1. サイトTOP>
  2. 【先行プレイ】『LINE レヴァナントゲート』こんなにゲーマー向けで大丈夫かと心配になる本格っぷり

【先行プレイ】『LINE レヴァナントゲート』こんなにゲーマー向けで大丈夫かと心配になる本格っぷり

2014-08-27 13:00 投稿

先行プレイで判明したバトルのお役立ち情報をお届け!

『LINE レヴァナントゲート』は、LINE GAMEから2014年9月に配信される予定の本格3DアクションRPG。本作は、ボタン連打で敵をなぎ倒す爽快感よりも、敵を確実に撃破するためにいかに1体1の状況を作り出すかという戦略性に重きを置いた作り。後述するパリィやバックスタブといったテクニカルなアクションがあったり、“アシストキャラ”との連携が求められたりなど、これまでのLINE GAMEのタイトルとは一線を画すゲーマー向けの内容になっている。

現在事前登録受付中で、登録するともれなくガチャチケット(5回分)がもらえる。最大2500円相当の武器や盾など装備品が手に入るチャンスなので、事前登録をして配信に備えよう。

【事前登録はこちら】

そんな本作をシナリオ4まで先行プレイする機会を得たので、2回に分かり、その魅力を紹介していこう。今回はバトルについてお届けする。

▲本作のバトルはミッション形式になっており、拠点(アリアの砦)で謎多き王女アリアに話しかけると開始できる。拠点にはこのほかにも工房、闇市、武具屋、酒場など多くの施設がある。
▲メインストーリーとなるシナリオを進めると、イベントやスペシャルといった特殊なバトルもプレイ可能になる。酒場で依頼を受けると発生するクエストあるぞ。

基本アクションとふたつのテクニック

基本的なアクションは、移動を行うバーチャルパッド、攻撃するためのアクションボタン、敵の攻撃を防御するガードボタン、技を発動するためのスキルボタンの4つ。そこに、シナリオが進むに連れて、HPを回復するポーションボタンや仲間を呼び出すアシストボタンなどが追加されていく。

このほかにも覚えておくと便利なアクションがふたつ。このうち“パリィ(Parry)”は盾で敵の攻撃を受け流す技で、攻撃を受ける瞬間にガードすると発動する。発動するとダメージを受けずに反撃できるのが特徴だ。

▲タイミングがシビアだが、失敗してもガードや回避は発動するので、敵が攻撃してきたら必ずガードボタンをタップするクセをつけよう。

これに対し“バックスタブ(Back Stab)”は、敵を背後から攻撃すると発動する。発動すると大ダメージを与えることができるうえ、敵を吹き飛ばす大技だ。

▲敵がプレイヤーキャラクターに合わせて方向転換するため、背後をとるのは難しい。回避で背後に回り込んだり、回転する敵の動きを先読みしたりすると狙いやすい。

いずれもやや上級者向けだが、複数の敵を相手にする場合や強敵とのバトルでは必須のテクニックになる。とくに“パリィ” は非常に役に立つので、序盤の弱い敵を相手にくり返し練習してみよう。

武器によるアクションの変化について

アクションボタンやスキルで発動できる攻撃は、武器によって異なる。本作では剣、槍、斧という3系統の武器が登場するが、同じ系統の武器でも種類によってアクションが変化するのだ。また、武器の系統により固定の属性が付与されており、剣は雷、槍は氷、斧は炎となる。敵には弱点属性が設定されており、武器を切り替えることでバトルを有利に進められる。

ここではシナリオ4までのメイン武器となる戦士の剣、戦士の槍、戦士の斧(以下、戦士シリーズ)のアクションを解説しよう。

戦士の剣

一撃 二撃三撃
スキル:ハードスラッシュ

戦士の槍

一撃二撃三撃
スキル:ドリルラッシュ

戦士の斧

一撃二撃三撃
スキル:クエイクブロウ

本作では、写真のようにボタンを連続タップするだけで流れるような連続攻撃をくり出せる。しかし、攻撃後には硬直時間が設定されており、ただボタンを連打するだけでは手痛い反撃を受けることも。壁際でパリィを決めて、連続攻撃で一気に撃破するなど、状況を利用した戦略的な立ち回りが必要になるのだ。

 バトルを手助けしてくれるアシストキャラ

“アシストキャラ”はバトル中に一定時間参加して、プレイヤーキャラクターを手助けしてくれる存在。シナリオ3-5をクリアーすると設定でき、それ以前のバトルをやり直す際にも設定可能になる。先行プレイではNPCの“兵士ライラック”しか選べなかったが、こうしたNPCはシナリオ進行とともに増えていき、アシストタイムも伸び、バトル中の行動も徐々に賢く進化していく。また、配信後はLINEの友達のプレイヤーキャラクターも、“アシストキャラ”として選べるようだ。

“アシストキャラ”を呼び出すタイミングとしては、ボスと戦うときや、2体以上の強敵を同時に相手ときなどがオススメ。“アシストキャラ”を囮にして、敵の背後から“バックスタブ”やスキルを決めるといい。

▲シナリオ3-5クリアー後は、それ以前のシナリオでも“アシストキャラ”を設定可能。ふたりで協力して戦い、バトルのクリアー評価を高めよう。
▲“アシストキャラ”がボスの攻撃を引きつけているスキに背後に回り込めば、“バックスタブ”も狙いやすい。

次回はキャラクターの育成や冒険の拠点となる施設についてお届けするのぞ!

【事前登録はこちら】

LINE レヴァナントゲート

ジャンル
アクションRPG
メーカー
NHN PlayArt
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧