1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンポーカー>
  4. デッキ相談室>
  5. 【ドラポ部】ノーペアうすいのデッキ相談室#7 竜族の巣窟 地竜・竜王級

【ドラポ部】ノーペアうすいのデッキ相談室#7 竜族の巣窟 地竜・竜王級

2014-09-24 18:27 投稿

竜族の巣窟 地竜・竜王級

第7回目の“ノーペアうすいのデッキ相談室”は、“竜族の巣窟”がテーマ。3種いるドラゴンのうち、地竜ガルドスの竜王級に向けたデッキを診断します。

☞これまでのデッキ相談室

お題

【想定ダンジョン】
竜族の巣窟 地竜・竜王級
⇒関連記事をチェックする

【弱点】
火・突・毒

相談者
名前:がらくた
ドラポ歴:2013.5~
課金:あり
総合戦闘力:113301

コメント:火枠は特効と吉祥天で固め、ノルンはAに移動してみました。2体目のマンモンが育ち次第、メイリンと入れ替えるつもりです。……ところで竜王級は必ず餓竜出現であってましたっけ?

こ、これは驚きました! がらくたさんのデッキはとても充実していて、僕がうなりあげるほど理想的でございます。しかし、ドラポでいちばんのゲーマーを自称するノーペアうすい、火力を集中する重要性をご教授させていただきます♪ ちなみに……竜王級は、地餓竜ガルドスが必ず出現いたします♥

うすいの目1
攻撃力を集中させよう!

親分:竜姫騎士ノエル
子分1:セイウチ伯爵
子分2:水騎士ミューズ
子分3:水騎士ミューズ
親分:竜姫騎士ノエル
子分1:セイウチ伯爵
子分2:セイウチ伯爵
子分3:水騎士ミューズ
地餓竜ガルドス防御力が非常に高いので、与ダメージ量を増やすことが必須です。攻撃力が最強クラスかつ特攻でもある竜姫騎士ノエルに、さらにダメージ量が増す子分を装備しましょう☆ アラジンの子分だったセイウチ伯爵水騎士ミューズの代わりに装備するのがオススメ♪

うすいの目2
火属性カードに子分を回す

親分:アラジン
子分1:セイウチ伯爵
子分2:水騎士ミューズ
子分3:水騎士ミューズ
親分:アラジン
子分1:水騎士ミューズ
子分2:水騎士ミューズ
子分3:水騎士ミューズ
防御のバフをしてくる地餓竜ガルドスを倒すには、強力な子分を上記で説明した火属性の突3回攻撃をする竜姫騎士ノエルに集めるのがベター!! アラジンは突3回攻撃ながら無属性であるため、子分の優先度を低くして水騎士ミューズでかためちゃいましょう♪

うすいの目3
竜王級クリア安定を目指すには?

親分:メルクリウス
子分1:イフリーナ
子分2:ペリドット
子分3:ペリドット
親分:メルクリウス
子分1:イフリーナ
子分2:ペリドット
子分3:オーディン
竜王級では役が揃わないなどの手役次第でピンチになりやすいので、子分を被ダメージ軽減があるオーディンに変更しました☆ さらにスキルW合体というSPカードがあれば、合体系のカードの発動を2回にでき、大ダメージを与える機会が倍になるので竜王級クリアがしやすくなりますよ♪

うすいもビックリ!
ナイスペアな親分&子分

親分:悪魔司書モニカ
子分1:ジーベック
子分2:ダイヤモンド
子分3:巨兵クロノス
スキルLV7の悪魔司書モニカは、子分枠にスキル威力15%アップのカードを1枚装備するだけで、素早さのバフが+2に増加! ダイヤモンドで素早さのバフを上昇させつつ、他の子分スキルで、すべてのパラメータが増加するスゴイ組み合わせ♥ このノーペアうすい、感無量でございます。

総評 ★★★★★

ついに★5がでましたね! 今回、最高評価となったポイントは3つ。全体のバランスがいいこと。Aカード子分枠のすべてに被ダメージ軽減を装備していること。親分に攻撃系の特攻のカードが充実していることです♪ 僕の引退がチラつくほど、スーパーグッドなデッキでございました☆


診断する必要は本当にあるのか!? と悩むほど、すばらしいデッキでございました。慎重に検討させていただいた結果……ついに!! ノーペアうすいのデッキ相談室、初の★5といたしました! おめでとうございます♪ 引き続き、トッププレイヤーとして駆け抜けてください。応援しています☆ これからも、みなさんによりデッキを組むおもしろさを伝えられるようにがんばります。引き続きよろしくお願いいたします♥

☞これまでのデッキ相談室

ノーペアうすい
Twitter:@no_pair_usui
アソビズムが配信する『ドラゴンポーカー』運営との太いパイプを持つと言われている人物。Twitterにてひたすら“ドラポ愛”を伝導する、検証好きないいアニキ。いちばん好きなキャラクターはハム・ハン。

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、Andoroid 2.3.3 以上(一部機種は未対応の可能性があります)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧