モンスターストライク攻略まとめ

(C)mixi, Inc.

モンスターストライク【モンスト家】イベクエ攻略“闇夜のストレイキャット”バステト戦解説

モンスターストライクの攻略記事

【モンスト家】イベクエ攻略“闇夜のストレイキャット”バステト戦解説

2015-05-22 19:18 更新

太陽と神々の讃歌シリーズのラストを飾るのは、闇★5バステトがゲットできる“闇夜のストレイキャット”。セルケトやラー、アヌビス、オシリスの神化素材でもあり、自身も神化が可能。それだけ強いモンスターなので、気合いを入れて臨もう! 難易度“極”の解説はこちらからどうぞ。

※“闇夜のストレイキャット”究極の解説はこちら

⇒このクエストで手に入るモンスターの詳細はこちら

モンスト家ママの攻略ポイント

HPと攻撃力優先で編成
出現する敵は闇属性オンリー。ドクロナイトとバステトは、必中のホーミング攻撃をしてくるので、光属性が多いとダメージが蓄積しやすい。光属性を加える場合は、1体程度に留めておいた方が賢明だ。

サソリ退治にはやっぱりホーミング攻撃が効果的
サソリ対策として、ホーミング系の友情コンボを持つモンスターを最低1体、できれば2体入れておくと良い。ダメージリスクはあるが“神殺狼 フェンリル”がレベル50以上に育っている場合は、かなり役に立つはず。手持ちにいない場合は、ホーミング系攻撃を持つ助っ人を探して、必ず加えておこう。

アンチ重力バリア持ちは必須
ほとんどのステージで重力バリア付きの敵が出現する。アンチ重力バリア持ちがいないと、ショットの軌道がかなり制限されてしまうため、結果的にサソリの毒攻撃を多く受けることになり、ゲームオーバーになる危険性が出てくる。アンチ重力バリア持ちを1体加え、嫌なザコを1体ずつ確実に倒していこう。

妖精はNG “神キラー”持ちが有効
“バテスト”は“妖精キラー”のスキルを持っているので、妖精族は編成から外しておくのがベター。有効なスキルは“神キラー”なので、属性効果を考えると“神キラーL”持ちの“紀伊”がベストチョイス。他に“インフェルノドラゴン”や“死火神龍 ティアマト”水属性の“世界蛇 ヨルムンガンド”“ヴィオレット・ロア”でもOKだ。
“神キラー”持ちの役割は、ボスへの集中攻撃。特に光属性を編成に加えた場合は、ダメージかさむ前に速攻で倒すことが、勝利の秘訣となる。

⇒アンチ重力バリア一覧
⇒神キラー一覧

難易度”極”出現モンスター

ステージ進行順の出現モンスターの例は、以下の通り。配置やモンスターの属性など、攻略の参考にしよう。

※ステージの構成はランダムになるので注意してください。

▲モンスターストライク攻略まとめ”モンスト家”はこちら▲

ピックアップ 一覧を見る