1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ディバインゲート零>
  4. 【ディバゲ研究室】祝『ディバゲ』1周年! キーマンに訊く”いままで”と”これから”(その2)

【ディバゲ研究室】祝『ディバゲ』1周年! キーマンに訊く”いままで”と”これから”(その2)

2014-10-08 20:13 投稿

▲『ディバインゲート』
最新情報&攻略情報まとめ

もっとも印象に残ったイベントは?

――皆さんの中で一番印象に残ったイベントや出来事を教えてください。

高野 先日行われたオフラインイベントが、いちばん印象に残っています。中でも再醒進化を発表したときの会場の反応がすごすぎて、思わず喋るのを止めたほうがいいかな、と考えたくらいでした。ゲーム内イベントだと、4コンクリアーという屈辱を残してしまったヴァルプルギス。新しい試みとして、敵ユニットでは初となるスキルを導入したノアも印象深い。それから……。

ミスター そ、そのくらいにしておいて! ほかの人がしゃべれなくなるから!

一同 (笑)。

平位 僕はコラボイベント第一弾の『シュタインズ・ゲート』コラボですかね。個人的にもすごく好きな作品だったので、楽しみながら作れました。ユーザーさんからも「原作好きな人が作っているに違いない!」と言ってもらえて、すごくうれしかったです。

古川 僕はニコ生出演ですね。ゲーム業界は長いのですが、ニコ生に出るのは初めてでしたので。ニコ生だと、ふだんは見えづらいユーザーさんの生の声をリアルタイムで見れるので、そういったところが印象深かったですね。

――今年5月のガンホーフェスティバルが古川さんの初登場でしたよね?

古川 あのときはすごく緊張してて、何を話したか正直よく覚えていないです(笑)。

――高野Dが「美少女が来る」って言うからテンション上がって待ってたのに、ふたをあけたら……(by室長)

平位 「おっさんかよ!」と(笑)。

――(笑)。ミスターはいかがでしたか?

ミスター みんなひどいよ! オフラインイベント、コラボ、ニコ生と、私が前に出て担当してること全部言っちゃうし! でもまあ、敢えて言うならば、2013年の東京ゲームショウで実現した”ミスター☆ディバイン単独インタビュー”ですね。

※ミスター☆ディバイン単独インタビューはこちら

――あの頃は若かった……(by室長)

ミスター インタビューを受けたのも初めてですし、室長になる前の室長と初対面した場でもあります。あれぞ“始まりの場所”と言っても過言ではない。まぁリツイート数は少なかったんですが(笑)。あとは室長との茶番劇も楽しかった。あるときから一向に連絡がなくなりましたけどね(チラッ)。

KO4_3784

――次いってみよう!(by室長)

――室長、そろそろ黙っててください。せっかく平位さんからコラボのお話も出ましたので、他の方も想い入れのあるコラボを教えていただけますか?

高野 僕は初音ミクコラボですね。戦闘中のSEをミクの声にしたり、クエスト中のBGMにオリジナルの曲を入れたりと、新しい試みにもたくさん挑戦したコラボでもあります。あとミクの恰好をしたキャラクターが登場したところも嬉しかった。

古川 被ってしまいますが、僕も初音ミクコラボですね。ユーザーさんからの反応がとくにすごかったSEやBGMの部分は、今後降臨ボスとかでも挑戦していきたいと思っています。あと、3日区切りのイベントが始まったのも初音ミクコラボからでしたつねにゲーム内に変化を起こすことで、ユーザーさんに絶えず新しい遊びを提供したいという狙いから行ったのですが、好評いただけているようでやってよかったと思いました。

ミスター 私の場合、ひとつに絞れません!! ただ、敢えて言わせてもらうとネッキーコラボでしょうか。室長との友情パワーももちろんですが、私の名を冠した“ミスター☆ディバインダンジョン”のゲリラボスとして登場したこともあり、いっそう思い出深いコラボになったなと。

高野Dによって初めて語られる”これまで”と”これから”のストーリー展開

――ストーリーの今後の流れを説明していただくにあたって、まずは現状のストーリーについて高野さんからご説明いただけますか?

高野 せっかくなので、扉の君登場直前までの流れからご説明します。まず主人公3人(アカネ、アオト、ミドリ)ですが、とある理由からノアによってアーサーが閉じたはずの”扉”まで案内されます。3人が扉にたどり着くと、ロキが刺客として送り込んだ戯曲シリーズが待ち受けていて、彼らは苦戦を強いられることになります。

竜王ノア

 609

悪戯王ロキ

240

――そこに現われたのがパブロフたちですね。

高野 はい。パブロフドロシーアリトンの加勢(?)により戯曲シリーズを退けたのですが、その直後にオズが呼び出した北欧神が、ボロボロの主人公たちのもとに現れます

炎才パブロフ

08_炎才パブロフ

道化嬢ドロシー

619

西魔王アリトン

BrSWdhYCUAEH-yi.jpg large

北欧神たち

BsQ6Pn0CEAAMiKP.jpg large

――なるほど。そして北欧神によって、パブロフたちが倒されてしまう、と。

高野 パブロフはスルトに破れ、ドロシーはヘズに破れ、アリトンはシグルズが訪れる前に姿を消します。ちなみにユカリ、ヒカリ、ギンジのもとにも北欧神が襲い掛かってきます。ヒカリをかばったティターニアはオーディンに破れ、ユカリをかばったヴァルプルギスもヘグニに破れます

妖精王ティターニア

501

魔女王ヴァルプルギス

499

――その間、北欧神を呼び出したオズはどうしているのでしょうか?

高野 彼らの戦いの裏で、神へ抗う塔に向かうノアとヴィヴィアンを邪魔するために現われたのがオズです。ただ、オズはこのふたりによって破られてしまいます。そんなオズのもとに現れたのがパイモンカナンですね。傷だらけのオズは、パイモンによって家族(トト、カカシ、レオン、ブリキ)が教団に囚われた姿、そして自分が呼び出したヘズによって、ドロシーが貫かれた姿を見せられます。その時、オズは北欧神を呼び出したことを後悔して、失意の底に陥ってしまいます。

南魔王パイモン

Bv4-9y9CIAIQjLL.jpg large

永久竜カナン

BwGfGHlCcAERhp3.jpg large

――オズはそのままダメになってしまったのでしょうか?

高野 いいえ。オズはノアの孫娘であるカナンからノアの考えを伝え聞き、改心をします。そして家族を守るため、自分の力と引き換えに北欧神の力をいま一度封印しました。精霊王の力を授かったこともありますが、主人公たちが北欧神に打ち勝つことができたのは、オズの力のおかげでもあります

――なるほど。ちなみに精霊王たちは、主人公と同化したのでしょうか?

高野 そういう認識で構いません。やられてしまいましたが、主人公たちといっしょにいる。主人公たちの再醒進化は、彼女たちの力を受け継いだイメージですね。

KO4_3835

――そして”扉の君”が出てくるわけですね。

高野 はい。オズの裏切りを受けて、ロキはアーサーが閉じたはずの聖なる入口を再び開くわけです。ただ、予定が狂ってしまったこともあり、不完全な状態の”扉の君”が現れます

扉の君

ByXjWAYCUAABRWi.jpg large

――そのとき、塔ではどのような戦いが行われていたのでしょうか?

高野 神に抗うため戦いに出たヴィヴィアンノアエビルアーサーと対峙し、ロキヤシロと戦闘を行います。その間に扉の君が完全体になってしまうのですが、遅れてやってきたクロノスグリュプスそして主人公4人(アカネ、アオト、ミドリ、ギンジ)によって、扉の君の封印に成功しました。

堕王エビルアーサー

697

神主狐ヤシロ

BvOuwB0CMAAKtff.jpg large

観測者クロノス

254

天上獣グリュプス

Bskn6qwCAAAO71n.jpg large

――ここまでのお話を伺うと、主人公たちは正義の味方のようにも見えるのですが、なぜ罪人になってしまうのでしょうか?

高野 それはロキの策略です。主人公たちは、この事件の戦犯に仕立て上げられ、罪を負わされることになるわけです。ですが、なぜかギンジだけは英雄として祭り上げられ、世界評議会に席を置いていますよね? この理由については、今後わかってきますよ。

無英斧士ギンジ

ph016

――戦闘に介入しなかったヒカリとユカリはどうなっているのでしょうか?

高野 ヒカリとユカリも、それぞれ天界と魔界で大切な人を失いながら、精霊王と力を合わせて北欧神を退けることに成功しています。そしてヒカリは本当に幸せな世界をつくるために動き出し、ユカリは大好きだった子の復讐のために戦争をはじめようとします

光妖精王ヒカリ

ph012

闇魔女王ユカリ

ph014

――今後はそのふたりが物語のキーになっていくわけですね。

高野 はい。聖なる入口は閉じられ、そして扉の君も封印されたのですが、今度はユカリとヒカリが世界を巻き込んだ戦争を開始するといった展開が待ち受けています。そこで“聖戦”という言葉が出てくるのですが、これは聖なる入口ではなく、今度は出口を求めた争いになります。入口と出口の本当の意味というのも、今後明らかにしたいと思っています。

――ちなみに、主人公6人はもともと友達なのでしょうか?

高野 彼らは昔から友人というわけではありません。第一形態から第三形態になる間に知り合っています。具体的には公開されていませんが、疾風棍士ミドリのプロフィールに少しだけ書いています。主人公たちが出会う話とか、それ以前の話とかも、どこかのタイミングで見せられればと思っています。

――なるほど。あと現段階では誰とも相関関係のないキャラクターもいますよね?

高野 『ディバゲ』のコンセプトは“大群像劇”ですので、誰ひとり欠けることはありませんし、いつかは誰かと関わることになります。冬に再醒進化を予定しているユニットがいるのですが、その人物も今後の物語に大きく関わっていきますよ

ミスター 冬といえば……クリスマス……ですな。

高野 まぁそのあたりで(笑)。あと気づいている方も多いようですが、季節イベントの限定ユニットのプロフィールには、ストーリーや重要人物のヒントが隠されていることがあります。フシミが登場したカーネーションの花園では、フォクスリウムがアリトンの話をしているとか。主人公やレアリティの高いユニットだけでなく、そうしたユニットのプロフィールもぜひ読んでいただきたいですね。

平位 バレンタインとホワイトデーイベントのときもそんなでしたよね?

高野 はい。そのときは属性ごとに主人公のことが語られています。本筋とは直接関係ありませんが、サブストーリーとして楽しんでもらえればと思います。

ミスター ねえ、イザヨイのプロフィールにあった少女って誰?

高野 それは言えません(笑)。名前も決まっているのですが、いまはまだ登場していないキャラクター程度で留めておきます。

ミスター じゃあ666学園の理事長は?

高野 それもまだ登場していませんね。言われる前に言っておきますが、教団のトップもまだ登場していませんよ。これはヒントも書いていないと思います。

ミスター すぐ分かればいいけど、平気で半年後とかに登場することもあるからなあ(笑)。

――高野さんの中では、エンディングまでの構想はすでにあるのでしょうか?

高野 もやっとしたものなら(笑)。もちろん大筋は考えていますが、『ディバゲ』はキャラクターどうしが絡み合うことでストーリーが進んでいくため、「このキャラにこんなキャラをぶつけたら何かが起こるかも!」って感じで新たなキャラクターが登場することもあります。そのため新キャラの登場に合わせて物語が広がっていくことも多々あるんです。正直、いい案が思いついた瞬間に平位に送りつけることもありますし(笑)。

平位 「こうなったらアツくね?」って感じで、よく送られてきますよ(笑)。

――『ディバゲ』におけるエンディング、つまり最終目標は”扉を閉じる”ことなのでしょうか?

高野 閉じるのか開くのか……そこもまだ明かせないですね。ただ、みんなが幸せになってくれればいいなとは思っています(笑)。

ミスター 今後ハッピーエンドに向かう感じなの?

高野 まだはっきりとはしていませんが、たとえハッピーエンドになったとしても、全員が幸せになることはまずないでしょうね。ハッピーエンドとバッドエンドは表裏一体なので、誰かが幸せになるということは、誰かが不幸になることを意味していますから。

KO4_3787
 <インタビュー最初の記事に戻る> <続きを読む>

 

ディバインゲート

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 5.0 以降、Android 2.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧