1. サイトTOP>
  2. アーケード版『ディズニー ツムツム』をさっそく遊んでみた

アーケード版『ディズニー ツムツム』をさっそく遊んでみた

2014-10-17 17:30 投稿

既報のとおり、『ディズニー ツムツム』がアーケードゲーム化されることが発表された。本日2014年10月17日から神奈川県横浜市にある、THE 3RD PLANET 港北ニュータウン店にてロケテストが行われているので、さっそくそのプレイリポートをお届け。

なお、今回のプレイリポートはあくまでロケテストのもの。ゲームの仕様やインターフェース、プレイ料金などは、ロケテスト中でも変更になる可能性が大きいので、その点はご了承ください。

[関連記事]
※『ディズニー ツムツム』がアーケードデビュー決定! ロケテストは今日から実施中

アーケードゲーム『ディズニー ツムツム』は、ふたつの画面のあいだにガチャガチャが組み込まれているほかに類を見ないタイプの筐体。このガチャガチャがアーケード版の最大の特徴とも言える。

2
▲これが『ディズニー ツムツム』の筐体。平日のお昼にも関わらず、女子高生や家族連れが思わず足を止めてプレイしていた。

ゲームを開始するとプレイの前に中央のガチャガチャからカプセルが排出。その中にツムがひとつ入っている。このツムを画面下の筐体に置くと、ガチャで排出されたツムがゲーム画面上に表示され、リーダーツムとして使用することが可能なのだ。

5
▲筐体中央部にガチャガチャが設置。お金を入れるとプレイする前に1体ツムがもらえる仕様に。
4
▲これがリアルツム。ストラップになっていて、これ単体だけでも欲しくなるクオリティ。

ちなみに最大5体までツムを置くことができ、その中からリーダーツムを選ぶことが可能になっている。

1
▲排出されたツムは筐体に置くことで、ゲームに認識される。

ゲームはスマートフォン版同様、タッチパネルで操作可能なのでスマホ版を遊んだことがある人であれば、何の違和感もなくプレイすることができる。

3
▲プレイはスマートフォン版と変わりなし。大きい画面でプレイするのは新鮮。

ゲームモードは現時点でシングルプレイ用に3種類用意。スマホ版と同じモードのほかに、スマホ版にはないギミックが入ったモードも用意されているという。ちなみに対戦モードも実装される予定ということで、ロケテストバージョンでも対戦を楽しむことができた。

対戦モードでは、ツムを消すと対戦相手側に消したツムが表示される仕様になっているほか、はてなマークを消すと相手の画面がモノクロになるといったギミックも実装されていた。

なお、シングルプレイであっても対戦モードであっても、ひとつの画面をふたりで囲んでワイワイプレイすることができ、スマートフォン版とは違った楽しみかたができたのが印象的。アーケード化されることで『ディズニー ツムツム』の世界がさらに広がりそう。

6
▲画面が大きいので、ひとつの画面をふたりで操作するなんてこともできるので、友だちといっしょにプレイできる。

10月18日、19日もロケテストが行われているとのことなので、ご近所の方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょう?

アーケード版『ディズニー ツムツム』ロケテスト開催日時と開催店舗

THE 3RD PLANET 港北ニュータウン店: 2014年10月17日~10月19日

※ロケテスト情報はこちら

権利表記:

(C)Disney (C)Disney/Pixar (C)Disney.Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A.Milne and E.H.Shepard.
(C)Konami Digital Entertainment

ディズニー ツムツム

メーカー
LINE
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧