1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ>
  4. 攻略>
  5. Gate Defenders>
  6. 『黒ウィズ』協力型イベント“Gate Defenders”の攻略セオリー

『黒ウィズ』協力型イベント“Gate Defenders”の攻略セオリー

2014-10-30 19:01 投稿

協力バトルで活躍するために抑えておきたいこと

コロプラが配信する『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』にて、期間限定で開催される協力型バトルイベント“Gate Defenders”。今回はこのイベントの基礎的な攻略情報をお届けする。

“Gate Defenders”の基本ルール

・最大5人の仲間と同じ問題に回答し、正解したプレイヤーが全員攻撃する。敵のHPをゼロにすると勝利。
・自分のターンではスペシャルスキルが使用できる。敵に直接ダメージを与えるスペシャルスキルのみ、味方がパネル選択をしているときにも使用可能。
・アンサースキルは自分のみに効果があり、スペシャルスキルは味方にも効果が及ぶものもある。
潜在能力のうち、パネルブーストはチームを作ったリーダーの精霊の分が反映され、効果は他のプレーヤーにも及ぶ。
・攻撃すると敵の気絶ゲージ(黄色いゲージ)が減少していき、ゲージがなくなると敵が数ターン行動不能となる。この間は与ダメージ量がアップする。気絶から回復すると気絶ゲージは最大まで戻る。
・回答までにかかった時間の合計が少ない順にプレーヤーの順位、クイックアンサーランキングが決まり、ポイントが与えられる。ポイントは参加ランクが高いほど多くなる。
・以下のプレイヤーにはボーナスポイントが与えられる。ただし、一定回数以上の回答やスキル使用が必要。

スピード:最速正解がもっとも多いプレーヤー
インテリ:単独正解(自分以外間違い)がもっとも多いプレーヤー
アタッカー:ダメージ量がもっとも多いプレーヤー
ヒーラー:回復および蘇生のスペシャルスキルをもっとも使ったプレーヤー
▲ボーナスポイントは“チーム正解率”も含まれる。獲得できるポイントは平均すると “勲章”よりも多いので、ボーナスを稼ぐためには、チーム正解率をあげるのがオススメだ。

“Gate Defenders”画面の見方

02

(1)参加プレイヤーと解答順:アイコン上の数字は解答までにかかった時間の合計。冠は金が1位、銀が2位、赤が3位であることを示す。
(2)敵パラメータ:左の数字は行動までのターン数、上の色アイコンは属性、緑のゲージは残りHP、黄色のゲージは気絶ゲージを示す。
(3)定型文リスト表示:このアイコンをタッチすると定型文メッセージのリストを表示する。リストのなかからメッセージを選んでタッチすると発言できる。

デッキの組み方の基本

デッキは単色が推奨。敵は1体だけだが、高い難度になるとHPが半分程度に減少した時点で属性が変化する。変化前と変化後のどちらにも弱点ではない属性の単色デッキを選ぶこと。

スキルに関しては、回復やパネル変換、シャッフルのほか、高い難度では遅延、属性軽減などがあると戦いやすい。
また、封印級まではアンサースキルの回復を1~2体程度に留めて攻撃力重視でデッキを組むのもいい。全員が正解を続ければ敵を一気に気絶に追い込み、そのまま撃破してしまうことができる。

tsuika01

▲攻撃力重視のデッキを組む場合は、正解を途切れさせないよう見破りのスキルを持つ精霊を入れておくのも有効となる。

“Gate Defenders”オススメ精霊

水[SS]舞い降りし姫君 チェルシー・ネリム

tsuika02
▲3000万DL記念クエストで入手可能(2014年10月29日午後3時59分まで)。水属性に進化させると回復と遅延を持つようになるので、高い難度にも対応できる。低めのステータスは覚醒とマナプラスで補強しよう。

ほかのオススメ精霊

雷[S]果てなく轟く リリグ・ミドゥ
“Gate Defenders”報酬精霊。龍族特攻と回復のスペシャルスキル保有し、HPを強化すれば封印級でも活躍可能

雷[SS]花調香の女神 フェルチ・リリー
全属性の参加者の精霊を完全回復するスペシャルスキルが強力

水[S]輝く結晶の舞姫 ティファ・テーナ
回復と見破りを持つ。手堅く活躍できる

水[SS]導かれし玉座 シャロン・イェルグ
回復のアンサースキルに加え、参加者全員の攻撃力を上げるスペシャルスキルを保有。敵気絶時に使えば効果は抜群だ!

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

メーカー
コロプラ
配信日
配信中
価格
アイテム課金制
対応機種
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 5.0 以降。※iPhone 4S 以上推奨 iPhone 5 用に最適化済み、Android2.3以降

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧