ったシナリオがあって、主人公が街で情報を集めてフィールドを歩き回ってレベルを上げ て、ダンジョンの最深部でボスを倒してエンディングを目指すという、ファミコンやスーパーファミコンの時代から長らく愛され続けてきた、“日本のRPG” を作りたかったんです。もっと言うならドット絵で、ダンジョンにも街にも隠し通路がいっぱいあって、隠し通路の奥には珍しいアイテムが眠っていて…主人公が強くなって最大の敵を倒すスタンダードな王道展開の話がいい。

でも今の流行はソーシャルゲームです。
ソーシャルゲームも好きですし、SYUPRO-DXらしいソーシャルゲームを作ってみたいという願いもあるにはありましたが、かわいいイラストを描ける絵師もおらず、頻繁にイベントを行うマンパワーも足らず、これ以上だれかに外注を頼むほどのお金もありません! まず「つくれないだろう」という気持ちがありました。

コンシューマーゲームもソーシャルゲームも大好きだけど、つくれるものは限られている。なにより新作をたくさんの人に面白がってもらうためにはどうしたらいいか?と頭をひねった結果、「そうだ!コンシューマーゲームとソーシャルゲームのいいとこ取りをしちゃえばいいんだ!」という結論になりました。

スーパーファミコンやゲームボーイアドバンスで遊べるようなRPGなんだけど、日付が変わればログインボーナスが手に入るし、主人公はガチャを回すことで強くなる。街やダンジョンに配置された隠し通路の奥には、本来課金しないと手に入らない貴重な石がある。コンシューマーRPGとソーシャルRPGのハイブリッドです。

それならゲームのシナリオもソーシャルゲームを題材にした方が、きっといまソーシャルゲームを楽しんでいるたくさんの人々に届きやすくなると思ったので、ボスは「ガチャに死ぬほど課金して強くなった悪の四天王」にしました。ごぞんじ四天王はポケモンやFF4にも登場する敵軍の代表格です。その名も課金四天王。マヌケです。

悪の課金四天王にガチャで立ち向かう主人公が思い浮かんだとき、なんだかちょっといけそうな気がしました。「ギルドのために寝る間を惜しんで課金しろー!」と言いながら襲ってくるモヒカンのザコが思い浮かんだとき、さすがに笑いました。

一枚足りない強化素材。何度も同じ場所に戻されるワープゾーン。終わらないリセットマラソン。ツボの中に入った回復アイテム。ソーシャルあるある、コンシューマーあるあるをシナリオ内にちりばめて、大好きなものへのリスペクト、パロディ、オマージュを詰め込んで、どんどんアイデアをふくらませていった結果生まれたのが『奴は四天王の中で最も金持ち』です。

Q4.アツい! 惚れました! ところで『ドブネズミ』があれだけブレイクしたのに、なぜ続編を作ろうとは思わなかったのでしょうか?

続編、作りたいです! 今も作りたいと思っています!
が、別のアプリも作りたいと思っていたので『ドブネズミ』の方は少しお休みです。

リリースから1年半ほど経つのに、みなさんがずっと覚えていてくれて本当にうれしいです! 続編、気長にお待ちくださいね。

Q5.待ちます! 待たせてください! 今作のここは見て欲しい!という点を教えてください!

上と下のガチャを組み合わせて自由にワザを作る“ワザガチャシステム”を楽しんでほしいです。

そもそもワザガチャシステムが生まれたキッカケは、「HUNTER×HUNTERの念能力っていいよねぇ」という雑談からでした。念能力は人それぞれ念のタイプがあって、タイプに合った好きな技が作れますよね。自分だったらどんな技を作るかなー?その技使って戦闘したら楽しそうだよ なーというただのジャンプ愛読者みたいなところから始まり、なんとかそれに近いものをゲームでできないかなあと思っていました。もともと『ドブネズミ』の時に、ゲーム内に登場する会話メッセージや呪文の解説文などの“ことば”を評価していただいていたので、新作にも“ことば”を生かしていきたかったのです。

その結果生まれたのが“二つのことばを組み合わせて自分だけのワザを作る”というものでした。二つのものを組み合わせて一つになる上に、自由につけたり外したりできるものでなくてはならないもの。……ガチャだ! ガチャの、中身じゃなくてカプセル の方だ! ということで、本来中身を抜いたら捨てられてしまうはずのガチャのカプセルの方にスポットが当たり、主役に躍り出てくるシステムになりました。

Q6.開発者さんがこっそり教える、攻略のコツや、このガチャ、わざはオススメみたいなものはありますか?

ゲーム冒頭で主人公がはじめてガチャをもらう時、どのガチャが欲しいか色を選べるのですが、その時選んだ色によって、主人公の成長タイプが決まります。

・赤=こうげきタイプ
・青=すばやさタイプ
・緑=ぼうぎょタイプ
・白=とくぼうタイプ
・黒=とくこうタイプ
・えらんで=バランスタイプ

成長タイプは「レベルアップ時にもらえるパラメータの振り分け」に関わってきます。レベルが1上がると、パラメータが8上がるのですが、こうげきタイプなら“こうげき”や“ぼうぎょ”など、ぶつりのパラメータが上がりやすく、逆にとくこ うタイプなら“とくこう”や“とくぼう”など、とくしゅのパラメータが上がりやすいです。バランスタイプはすべてのパラメータがまんべんなく上がっていき ます。

オススメワザでいうと、“どく”、“まひ”、“すいみん”、“こんらん”、“げんわく”、“みりょう”などの、敵をバッドステータス にするワザがとっても便利です。特に“みりょう”は“100%の確率で味方を攻撃する”という仕様なので、“みりょう”のガチャを引いたらSPを気にせず ガンガン使ってください。ちなみにこのバッドステータス系のワザは、意外にボスにも効いたりします。ボスが強くて苦戦する場合は、ぜひ片っ端からバッドステータス系のワザを放ってみてください。「えっ!?コレ効くの!?」という感じで、戦闘が一気に有利になるかもしれませんよ。

それと本作には、通常アプリ内課金でしか手に入らない、“ドラゴンたからいし”を低確率で落とす敵キャラが存在します。

image11

彼らは“DTマン(ドラゴンたからいしマン)”といいます。どこかのマップでランダムエンカウントするので、発見したらすかさずDT狩りを行ってくださいね!

Q7.課金しなくてもいいんですね、太っ腹! ドット絵がかわいいんですが、ボツになったイラストなどありますか?

特にボツというわけではなかったのですが、登場キャラクターが多すぎてうっかり忘れていたこちらの女性をご紹介します。青い瞳のブロンド美女です。

image12

困ったことに、ボツにする理由が何もありません。こんなにキャラが立った人を忘れていたなんて! ゲーム内に学校が登場するので、外国語教師とかで登場させておけばよかったです!

Q8.それはもったいない! まだまだリリースしたばかりですが、手応えや反響などありますか?

プレイしてくださった方からは「面白い!」「音楽が良すぎる!」「無料のクオリティじゃない!」など、うれしいお言葉が多数届いているので心底ホッとしています。本当にありがとうございます。レビューサイトでも軒並み良い評価をいただいているのですが、ダウンロード数がなかなか伸びません。助けてください!

Q9.読者の皆様、助けてください! 今作はAndroidでは出さないのですか? 新作はまた来年ですか?

現在、浜中がAndroid対応に苦戦しているようです。「じつはな、これ……まったく動かないんだ……」という怖い話を披露されて、僕は夜も眠れません。
浜中はもっと眠れません。

新作は来年リリース予定です! どんなものを作るかはまだ未定です。『四天王』のダウンロード数が伸びればもう一度長編RPGを作れるのですが、大事なことなので二回言います。助けてください!

Q10.読者の皆様、もう一度助けてください! 最後に何か一言、お願いします!

皆さんがワザガチャで作った渾身のワザを、ぜひともTwitterやLINEでつぶやいて僕らに教えてください。ワザひとつとっても「え、キミ、これ組み合わせるの?」っていう個性が出ますし、そもそもガチャの引き次第で皆さんの手持ちのガチャがひとりひとり全然違うので、皆さんの手元ではどんな面白かっこいいワザができたのか、たくさんのワザが見てみたいのです。#タグで検索して探しにいきますので、どうぞよろしくお願いします!

このコーナーで素晴らしい作品を紹介させて頂くたびに、「でも売れてないんです…」という開発者さんの叫びが聞こえてきます。もう一度、私からもお願いします。助けてください!面白いアプリを開発し続けるためにも、“ダウンロード”という名の応援をよろしくお願いいたします!

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

 

奴は四天王の中で最も金持ち

メーカー
SYUPRP-DX
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS5.0以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧