1. サイトTOP>
  2. 『サモンズボード』待望の社外コラボ第1弾は『ケロロ』であります!

『サモンズボード』待望の社外コラボ第1弾は『ケロロ』であります!

2014-10-29 12:15 投稿

▲『サモンズボード』のまとめサイトはこちら▲

ケロロ小隊が『サモンズボード』を侵略!?

10月某日、ファミ通App編集部に激震が走る。あの『サモンズボード』がついに社外作品とのコラボに乗り出したが、コラボ先はなんと『ケロロ』だと言うのだ。いったい何が起きているのか、荻原プロデューサーに真相を問いただした。

keroro-01
▲『サモンズボード』×『ケロロ』ってどういうこと!?

——『ケロロ』とのコラボに至った経緯を教えてください。

荻原P 元々、『サモンズボード』でコラボをやって欲しいという声は多かったんです。『ケリ姫スイーツ』などの社内作品とのコラボはこれまでにもあったんですが、そろそろ社外のコンテンツともコラボしたいと思いまして。それで、どんな作品とコラボして欲しいのか、ユーザーさんへアンケートを実施しました。

『ケロロ』に関してはスタッフに好きな者が居て候補に加えたのですが、アンケートの結果を見てみると、票数が意外にも多くて。親和性が高いと思っていたファンタジー調ではないのに、ここまで『ケロロ』好きなユーザーさんが多いのであれば、実現に向けて動いてみようと。

今回はフラッシュアニメ版とのコラボなので版権はサンライズさんなのですが、話をしてみると最初から前向きなお返事をいただけました。

keroro-04
▲荻原プロデューサーに取材に伺ったら、なぜかそこにはケロロの姿が……。

——ケロロたちが『サモンズボード』のモンスターになると聞いて、本当にびっくりしました。

荻原P どこの媒体でお話ししても、“本当に『ケロロ』とコラボするんですか!?”という半信半疑の返事をいただきます(笑)。インパクトが強すぎて、実際にどう落ち着くのか、見えないんでしょうね。ユーザーさんの期待に応えるべく気合いを入れています。

いまはコラボダンジョンを作っているのですが、背景やボードのデザインも今までにはないものになっています。ケロロたちは元からデフォルメされたキャラなので、『サモンズボード』に入ってもそんなに違和感はなかったですね。むしろ、コラボダンジョンでひとつのゲームのように見えてきました。『ケロンズボード』みたいな(笑)。

世界観に関してはツッコミもあるかもしれませんが、そもそもケロロたちは地球を侵略しにやって来るような宇宙人なので、『サモンズ』の世界を侵略していても問題ないと思っています。絵面的にもおもしろいですよね。ドラゴンが羽ばたいて、女神がピカピカしている横にケロロがいる(笑)。

“『ケロロ』とのコラボって世界観的に大丈夫なの?”というところから、“『ケロロ』いいじゃん!”という心境の変化をユーザーさんにも体験してもらいたいですね。異色のコラボかもしれませんが、いい意味でユーザーさんを裏切っていきたいです。

コラボキャラは公式描き起こしイラストで参戦

——資料を見る限り、大勢のキャラが登場するみたいですね。

荻原P ケロロ小隊はもちろん、ガルル小隊や夏美たちも登場します。今回は勢いに任せてキャラを作り過ぎちゃったんですよ(笑)。考えているうちは楽しいじゃないですか。いっぱい出た方が良いよね、アイツも出そう、この娘も出そうって……最終的には無理かもってところまで大量に詰め込んだので、進化後も含めると合計27体ですね。

keroro-02
▲登場キャラはケロン星人だけとは限らないようだ。

荻原P コラボキャラのイラストは公式描き起こしになっています。だから、本当の意味で本物のケロロたちが参戦するんです。もちろん、『サモンズ』らしさも欲しかったので、そこはユーザーさんが触れるバトル部分で出していこうと。『サモンズ』はイラストとは別に盤上のアイコンがあるので、こちらで『サモンズ』のテイストを守っていれば、ミスマッチにはならないと考えました。

keroro-03
▲夏美たちもアイコンでは可愛らしくSD化する。しかし、軍曹さんは変化がわからない(笑)。

——コラボダンジョンでドロップするキャラと、限定ガチャで手に入るキャラに分かれているんでしょうか?

荻原P ケロロ小隊と夏美たちはガチャで手に入ります。ガルル小隊はコラボダンジョンに敵として登場して、倒すとドロップする形です。

——能力は原作からインスピレーションを受けて決めたのでしょうか?

荻原P 原作はケロロが夢に出るんじゃないかってくらい読みましたよ(笑)。良さそうな場面にしこたま付せんを貼るところから始めました。リーダースキルに関してはセリフっぽい感じで、スキル名は技名っぽいところから付けています。サモンズの既存モンスターのスキルレベル上げもできるよう、原作由来ではないスキルもありますけどね。

——制作期間はどれくらいでしょうか。苦労した点があれば教えてください。

荻原P 話が出てからだと3~4ヵ月は経っていますね。苦労したのはやはりデザインでしょうか。スマホゲームとアニメでは、イラストの表現の仕方が違うため、描き起こしをお願いするにあたって、双方の特徴を生かして仕上げるための調整が大変でした。

あと、イラストだったり、背景だったり、アイコンだったり、どんどん仕様が増えるんですよ。最初はこうつくろうって思っているんですけど、いざできてくると、もっとこうした方がいいかなとか、こだわりが増えていくんです! スキルもそれぞれ用意していますからね。

例えば、夏美が進化すると原作にも登場したパワード夏美になるんですけど、あの破壊力を表現するには、ビームが1列じゃあ物足りないよね、もうメガ粒子砲くらいにしちゃう? じゃあ作る? みたいな案がドンドン出てくる(笑)。

 keroro-05
▲どんなコラボがはじまるのか、すべてはこのケロロ次第なのか?

裏話をすると、じつは社内の他タイトルに触発されたところもあるんです。あるコラボのクオリティがすごく高かったのですが、うちの開発チームがそれを見て、負けてられなくない? じゃあどこ足そうか? みたいな話になり、足した部分の監修を急遽お願いすることになって……バタバタしながらですが、よりおもしろいコラボにするために奮闘しました。

“コラボをしたときにキャラを大事にするコンテンツ”という評価は大事だと思っていますし、そもそもコラボじゃなくても『サモンズボード』のチームは本気でイベントを作っています。それにしても、今回はやり過ぎたくらいですね。つぎのコラボをするとき、クオリティどうしよう(笑)。

——今後の展開を教えてください。

荻原P まずは現在実施中のリツイートキャンペーンです。こちらでは原作の吉崎観音先生からいただいたサイン色紙を抽選でプレゼントしますので、皆さんも参加してみてください。

最後に初出し情報をドーンと掲載!

最後に、荻原プロデューサーの粋な計らいで、ケロロコラボのスクリーンショットと、本邦初公開となるケロロロボのステータス画面を公開できることに。通常の『サモンズボード』とはまったく印象が違うけど、こんな近未来的なステージで遊ぶのも楽しそうだ。コラボが始まるのが、待ち遠しい!

kero-0001
kero-0002
kero-0003
kero-0004

▲『サモンズボード』のまとめサイトはこちら▲

サモンズボード

ジャンル
ボードゲーム・RPG
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 5.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み。Android 2.3.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧