1. サイトTOP>
  2. 『DQM スーパーライト』闘技場と耐性が劇的に変化 プロデューサーレター第7弾

『DQM スーパーライト』闘技場と耐性が劇的に変化 プロデューサーレター第7弾

2014-06-10 16:15 投稿

モンスターのバランスについても

『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』プロデューサー柴貴正氏が本作の今後の仕様などを語っていく“プロデューサーレター”の第7弾が公開。本レターでは、本格的な闘技場コンテンツについてと、モンスターバランスについて語られている。

[関連記事]
※マジすか? 『DQM スーパーライト』柴Pが語った衝撃の新展開に唖然 

いよいよ本格的なリーグバトルが始まる

次回のアップデートで、本格的なリーグバトルが闘技場に実装される。闘技場リーグバトルの概要は以下のようになるとのこと。

・プレイヤーの実力に応じた階級分け実装(まずは階級1~階級5まで開放予定)
・対戦方式は、リーグバトルライト同様、マニュアル対AI。
・コマンドは、ともだち対戦と同様にラウンドごとにモンスター全員に一括入力。
・モンスターのレベル、ランク制限は無し。同じモンスターはパーティ内に1体までとする。
例:スライムナイト(ランクD)は、パーティ内に1体までしか設定できない。※転生前と転生先のモンスターは別モンスター扱いとする。
・マッチングは同じ階級の相手から選択。
・勝敗に応じてリーグポイントを獲得。一定ポイントで昇格戦にチャレンジ可能。
・昇格戦では、階級ごとに決められた特別なチームと対戦。
・バトルのたびに“闘技場ふくびき券”が手に入り、闘技場専用のふくびきにチャレンジ可能。

▲闘技場専用ふくびきにしか登場しない限定モンスターも予定しているとのこと。どんなモンスターか気になりますなぁ。

モンスターのバランス調整実施

闘技場リーグバトル実装にともない、バトルバランスの調整が行われる。調整内容は以下の通り。

・斬撃系とくぎ(かえん斬り、かぶとわりなど)へのバイキルト効果適用を実施
これにより、ダメージ倍率上昇が重なってダメージ量が大きく増加するとのこと。

▲バイキルト効果により、斬撃系とくぎがこれまで以上の威力を発揮してくれそうだ。

・とくぎに定められている属性の単一化を実施
例:“らいじん斬り”はデイン属性/ギラ属性の複数属性だったところを、デイン属性のみに変更。これにより、キングレオ(デイン弱点、ギラ吸収)にらいじん斬りを使用した場合、現在は吸収されてしまうところを、アップデート後は弱点攻撃に変わるとのこと。

・耐性の種類が多く、難しい印象を与えていると思われるモンスターの耐性見直しを実施。見直し内容は以下のとおり

その1:属性耐性を整理
呪文耐性、ブレス耐性と2種類の耐性が存在する現在。これを分かりやすくするべく『ドラクエIX』と同様に属性の耐性を“呪文耐性”1つに集約するとのこと。例えば、“メラを半減”という耐性は、メラ系呪文、炎系ブレス、炎系斬撃を全て半減する耐性へと変更される。また、一部の現在使用されていない耐性および弱体化の耐性を削除するとのこと。

その2:一部のモンスターの転生時の耐性引き継ぎ、ならびにSランクモンスターの耐性を追加
一部モンスターの耐性が転生時に引き継がれていない部分を調整。ボストロール(ランクA)の“ねむり無効”は、トロルボンバー(ランクS)にも追加されるようになる。また、今後追加するSランクモンスターには、何かしらの特性を必ず持たせる仕様へ。この対応のため、現在特性を持たないSランクモンスターにも特性を追加するとのこと。

■残る耐性および削除される耐性一覧
【残る耐性】
・メラ
・ヒャド
・ギラ
・バギ
・イオ
・デイン
・ドルマ
・ザキ
・マヒ
・どく/もうどく
・ねむり
・こんらん
・マヌーサ
・マホトーン
・息封じ

【削除される耐性】
・炎ブレス
・吹雪ブレス
・フール
・ダウン
・マジックハック
・ルカニ
・ボミエ
・マインド
・マホトラ
・ベタン
・斬撃封じ
・体技封じ
・踊り封じ
・ダメージダウン

上記仕様変更については、2014年6月下旬~7月中旬頃実装予定とのこと。より細かい内容については下記リンク先にてチェックしてもらえたらと思う。

※プロデューサーレター第7弾へのリンクはこちら

▲攻略まとめはこちら▲

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS6.0以降、Android OS4.0以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧