1. サイトTOP>
  2. 【TGS2014】『ドラゴンファング』の“トイディア”に会ってきた

【TGS2014】『ドラゴンファング』の“トイディア”に会ってきた

2014-09-19 16:40 投稿

ドラゴンファングが遊べるのは“3-C1-77”

7月の配信以来破竹の勢いでDL数を伸ばし、2ヵ月弱という短期間かつAndroid版のみで20万DLを突破したローグライクゲーム『ドラゴンファング』。東京ゲームショウ2014直前の9月17日には、待望のiOS版が配信開始となり、今後ますます勢いが加速することは確実だ。

そんな本作を引っさげて、インディーズゲームの道を究めようとする新星ゲームメーカー「トイディア」が東京ゲームショウ2014のインディーズゲームブースに参加。熱いスタッフを率いる社長の松田崇志氏(以下、松田)に、いまの心境と今後の展望についてうかがうことができた。

少しだけインタビューさせてもらいました

──まずはiOS版の配信、おめでとうございます。

松田 ありがとうございます! スタッフ一同、必死に力を尽くしたことで、なんとかゲームショウ開幕前の配信にこぎつけることができました。ただ、そのぶんAndroid版の対応に手が回りにくくなり、ユーザーの皆様にはご迷惑をかけてしまったかもしれません。この場を借りてお詫びします。

──iOS版のDL状況は、いかがですか。

松田 さすがにまだ配信2日目なので、詳しい数値はまるでわかりません(苦笑)。でもランキングを見る限りでは、思った以上に好調なようです。それにツイッターを始めとするSNSの感想を見ていると、iOS版を遊んでくださっているユーザー様から、とてもあたたかいお言葉をいただけているんですよ。これはとても励みになってます。

──Android版のユーザーからは、どんな意見が集まっていますか。

松田 Android版はiOS版に比べて、いわゆるコアな方々が多いんです。だから不具合報告以外にも、「作りこみが甘い」とか「まだまだローグとはいえない」などと、厳しいご意見をたくさんいただいてます。ただ何といいますか……その言葉には保護者のような、温かみを感じるんですね。「このゲームは俺&私が、しっかり監督しないとダメになる!」みたいな(笑)。

きっと度重なる延期にもガマンし続けて、それでもこの『ドラゴンファング』を待っていただいて、そのうえで遊んでいる方々なんだと思います。新ファングを追加するそばから極限まで強化するほどのやり込みのため、新機能追加をせっつかれてはいますが(苦笑)、本当にありがたいことだと思っています。

──その新機能ですが、今後の配信スケジュールはどうなっていますか。

松田 しばらくは現在のような、マイナーアップデートをくり返していくことになるかと思います。配信されたばかりのiOS版で、どんな問題が発生するかもわかりませんので。ただし大型アップデートとしては”多人数プレイ”の実装を考えています。

──それは興味深いです! どんな形式になるんでしょう。

松田 多人数とはいえ、まだそれが「協力プレイ」になるのか「対戦プレイ」になるのか、それとも自動で援護するような形式になるのか、我々ですら決めかねている段階です。ですが、たとえばフレンド機能などは、それこそ配信前から待ち望まれていたので、いずれは必ず実装しなければならないとは思っていました。iOS版を含めて状況が落ち着き次第、年内に実装させる方向で、現在スタッフ一同奮闘しています。加えてまったくの未定ですが、いずれは海外への展開も視野に入れています。

──楽しみに待つことにいたします。そういえば、スタッフは増員されたんでしょうか。Android配信前は、確か総勢6人と……。

松田 いえ、増えてません(苦笑)。同じメンバーのまま、Android版のユーザー対応をしつつ、iOS版も進めておりました。しかしiOS版の配信に合わせて公式HPをちょこっと変更し、トップメニューに「スタッフ募集」のボタンを付け加えさせていただきました。私たちと志を同じくし、ともに『ドラゴンファング』を作り続けてくださる方を、鋭意募集しています!

──まだまだ『ドラゴンファング』は進化していく、ということでしょうか。

松田 そのとおりです。『ドラゴンファング』を古来のローグライクゲームとして極めさせるか、それとも新要素をつぎ込んでまったく新たな楽しみを持たせるか、私たちとしてもその方向性を決めかねてはいますが、今のまま留まり続けることだけはありえない、と断言します。先ごろ私が大好きだったゲームが、サービス停止した影響もあるのかもしれません。DL数が増えたことで安心し、歩みを止めることのないよう肝に銘じております。

──そのためにも、まずは新しい人材、ですね。

松田 まったくです(苦笑)。実際、今回のインディーズゲームブース参加も手弁当でして。チラシについている東京ゲームショウ限定ファングのシリアルコードも、私を含め全員で手貼りしているんですよ。

──(チラシを確かめる)あっ、ホントだ(笑)。

松田 シリアルコードをチラシごとに変化させるだけで、とんでもない金額になると今回初めて知りました。いろいろな意味で我々の努力が詰まった限定ファング、どうか受け取りに東京ゲームショウのトイディアブースまでお越しください!

短時間とはいえ、熱意と新情報に満ちあふれた言葉に、あらためて『ドラゴンファング』の勢いを感じたひとときであった。ちなみに東京ゲームショウ限定ファングは、その名も”臨海マタンゴ”。これを手に入れるためにも、ぜひインディーズゲームブースにあるトイディアブースを目指していただきたい。熱意に満ちたスタッフと主人公ドランの立て看板、さらに運が良ければメイドさんやサキュバス姿のお姉さんと会えるかもしれない!?

ドラゴンファング〜竜者ドランと時の迷宮〜

ジャンル
本格ローグライクRPG
メーカー
トイディア
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5 に最適化されています。Android 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧