1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ポケットキングダム>
  4. レビュー>
  5. 【注目レビュー】かわいい勇者の待遇に思わず涙!『ポケットキングダム』に激ハマり

【注目レビュー】かわいい勇者の待遇に思わず涙!『ポケットキングダム』に激ハマり

2014-05-16 11:00 投稿

[関連記事]
【新作】ドットで描かれた世界『ポケットキングダム』でダンジョン探索&国復興に励まないか?

悪徳商法まがいな王国復興事業の明日は……?

日本人の感性に合わせた独自進化を遂げたことから、“JRPG(Japanese RPG)”とも呼ばれる国産RPG。その特徴のひとつといえるのが、職人芸の域にまで達したドットグラフィックであり、どことなく味のあるドット絵好きなユーザーは……筆者以外にも多いハズ。

そんなドット絵をこよなく愛するファミコン世代にこそオススメなのが、温故知新な感じでドット絵を大幅にアレンジ&進化させた放置型の開拓ゲーム『ポケットキングダム』だ。

ちなみに“放置型ゲーム”とは、“行動コマンドの待機中に放置するゲーム”を語源としたゲームジャンルの総称。ちょっとした休憩時間から手軽に楽しめるので、かわいいドット絵に「ビビッと来た!」なら、レビューを読み飛ばして即ダウンロードしてもらいたい。

▲レッドドラゴン率いる魔物の強襲を受け、退廃してしまった遙か彼方の王国。ツンツンしたお姫さまから勅命を受けたプレイヤーは、“勇者”たちを集めて王国復興をめざすのだが……。

勇者を眺めるだけでニヤニヤの開拓パート

荒廃した王国を立て直す方策として、うわさを聞きつけて訪れた勇者を空き屋に住まわせ、王国に形成された“地下ダンジョン”の攻略を思い立ったお姫さま。まず、復興の第一歩としてプレイヤーがすべきことは、勇者たちをダマし……もとい誘致して集め、地下ダンジョン攻略を斡旋し、王国の復興資金を得ること。こうして得た資金を元手に、地下ダンジョンの調査を進めつつ、森を開墾して街を発展させることで王国を復興していく。

▲国営の空き屋で家賃を請求され、ダンジョンで獲得した財宝から税金(?)を徴収される勇者たち。ちょっと腹黒い感じのお姫さまと家来にこき使われても、けなげに働いてくれます。
▲勇者たちのがんばりで集めた資金は、ダンジョン階層や空き屋の追加にして還元。階層が深くなるほどゴールドも稼げるので、序盤は内政重視でガンガン掘り進めていくのがオススメだ。

とまあ、ここまではおなじみのシステムとなるワケだけど、“ちびかわドットRPG”とある通り集めた勇者たちは、レベルや装備でステータスを強化できる。このRPG要素こそが本作のおもしろいところで、お金で簡単に雇えるノーマルの勇者でも、装備次第でダンジョン攻略に貢献。ダンジョン階層との属性相性やメンバー編成によって、討伐時間や報酬金額が変化するため、攻略メンバーの組み合わせには頭を悩ませていること請け合い。

▲勇者の理想となる“運命のダンジョン”に斡旋すれば、討伐後の報酬金額が最大2倍までアップ! 討伐時間に影響する“属性値”は、専用装備のセット効果などで底上げ強化できる。

さらにレアや超レアの勇者や装備などは、課金しなくても対応した“クエスト(後述)”の報酬で実用レベルを入手可能。ダンジョン階層ごとに3人+専用装備があるため、いつのまにかコレクション集めに熱中して……肝心なクエストの進行が遅れてしまったほどだ。

▲モンスターを攻撃することにより、ダンジョン階層ごとに特定の宝箱(装備)や杖(勇者)が出現。そこそこレア(銀)は出やすく、上位互換の超レア(金)が若干出づらい印象だった。

レア勇者&装備のゲットをめざす冒険パート

本作でいちばんの醍醐味となるのが、開拓パートで鍛え上げた選抜メンバーで挑む城外のクエスト攻略。こちらはコマンドRPGっぽい感じのアクティブタイムバトル形式となっていて、選抜したメンバーでモンスター討伐に挑んでいく。

バトル中の基本行動は、戦士・魔法士・僧侶といった職業ごとに自動行動となっており、クエストによって出撃人数が変化。最大9人で挑むクエストもあって、ひとりだけ他プレイヤーの助っ人を連れて行ける。

▲パーティーのリーダーは、ダメージ総受けな盾役なので“防御力”と“HP”重視が基本。回復役の僧侶については、一切攻撃しないので……おまかせ編成→人数を減らすのがオススメだ。

とはいえ、完全オートの単純なパワー勝負ではなく、それぞれ勇者が持つ固有スキルを任意で発動可能。このスキルこそ勝敗を分けるポイントで、どんな組み合わせと順番で仕込むかはプレイヤー次第となる。

ただし、表示された制限時間を過ぎると、ボスモンスターが“凶暴化”して、スキルを無効化されてしまうので注意。スキル発動に必要な“マナ”はランダムで出現するため、「温存して使えなかった……」なんてことにもなりかねない。

とりあえず、プレイ序盤であれば“魔法士を多め+MP回復系スキル”の組み合わせが断然オススメ。あらかじめ僧侶のスキルをチェックして、必ずパーティーへ入れておきたい。

▲ボスモンスターも固有スキルを使ってくるため、スキル発動のタイミングが重要。職業別に並んだスキルの使用順番は、パーティー編成の画面で勇者の並び順を入れ替えれば変更できる。

自分にあったプレイスタイルで楽しめる究極系

プレイ序盤こそ「ただのキャラゲーかな?」なんて思いもしたけど……、開拓パートのロジックが分かってから俄然おもしろくなった本作。なかでも勇者の育成システムが個人的にお気に入りで、つぎつぎと増えるレア勇者の人数に思わずうれしい悲鳴が出てしまったほど。

しかも、高ステータスのレア勇者であれば、貯め込んだ資金に物を言わせて雇い入れることだって可能。ぶっちゃけ課金なしでプレイしていても、ほとんど不満を感じなかった。

さらに50階層に及ぶダンジョンやクエスト攻略、勇者たちのコレクション集めと、ゲーマー垂涎のやり込み要素が満載な点も好印象。コツコツと王国復興にはげむもよし、バリバリとクエストを進めるもよしと、自分のプレイスタイルに合わせて気長に楽しめそうだ。

▲それなりに資金力も必要だけど、ある程度まで進めたら“酒場”に現れる★×4~5の勇者がねらい目。行動ポイントのスタミナもフレンドで増やせるため、回復時間も気にならない。

[関連記事]
【新作】ドットで描かれた世界『ポケットキングダム』でダンジョン探索&国復興に励まないか?

ポケットキングダム

ジャンル
RPG
メーカー
ジーピー・モバイル
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 4.3 以降、iPhone、iPad および iPod touch 対応、 iPhone 5 用に最適化済み。Android要件2.3 以上。

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧