1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『NINJA SMASHER!』爽快忍者アクションでダンジョンを探索せよ!

【個人開発ゲームを斬る】『NINJA SMASHER!』爽快忍者アクションでダンジョンを探索せよ!

2014-11-03 13:00 投稿

ドット絵忍者アクションゲーム『Ninja Striker!』の続編

image1
▲1年ぶりの再会

今回ご紹介するアプリは、以前こちらのコーナーでご紹介させていただいた、ドット絵忍者アクションゲーム『Ninja Striker!』の続編でございます。

※【個人開発ゲームを斬る】『Ninja Striker!』目で追えないほど爽快なドット絵忍者アクション!

つい先日の事のように感じていたんですが、投稿日が“2013-08-26”、つまり1年以上前でした。30歳を過ぎると月日が経つのが早いというのはホントのようです。老いは誰にも止められません。そんなどうでもいいことを思いながら、ご紹介させていただきます。

image2
▲タップでゴー!

まずは前作を遊んでいただきたいのですが、“そんな暇ねえよ!”という読者様のために、簡単な操作方法をご紹介させていただきます。
iPhoneに最適化した痛快爽快アクションゲームでして、タップした場所に向かって主人公の忍者がクルクル回転しながら飛んでいきます。
回転移動中に、下へスワイプすると“急降下”することができますが、基本的にはタップでクルクル進んでいけばオッケー。

image3
▲ロックオンでズバン!

ステージ上には、忍者の行く手を阻むドット絵の敵キャラたちが、今か今かと待ち構えております。敵キャラに近づくと、照準が現れ“ロックオン状態”になります。その状態で敵キャラをタップすると一気に間合いをつめ、敵キャラのHPが“0”になるまで、ズバズバと斬りまくります。この“クルクル移動してからのズバズバ斬り”が最高に気持ちイイんです。もちろん敵キャラに不用意に近づくと攻撃を受け、体力を示す“ハート”が減っていきます。全部無くなるとゲームオーバー。

image4
▲敵から敵へ綱渡り

敵キャラを空中で斬り刻んだ後、さらに近くの敵キャラがロックオン状態になっていると、そこから飛び込んでの“コンボ斬り!”。地に足をつけず次々と敵キャラを切り刻みながら、空中を進んでいく事が可能です。このコンボ斬りを利用した移動法を使えば、足場が“竹槍”だろうが、“マグマ”だろうがドンと来い状態です。

image5
▲あそこがまだ行ってない!

前作は、『スーパーマリオ』のような“ステージクリア型”だったんですが、今作は『ゼルダ』や『メトロイド』のような“ステージ探索型”になっております。
小さなステージが縦や横に繋がっておりまして、あちらこちらに移動し、天狗に攫われたお姫様を救い出しましょう。
方向音痴なユーザーに嬉しい“オートマッピング機能”が用意されておりますので、広いステージも安心です。

image6
▲この先には何が!?

時には暗い“ダンジョン”の中を進むないといけません。ダンジョンの要所要所には“扉”があり、開ける為には当然“鍵”が必要。ダンジョン内を駆け回り、まずは鍵を回収することが当面の目的となります。

image7
▲上へまいりまーす

とある部屋に入って奥まで進み、命からがらなんとか鍵をゲット!その喜びもつかの間、今度は来た道を戻らないといけません。帰り道には“この先に何があるのか?”というワクワク感が無いので、それが何度も続くと正直ツライ“作業”に感じてしまいます。探索型アクションゲームの“あるあるネタ”ですかね。筆者だけかもしれませんが。ともかく、そんなユーザーの心理をちゃんと理解しているのが、このゲームのスゴい所。苦労して鍵を手に入れた後は、別ルートでラクチンに元のコースに戻る事ができる設計になっております。例えば、“矢印マーク”。これに触ると、矢印の向きに高速で移動する事ができ、まるで未来のエスカレーターに乗っているかのように、あっという間に部屋の入り口まで僕たちを運んでくれます。

image8
▲あの矢印があの矢印に繋がって。。。

楽あれば苦あり。矢印を使った謎解きも用意されております。あちらこちらに向いている矢印から“ゴールへ導いてくれるルート”を見つけましょう。失敗すると、望んでいないのに部屋の入り口まで僕たちを運んでくれます。

image9
▲脳内に流れるのはもちろんあの時の効果音
image10
▲届かなかったあのハートが!

ダンジョンの内には、とても貴重なアイテムがひょっこり置いている場合があります。例えば、“しのびのわらじ”を手に入れると、“2段ジャンプ”が可能になります。今まで届かなかったあんな場所やこんな場所に届く様になり、探索エリアがググッと広がります。

image11
▲お墓のボス!
image12
▲お墓のボス!

さらに探索を進めていくとダンジョンの奥深くに、とってもキュートなボスキャラが! 周りのザコキャラの攻撃に気をつけながら、ヒット&ウェイでボスをめっちゃめっちゃに斬り刻んでやりましょう。

image13
▲かとんのじゅつ、ゲット!
image14
▲逆に罠かと疑うレベル

ボスを倒すと、ご褒美で“お宝”がいただけます。今回手に入れたのは“かとんのじゅつ”。火の玉を飛ばして敵を攻撃することが可能になるようです。使い方はもちろんそれだけではありません。
目の前にはろうそく。その先には鉄格子の扉。やることは一つ。

image15
▲楽しいショッピング

“ボスなんて倒せる自信がない”。そんなアクション苦手な方もご安心ください。敵キャラを倒した時に手に入る“小判”で、ハートの最大値を増やしたり、ハートを回復させるクスリを購入することが可能です。十分な準備をしてから、ダンジョンへ挑みましょう。

image16
▲“しのびのこて”を手に入れると可能

更に探索を進め、忍者っぽい“壁つかまり”のアクションを覚え、ひとまず満足したので、このアプリを開発した“Q-Cumber”さんにイロイロ聞いてみました。

Q1.今作には“ステージ探索”という要素が加わりましたが、このようなシステムにしたキッカケは?

前作『Ninja Striker!』をベースにしてもう一本ゲームをつくろうと思って、当初は“ハクスラ”(※モンスターとバトルし、プレイヤーを成長させることに重きを おいたシステム)っぽい要素を追加しようと思って作りかけたのですがどうもイマイチ面白そうな感じにならなかったので『メトロイド』や『ゼルダ』みたいな 探索要素を足してみることにしました。

Q2.前作の紹介記事から1年以上経過しておりますが、製作期間はどれぐらいでしょうか?

だいたい9ヶ月くらいかかってます。製作期間の大半がマップ作成にかかっています。
当初は3~4ヶ月くらいで作れるかと思っていたのですが、マップ作成のボリュームが思っていた以上に多く製作が長期化してしまいました。

Q3.製作中に“このシステムで大丈夫か?前作のファンが受け入れてくれるか?”などの、不安や葛藤はありましたか?

前作のシステムは一本道の面クリア型アクションゲームとして設計したものでしたので、探索型アクションだと移動が面倒くさいなどいくらか噛み合わせ が悪いところがあったのですが、“画面タッチしっぱなしでも移動できるようにする”などいろいろ工夫して最終的には何とかなったんじゃないかと思います。

Q4.ホントだ、画面を押し続けると進みますね。言われて気がつきました、確かに便利ですね!リリースした後のユーザーの反応はいかがでしょうか?

おかげさまで今のところ、好評を頂いています。
先日国内で開催された“INDIE STREAM AWARD”というインディーゲームのコンテストに出品して“審査員特別賞”を受賞し、高く評価していただきました。
また、海外でも“148Apps”や“TouchArcade”、“PocketGamer”などの有名どころのアプリレビューサイトで取り上げられ、☆4~4.5と軒並み高い評価をつけていただきました。

Q5.素晴らしいですね!では、海外でもウハウハですね!

海外の方はレビューサイトでの評価が高い割にびっくりするくらい売れてなくて、発売一ヶ月間の実績で日本:海外の比が10:1くらいになってしまっています。
処女作『Rogue Ninja』の時は発売1ヶ月間での日本:海外の比が1:5くらいで海外が大きかったので、この差はかなり大きいです。
ぶっちゃけコレと開発期間の長期化のダブルパンチが原因で思いっきり赤字に足を突っ込みそうな状態です!(笑)

Q6.確か前作も売上が寂しいというお話だった気が。。。売上アップのため、読者の皆様に“ココがウリだ!ココが好きだ!”というアピールをお願いします!

基本的には前作から受け継いだ“爽快アクション”が見どころです!
キャラクターでは後半に登場するボスのかっぱ戦車はビジュアル的にお気に入りです!

image20

あと、BGMも毎回自作していまして、今回は割といい曲が作れたと自分では思っているのですが今のところそこに触れられることほとんど無いのが微妙に残念なところです!(笑)

Q7.開発者さんお気に入り“かっぱ戦車”も含め、可愛いドット絵もこのシリーズの魅力の1つだと思うんですが、何かボツになったネタなどありますか?

“ハクスラ仕様”で考えていた頃にはプレイヤーキャラを複数から選べるようにすることを考えていて、その中に術攻撃が得意なタイプとして“巫女さん”のキャラを出そうとドット絵も作っていたのですが結局どこにも使いませんでした(笑)

image21

Q8.ボツにするにはもったいないレベル!今後の予定を教えて下さい!

現在のバージョンがiOS8で正常に動作しない問題がありましたので、iOS8への対応を含むいくつかの細かい修正をしたバージョンをリリース予定となっています。
次回作の予定ももちろんありますが、いくつかの案が上がっていてNinjaのものもあればNinjaじゃないものもあって次回作がどのようなものになるの かは今の自分にもわからないのですが、必ず面白いゲームに仕上げて皆様に楽しんでいただける内容にしたいと考えております!

Q9.次回作がでるまで、このアプリを遊び倒します!最後になにか一言、よろしくお願いします!

『Ninja Smasher!』は前作『Ninja Striker!』のアクションの爽快感に加えて探索する楽しみも加わり遊びごたえのあるゲームに仕上がっておりますので、ぜひごゆっくりお楽しみいただけたらと思います!
また、これからも面白いゲームを作っていきたいと思っておりますのでぜひ次回作以降にもご期待いただけたらと思います!

タップだけでこんなに爽快に遊べるアクションゲームは他に見た事がありません。このレベルのアプリが売れない市場は悲し過ぎます。
“俺、私はAndroidだから!”という読者様は、是非iPhoneな方々に教えてあげて欲しいですし、思いきってiPhoneに乗り換えてみてもいいかもしれません。
このゲームはやはり動いているところを見ていただきたいので、最後に公式動画を用意しておきます。
購入にあと“ヒトオシ”欲しい読者様は、こちらも合わせてご確認ください!

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

NINJA SMASHER!

メーカー
Q-Cumber
価格
400円[税込] 一部有料アイテムあり。
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS7.0以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧