1. サイトTOP>
  2. 【秘蔵画像多数】『チェンクロ』最新情報やサプライズもあったアニメ試写会リポート

【秘蔵画像多数】『チェンクロ』最新情報やサプライズもあったアニメ試写会リポート

2014-10-04 21:51 投稿

アニメ原画などのメイキング風景も公開

スマホ、PSVitaで展開する大人気RPG『チェインクロニクル』。そんな本作のショートアニメを観られるファンミーティング試写ツアーが、大阪や名古屋などの5大都市で順次開催された。

そして2014年10月4日の本日、東京秋葉原のUDXシアターにて最終回が行なわれた。その東京公演の様子をリポートしよう。

01

プレイヤーの方に、ぜひ完成したショートアニメを見てもらいたいというスタッフ一同の意向で開催となった本イベント。MCの三浦麻美さんの進行の元、まずはチェインクロニクルサポート隊として、美声女の高橋美衣さん、辻美優さんが登場。

続いて今回のショートアニメの声を担当された声優の中から藤井ゆきよさん、三上枝織さん、柳田淳一さんがゲストとして登壇した。

セガネットワークスからはマーケティング担当兼ショートアニメのプロデューサーの川村弘幸さん、宣伝担当の西村健作さんが登場し、イベントが開始となった。

02
▲「ファンの皆さんとこうして触れ合えるのはゲーム関係ではなかなかないのですけれど、こうして一緒にショートアニメを観られるのは幸運だと思います。本日は楽しんでください」と川村さん。
03
04
▲ゲストの方が登壇し、各自挨拶を行った。

上映開始の前に、まずスクリーンに流れたのはメイキング映像。統括ディレクターの松永純さんや、脚本を担当された下村健さん、そしてアニメ監督のもりたけしさんらが、それぞれ想いを語った。

「元々の設定から掘り下げ、その奥にあるバックボーンを考えて作った」と下村さんは言う。

05
06
07
▲制作途中のラフ画も。現在も目下制作中とのこと。

メイキング映像が終わり、ついに本編が上映に。始まる前に、5秒前からカウントダウン。会場全員が元気に腕を振りかざし「チェンクロー!」の掛け声で上映が始まった。

本編は、一話5分のショートムービーだ。ここではネタバレになってしまうため内容は控えるが、シリアスあり、ユーモアありといった『チェンクロ』の世界観がギュッと詰まったものであった。

08
09

終了後はメイキング映像の後半が開始。さまざなオーダーをまとめて、それを的確に表現できる人だと、もりさんが監督に選ばれた理由や、アルカナ(カード)に描かれたキャラクターの、足や後姿など見えない部分をどう考えていくかなど、アニメ制作のさらなる裏側が語られた。

アニメを観た感想をゲストたちが問われ、

高橋「ゲームで大好きなキャラクターたちが動いていて本当にうれしかったです。皆さんの愛情がつまった作品なんだなと感じました」。

「ハルアキとヴェルナーが本当に好きで、バトルシーンがカッコよかったです。私得でした」。

藤井「キャラクターたちが生き生きしている試写を観させていただいて、スタッフさんたちの本気が感じられました。ユリアナカッコよかったですね!」。

柳田「まさかノーマルのナックルがすごく目立っていたので、そこに目がいっちゃいました」。

三上「スタッフさんがひとりひとりのキャラクターのバックボーンを作っていたので、それぞれにキャラクターの個性が出ているんだなと思いましたね。そんな作品に出られてうれしかったです」。

と、それぞれコメント。

10
11
▲光るナックル。このシーンでは会場中が笑ったものの、柳田さんいわく、本当は笑わせようとしていた場面ではないそうだ。

アニメの制作は現在もまだ引き続き行われており、今回の試写では本来4話まで上映予定だったのだが、3話までであった。

そこで、なんと4話の一部のイラスト、設定資料を特別公開。フィーナの持つ“クロニクル”や各キャラクターの所持している武器なども細かく再現されているとのこと。

途中、ヴェルナーのイラストが映し出されたときは、会場から黄色い声があがる場面もあった。

12
13
14
15
16
17
18

公開されているイラストを見て、声優陣は、ふだん声を充てているのは線画のため、こうした完成したものを見ると感慨深いものがあると、しみじみとしていた。

大サービスともいえるくらいのイラスト、設定資料が写し出されたあとは、続けざまにアニメのDVD化情報が発表された。

19
▲DVDの購入特典として、アニメ版のリンセのカードが手に入る。まだラフの状態ではあるものの、イラストも公開された。

ツアーでは、アニメ上映後にトークテーマを決めてゲストたちが語る。東京公演のトークテーマは“出演者・キャラクター”。

このお題を受け、“今回のアニメでは役に集中してもらうため、なるべく担当のキャラクターを少なくしようと声優さんを分けたこと”、それによって“アニメとゲームでは声優さんが異なること”が語られた。

大勢のキャラクターが登場する分、声優も多い本作では声の収録も大変だったようで、収録現場で座るイスが足りなかったというエピソードが柳田さんから飛び出した。

20

エキシビジョンで会場は大盛り上がり

トークが終わると、美声女のおふたりにもっとキャラクターのことを知ってもらうためのクイズや、柳田さんによる『チェンクロ』挑戦といったエキシビジョンが行われた。

まずは美声女の高橋さんと辻さんへのクイズ。ほかの会場で行ったクイズよりも難易度は高めだという。会場のオーディエンスの協力を受け、答えていく。

21
22
▲一問目は、アニメとゲームのリンセの武器の違い。答えとなる設定資料がスクリーンに映し出されても、すぐにはわかりにくいぐらい難しいものだった。
23
24
▲二問目は上映後の問題ということもあり、オーディエンスの正解率が高かった。
25
26
▲三問目は、アニメでのユリアナのセリフ。アニメ版のユリアナの声を担当された藤井さんが、実際に声に出して回答の候補を読み上げた。
27
▲ラストの問題は、主人公とフィーナの似顔絵対決。拍手の多かったほうが勝利となるこの問題は、ほぼ同じくらいの拍手を受け、両者引き分けとなった。

つぎなるエキシビジョンは、お題となった『チェンクロ』のクエストに柳田さんが挑戦し、『チェンクロ』のプロ、通称“チェンプロ”になってもらう“柳田チャレンジ”だ。

ツアーが始まる前は、ランク20くらいだったものの、ツアー中の1ヵ月のあいだでメキメキ成長し、ランクが20以上アップしたという柳田さんに課せられたのは、王都のクエスト“門番”クリア。敵の出現レベルが38のクエストだ。

見事挑戦クリアすれば、来場者全員がもらえる精霊石のシリアルカードがさらに一枚追加になるとのことで、現場は柳田さん応援ムードに。会場の「柳田チャレンジ!」の声で、クエストはスタートした。

28
▲使用するキャラクターは、すべて柳田さんが声を担当したキャラクターという縛り付きのプレイ。僧侶はいなくちゃダメだということで、同じ事務所の佐倉綾音さんが担当するメルヴィナを特別にパーティに入れるのを許可してもらっていた。

そして、スキル(必殺技)の発動時には生の声でセリフを発し、大サービス。会場は大いに盛り上がりを見せた。

29

最後には自分が声を担当していないメルヴィナのスキルのセリフもしゃべるなど、若干の余裕を見せてクエストをクリア。無事“チェンプロ”に認定されることとなった。

気になる最新情報も

続いて、ゲームの最新情報が公開。東京公演で公開されたのは、400万ダウンロードを突破した記念に行われる、400万ダウンロード記念フェスの情報だ。

これまでにないくらいの数の魅力的なキャラクターが登場し、入手できる確率がアップするのだそう。予告画像を観て、会場ではうれしそうな声がたくさんあがっていた。

30
31

サプライズゲストが登場

ここでMCの三浦さんから、「特別ゲストを招いている」と、アニメのオープニングとエンディングを歌うThe Sketchbookの3人を紹介。サプライズライブが行われた。

32
▲The Sketchbook。左から、多田宏さん、渡邊悠さん、小原莉子さん。オープニングの『REASON』を熱唱した。ちなみに、ドラムの渡邊さんは『チェンクロ』のランクが52なのだとか。
33
34
▲CDの初回限定には、キャラクターが手に入るシリアルコードもついてくる。

声優のサイン色紙も大盤振舞

ライブ後は、声優のサイン色紙が当たる抽選会を開催。抽選役は、ゲストの方々が行った。それぞれ自分の担当したキャラクターのセリフや自分の好きなセリフを言いながら抽選を行い、合計9名の来場者の方に色紙がプレゼントされた。

35
36

そしていよいよ、本イベントも終幕に。

高橋「盛りだくさんの内容ですごく楽しかったです。学校(高校)でもどんどん広めていきたいと思います」。

「皆さんありがとうございました。これからも『チェンクロファン』でいたいと思います」。

藤井「スタッフさんの熱い想いを見て感動しましたし、ゲームと同じでアニメもみんなの力を合わせて作っているのだなと思いました。皆さんの声があれば、もっともっといい展開になっていくと思います。今後ともよろしくお願いします」。

三上「今回初めて完成版を見たのですが、こんなに素晴らしいものになるんだと感動しました。『チェンクロ』はどんどん進化している作品で、それに関われたのがうれしいです」。

柳田「ありがたいことに5都市すべてまわったのですが、最後も盛り上がってくれたので、うれしかったですね」。

西村「無事にツアーもファイナルを迎えることができました。会場は抽選だったので、来られなかった人もいると思います。またみんなで楽しめるお祭りみたいなものを作っていきたいと思いますので、そのときは遊びに来てください。今後とも『チェンクロ』をよろしくお願いします」。

川村「昨年の7月からスマートフォン版がリリースされて1年以上経っているんですけれど、こうして皆さんに支持していただけて、ショートアニメ化や400万ダウンロードを達成できました。正直うれしいです。引き続きこれからも楽しんでもらえればと思います。本日は誠にありがとうございました」。

と、それぞれツアーに参加した喜びの感想を語り、盛況のうちに本イベントは終了となった。

37

本邦初公開のアニメ映像

最後まで記事を読んでくださった方に、ちょっとだけアニメの映像を公開! ゲーム本編のシナリオを思い出しながら、眺めてみてください。

38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
▲攻略&最新情報まとめはコチラ

チェインクロニクル

ジャンル
RPG
メーカー
セガ
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 5.0以降、Android 2.3.3以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧