1. サイトTOP>
  2. 『DQM スーパーライト』Ver1.2.0の新パワーアップほか気になることまとめ

『DQM スーパーライト』Ver1.2.0の新パワーアップほか気になることまとめ

2014-08-27 18:05 投稿

注目の新システム“モンスター預り所”とは!?

2014年8月27日に『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』がバージョン1.2.0にアップデートされた。

[関連記事]
※【随時追記あり】『DQM スーパーライト』のニコ生“らいなま”第2回リポート 

昨日の8月26日に行われたニコ生“らいなま”で一部その仕様が公開されていたが、バージョン1.2.0になった本作。後述するパワーアップの仕様変更のお詫びと合わせ、計400ジェム、メタルキング10体、はぐれメタル10体、メタルスライム10体が配られた。

さて、まず注目したいのは新しくなったパワーアップだろう。今回はその第1弾として、“パワーアップを行った際、レベルは1に下がらずパワーアップを行った際のレベルのままになる”という仕様が実装されたとのこと。さっそくやってみることに。

レベルが現状で最大の80であるブルファング2体を用意。

引き継ぐとくぎを決めていよいよパワーアップ。

無事、結果はご覧の通り。パワーアップ時のレベル上限開放については、次回のアプデで予定されている。

なお、2014年8月14日(木)午後7時以前にパワーアップを行っているモンスターに対しては経験値が保障されるが、そのモンスターが転生して別のモンスターになってしまった場合は保障されないので注意。

牧場がいっぱいで困っていた人に朗報

モンスター牧場内のモンスターを預けられる“モンスター預かり所”が登場。 「モンスター」>「モンスター預かり所」よりモンスターを預けることができるようになった。

機能は写真をご覧の通り。牧場ほどいろいろできるわけではないが、お別れしたくない、気合伝授に使いたくない、あとで育てたいモンスターなどを収容するにはぴったりだ。

モンスター預かり所の収容数につい
100体のモンスターを預けられる。
ジェム500個を使用して、モンスター預かり所のモンスター上限数を50枠拡張できる。なお、モンスター預かり所の最大上限数は200枠

そのほかの気になった仕様変更

細かい点での仕様変更はいろいろとあるが、ゲーム内容自体に影響が出そうなものを紹介。

・「闘技場 リーグバトル」にて、リーグポイントが最大の場合の「成績報酬」を、勝敗にかかわらず「闘技場ふくびき券」1枚に変更

この仕様変更により、あえて上位リーグに行かず、勝率の安定しそうな下位リーグで闘技場ふくびき券を稼ぐ作戦が不可能に。6の階級と報酬に大きな差がなかったため、5の階級にとどまっていた人に影響が出そうだ。

・転生時、とくぎ転生時に最大4つのとくぎを習得できるように変更

もともととくぎをひとつしか持っていないモンスター(クラーゴンなど)は、転生やとくぎ転生しても最大3つまでしかとくぎを持てなかった。そうしたモンスターたちの活躍の幅が広がることは間違いないだろう。

・とくぎ「みなごろし」を使用した際、敵モンスターを攻撃をする確率が、味方モンスターを攻撃する確率に比べて高くなるように変更

正直、使いどころが難しかった「みなごろし」を見直す機会に。敵と自分のモンスターの数次第では、使えるようになるかも?

バージョン1.2.0の詳しいアップデート内容については、こちらの公式サイトの記事から確認できるぞ。

▲攻略まとめはこちら▲

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS6.0以降、Android OS4.0以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧