1. サイトTOP>
  2. 『三国テンカトリガー』が出展! 横山光輝氏の故郷・神戸で開催された三国志祭を直撃リポート

『三国テンカトリガー』が出展! 横山光輝氏の故郷・神戸で開催された三国志祭を直撃リポート

2014-10-14 20:32 投稿

sangoku-000

三国志祭ってどんなイベント?

“三国志祭”とは、漫画『三国志』で有名な横山光輝氏の故郷・神戸市新長田で行われるイベントのこと。今年で8年目を迎えるイベントで、日本における三国志の世界を大事にしながら、本場中国の三国志も楽しんでもらうというものだ。神戸市には三国志の武将・関羽を祭った“関帝廟”や“南京町”などもある。今回は10月12日(日)と、10月13日(月・祝)の2日間にわたって開かれた。

sangoku-001
▲会場でまず目を引くのは、巨大な鉄人28号の像。足もとにいる人間と比較すると、その巨大さがわかるはず。
sangoku-002
▲会場は新長田駅前(南地区)の商店街全体。『三国テンカトリガー』を出展したガンホーのブースは、写真の“現在位置”付近にあった。
sangoku-003
▲こちらは三国志祭のパンフレット。残念ながら10月13日は台風のため途中で中止となったが、取材した12日は天候にも恵まれ、多くの人でにぎわっていた。

『三国テンカトリガー』のブースで行われたイベント

『三国テンカトリガー』のブースで行われていたのは、ゲーム紹介、クイズ大会、オリジナル”諸葛亮”を手に入れろ尻文字当てゲームという3つのイベント。合計30分ほどで、午前11時から午後5時まで、約1時間おきに行われていたぞ。

なかでもオリジナルクオカードをもらえるクイズ大会では、三国志通のマニアをはじめ、大人から子どもまで大勢の人で盛り上がっていた。とくに家族連れが目立ち、両親やおじいちゃんから答えを教えてもらい、自信たっぷりに答えている子どもの姿が微笑ましかった。

sangoku-004
▲クイズ大会では、初心者でもわかる簡単なものから、ちょっと難しいものまでさまざまなクイズが出題された。
sangoku-005
▲こちらは正解者に配られたオリジナルクオカード。筆者も欲しくて挙手していたのだが、最後までお姉さんに指名してもらえず……。

尻文字でかかれた暗号を当ててオリジナル諸葛亮をゲット

“諸葛亮”を手に入れろ尻文字当てゲームは、16桁のヒント数字のうち、前半8桁の数字を当てるというもの。軍師くんのお面をかぶった“テンカトリガールズ”が登場し、チャイナドレスのお尻を振って一文字ずつ数字を描く。これを会場の人たちが当てるのだ。

ヒント数字の7桁目までは、このレポートを読むとわかる。8桁目もヒントを書いておくので、ぜひ入力して“[祭]諸葛亮”を手に入れよう。なお、後半の8桁はすべて0となる。

また、ヒント数字が判明すると、その場でスマホからアクセスする人の姿も。目の前のイベントの結果がすぐにアプリに反映されるという、ライブ感を楽しめるイベントでもあった。

※注意1:ヒント数字の入力は下記URLで行える。“プレゼントのゲットはコチラ”をクリックすると、入力画面に移行。
http://3k.gungho.jp/member/info/articleinfo011_3kfestival.html

※注意2:ヒント数字の入力期限は、2014年10月20(月)午後11時59分までとなっている。

sangoku-006
▲テンカトリガールズがお尻を振って描いた数字は、“3594 464〇”。ヒントは“サンゴクシ ヨロシ○”もっとヒントを言うと、7より大きい数字で4桁目までに登場している。
sangoku-007
sangoku-008
▲テンカトリガールズの素顔も撮影。ふたりは笑顔で道行く人にオリジナルバッグを配っていた。
sangoku-09
▲これが三国志祭のために用意された“[祭]諸葛亮”。戦技や特技だけでなく、内政能力も優れた武将だ。

大人から子どもまで楽しめる三国志祭

ここからはガンホーブース以外の三国志祭の模様をお届けしよう。最初に全体的な感想を述べると、熱気ムンムンのゲーム関連イベントとは違い、家族や友だちとのんびり楽しめる良イベントだった。

商店街は広く開放的で、買い物や食事をしながらブースを回っている家族連れを多く目にしたぞ。一部のイベントやパレードでは混雑することもあったが、基本的に順番待ちすることもなく、人が多すぎてイベントが見えないということもなかった。来年以降も開催される予定なので、神戸市の観光ついでに訪れてみては?

sangoku-010
▲企業ブースには、ガンホーのほかにも数社のゲームメーカーが出展していた。写真は『三国志大戦』のセガブース。
sangoku-011
▲深夜番組『探偵!ナイトスクープ』で有名になった三国志マニアの少年と、龍谷大学教授によるクイズ対決も行われていた。
sangoku-012
こちらは横山版『三国志』をもとにした講談。紙芝居風にイラストを使った講談師の声に、多くの人が耳を傾けていた。
sangoku-013
▲個人的にイチ押しなのが、商店街にある“お茶の味萬”の店長さん。かなりの三国志マニアで、オリジナルキャラを使った商品を多数販売している。
sangoku-014
▲こちらは鉄人28号像がある若松公園で行われた武術大会。地元神戸市だけでなく、東京から参加している人もいたそうだ。
sangoku-015
▲京劇『三国志演義』のお面が飾られた壁。このほかにも曹操、孫堅、関羽、諸葛亮などの像が、いたるところにある。
sangoku-016
▲ほかにも絵を描いたり、彫像を作ったりするなど、さまざまな人を発見。写真は関羽の絵を描いていた小泉哲哉さん。ファミ通のファンらしい。
sangoku-017
sangoku-018
▲夕方には仮装した人や中国風の獅子舞などが、商店街をパレードした。よく見ると、おなじみのキャラクターも……(※註:本物ではありません)。

三国テンカトリガー

ジャンル
放置型王道三国志ゲーム
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iPhone/iPod touch/ iPad iOS6.0以降。Android OS 2.3.3以上(Android OS 4.0以降推奨)

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧