1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンポーカー>
  4. スペシャルダンジョン>
  5. 神速の拳聖>
  6. 【ドラポ部】“神速の拳聖”攻略とイベント限定モンスターまとめ

【ドラポ部】“神速の拳聖”攻略とイベント限定モンスターまとめ

2014-07-16 20:56 投稿

『ドラポ』の公式画集&攻略冊子
Art Work of DRAGON POKER
好評発売中
★Amazonでの購入はこちら!

かつてない難度

『ドラゴンポーカー』にて現在開催されている新スペシャルダンジョン“神速の拳聖”。直近の“魔術の神オーディン”復刻の難度をも超えそうな本イベントのポイントについて、ドラポ部部長が力いっぱい考えます。

[関連記事]
※『ドラゴンポーカー』第14弾スペシャルダンジョン“神速の拳聖”開催
※【ドラポ部】“神速の拳聖”竜王級 ノーコンティニュープレイ動画

イベント報酬

今回のイベント報酬は、ダンジョンクリアー時に獲得できる“功夫P”を貯めて交換できるブラックメダルとドラゴンメダル。これらと交換で、限定SS“チェン・シオン”や“専用武器”が手に入る。

▲難易度ごとのトレジャー報酬も含めると、今回のイベントで計33枚のブラックメダルと、計450枚のドラゴンメダルが獲得可能。

イベントモンスター

ダンジョン中に登場するSレアモンスターについては、ドラゴンメダルでの交換は不可。カード化にて入手する必要がある。

限定SS

チェン・シオン
必要枚数
ドラゴンメダル200枚
ブラックメダル10枚
コスト:30
種族:なし
スキル:神速拳
子分のチェン・シオン専用武器のスキルを使用する(スキルは子分1から優先)
子分スキル:神速の恩恵
親分がAの時、スキル威力10%UP、被ダメージ3%軽減(素早さが上昇する度、威力・軽減ともに3%増加)

専用武器で5つの攻撃属性を使い分けられる特殊なカード。原則、いずれかの武器を子分の1枠にセットして運用することになる。最大攻撃力は1500を超え、素早さ上昇中は2回攻撃になることから、特効アタッカーとして使えそう。子分スキルも素早さ依存ながら強力で、素早さ+5状態なら現状屈指の上昇値と言える。

専用武器

基本性能はどれも同じで、素早さ上昇中は攻撃が2回に。付加効果として、斬:毒、突:混乱、爪:麻痺、咬:怒り、打:封印の状態異常が狙える。コロシアムでも使っていけそうな性能。強化は不可(レベル60)。また、別の子分枠に斬スキルUPなどの武器の属性に対応した子分スキルをセットしても効果は発生しない。

限定S

師範代ガオウ
コスト:17
種族:なし
スキル:剛腕パンチ
敵に打属性のダメージを2回与え、確率で混乱状態にする
子分スキル:チェン・シオンスキルUP
チェン・シオンのスキル威力20%UP
範士リンリン
コスト:17
種族:なし
スキル:ポイズンナイフ
敵に斬属性のダメージを2回与え、確率で毒状態にする
子分スキル:チェン・シオン攻撃力UP
チェン・シオンのスキル発動時、追加で攻撃力を1段階上昇する
練士リー・フェイ
コスト:17
種族:なし
スキル:二節棍
敵に打属性のダメージを2回与え、確率で石化状態にする
子分スキル:チェン・シオン素早さUP
チェン・シオンのスキル発動時、追加で素早さを1段階上昇する

子分としての運用を考えるなら、無条件でスキル威力が20%UPするガオウが優秀。リンリンやリーの2枚積みも可能だが、パフォーマンスは高くない。

 

基本戦術

今回のボスであるチェン・シオンは、ターンを重ねるごとに自身の素早さを上昇させ、それに応じて攻撃回数が増加。また、迎撃スキルを使用してくることもある。バトルが長引くと形勢が厳しくなるため、速攻撃破を狙うか、回復や防御、アップ系やダウン系スキルで対抗したい。

▲弱点は火属性のほか、突と爪。状態異常は基本的に効かない。

竜級以下

特効スキルと合体スキルを中心に攻めれば力押しも可能。ただし、チェンの素早さ上昇後の連撃と解放奥義がキツいため、回復や防御スキルも使えると安定感が増す。

おもな特効スキル

▲豊富な火属性のアタッカー。

高ダメージと迎撃解除(+素早さダウン)が狙える新SS+のメイリンが強い。ほかにも、火属性には突と爪のアタッカーが充実しているため、水属性や森属性に無理してアタッカーを入れなくても火力は出せる。

神級・竜王級

神級以上では、ボス戦突入時にチェンが分身を使用。3体を同時に相手にすることになるため、攻略難度が格段に上がる。

▲分身は倒しても復活する。
▲道中の戦いも激しく、状態異常やダウン系の攻撃がキツい。

ポイントになるのは、前回のオーディン戦と同様、アップ系スキルでの事前強化。また、ボスが暗闇や封印も使用してくるため、状態異常回復や予防接種も加えたい。

アップ系スキル

▲上げにくい素早さを上げられる、ハム・ハン(右)や悪魔司書モニカ(中)が頼れる。複製型エル(左)は、攻防両アップが狙える優秀なアップ系スキル持ち。

攻撃と防御アップは、上記カードやドリアードの子分に攻防アップ効果を乗せるのが楽。また、一部超合体技にも優秀な攻防アップ効果があるため上げやすい。

そして、さらに考えたいのが、ボスへのダウン系スキル。

ダウン系スキル

▲マンモン(中)は、特効の突攻撃に加えて攻防ダウンが狙える。

オーディン竜王級でキーとなったノルン(左)は、今回も貴重な存在。とくにボス3体への同時ダウンの恩恵は非常に高く、被ダメージを大幅に軽減できる。また、ボスはターンを重ねるごとに攻防早が上昇していくため、その効果を打ち消せるレヴィアタン(右)のスキルも優秀。

 

ドラポ部部長、竜王級を逝く

前回のオーディン戦での経験があったため、今回の竜王級はある程度“覚悟”していた。

にもかかわらず、だ。

▲とりあえずの一杯、的な。予想通りの有り様である(笑)。

やっぱりか、と。お前もなのか、と。

いやだなー……、キツいなー……、週末育成かなー……、などという思いが頭をよぎる。

しかし、そんな折、フレンドを含めたフルメンバーでの竜王級挑戦に潜り込むチャンスが訪れた。こんな部長で、いいのですか……。

というわけで、長くなってきのでその模様は次回お届けいたします!

(ドラポ部部長)

▼更新しました!
※【ドラポ部】“神速の拳聖”竜王級 ノーコンティニュープレイ動画

『ドラポ』の公式画集&攻略冊子
Art Work of DRAGON POKER
好評発売中
★Amazonでの購入はこちら!

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、Andoroid 2.3.3 以上(一部機種は未対応の可能性があります)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧