1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 白猫プロジェクト>
  4. 職業>
  5. 【白猫攻略】“ランサー”の特徴と立ち回りセオリー

【白猫攻略】“ランサー”の特徴と立ち回りセオリー

2014-09-11 15:33 投稿

スキルを活かした立ち回り

6種類の職業が存在する『白猫プロジェクト』。前回の剣士に引き続き、今回はランサーの特徴や立ち回りについて解説をしていく。

ランサーの特徴
・HPと防御力が高く倒されにくい
・動きが遅いため操作に慣れが必要
・縦方向に長い攻撃範囲が優秀

ランサーの強みは、その防御力の高さ。序盤のうちは、敵からの攻撃を受けても1ダメージで済むことが多いため、攻撃を連打しているだけサクサク進行できる。ただし、それは難易度の低いクエスト限定でのこと。難易度の高いクエストになってくると、敵からの攻撃も痛くなるので、しっかり回避行動をとる必要性が出てくる。動きが遅いので、早め早めの回避が大事。

▲ランサーの攻撃の間合いはそこそこ広いので、モンスターに密着せず中距離での立ち回りを意識すると戦いやすい。

ランサーの得意な敵
ハチ種

ランサーの苦手な敵
スパイダー種

ガイコツ種

アクーア種

 

ソロプレイでのランサーの立ち回り
・防御力が高いため通常進行役として安定
・SP管理をしっかり行う

HP・防御力が高いため、ダンジョン進行中の不意なモンスター出現やトラップ系のギミックに対して、被害を少なく済ませられる。しかし、道中からボス戦まで、苦手な敵以外は安定して進んでいけるランサーだが、手数が少ないためSPゲージが枯渇しやすい。通常コンボをメインに立ち回り、しっかりSPゲージを確保しながらダンジョンを進んでいこう。

▲ときには、ダメージの通らない苦手な敵相手にSPゲージを貯めることも必要。
協力バトルでのランサーの立ち回り
・敵のターゲットを取り味方に攻撃が行かないようにする
・基本的にボスモンスターを相手する
・むやみに動き回らない

ランサーの強さは、協力バトルでこそ真価を発揮する。ボス戦での基本的な動きは、ボスのターゲットを取るところから。ランサーは動きが遅いため、雑魚処理を行うより、その堅さを活かしてボスのタゲを取り、ほかのプレイヤー(とくに魔道士)に攻撃が行かないように行動しよう。その際、味方のいる位置とは逆方向をモンスターが向くように誘導できればベスト。

標的を引き付けたら回避行動を最優先に。被弾を少なくすることで、魔道士のヒール負担を減らせる。回避の際は、むやみに動き回ると敵もいっしょに動き回り、ほかのプレイヤーが戦いにくくなってりまうので、ローリングやスキル発動の無敵時間を利用して敵の攻撃を避け、無駄に敵を動かさないように心掛けたい。

▲敵のタゲ取りはランサーの基本。

ランサーオススメキャラ

☆4アンナ
スキル2が非常に高火力で有効な場面が多い。リーダースキルでランサーの攻撃力を上昇させられるため、ランサーの☆4キャラの中で頭ひとつ飛び出た火力を誇る。

☆3キャラ全般
☆3のキャラでも、強化を重ねていけばかなり堅くなる。限界突破も行いやすいため、主戦力として☆4キャラにひけをとらない。

▲ヴォルワーグ

白猫プロジェクト

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクションRPG
メーカーコロプラ
公式サイトhttp://colopl.co.jp/shironekoproject/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧