1. サイトTOP>
  2. 【夕刊】洋画は日本語吹き替え派

【夕刊】洋画は日本語吹き替え派

2014-04-23 22:35 投稿

【担当者のヒトコト】

昨日の夜、テレビをポケーッとつけていたら『スターシップトゥルーパーズ3』が放映されていたので、何となく見ていました。第一作目の『スターシップトゥルーパーズ』は昔ビデオを借りて見たことがあったので、うろ覚えですが内容を覚えています。今になって改めてみるとコテコテのSFで、でも当時としてはすごい迫力だったんだなぁと感じるばかりです。

昨日はテレビだったので、字幕と吹替えを切り替えたりはしませんでしたが、普段僕が映画を見る時はもっぱら”日本語吹き替え”派です。「やっぱり演じている俳優さんの生の声で見たい!」という意見もあると思いますが、それと比較しても譲れないのが、”視線を下に持っていかれる感じ”なんです。

たぶん見ているときにはそんなに意識していないと思いますが、字幕が画面下部に表示されることによって画面全体を見る余裕が無くなっている気がします。何度も念を押すようですが、”気のせい”かもしれません。でも、僕はモヤモヤとした気持ちで見るよりも、スッキリ”日本語吹き替え”で見る方が映画を楽しめています。(ターザン馬場園)

【今日の話題の記事トップ3】
※ 今日公開の記事のツイート数上位を記事作成時点で集計

1位.【ディバゲ研究室】新クエスト&新ユニットも追加された『フェアリーテイル』コラボが本日より
本日(4月23日)より、大人気コミック『フェアリーテイル』とのコラボレーションが期間限定で復活中。
2位.【新作】『テイルズ オブ』シリーズ2作品が同時配信 どちらも完全新作ストーリー
バンダイナムコゲームスから、iPhone向けRPG『テイルズ オブ アスタリア』、Android向けRPG『テイルズ オブ リンク』の配信がスタート。
3位.伊藤賢治をはじめ豪華作曲家が集結した『聖剣伝説 RISE of MANA』のサントラが発売!
スクウェア・エニックスが、iPhoneで配信中の『聖剣伝説RISE of MANA』の楽曲を収録した『聖剣伝説RISE of MANAオリジナルサウンドトラック』が2014年4月23日に発売された。

1位は『ディバインゲート』大人気コミック『フェアリーテイル』とのコラボレーションが期間限定で復活中です。『ディバインゲート』はこれまでも『進撃の巨人』などのコミックとのコラボもあり、毎回「まさかこのキャラが出てくるとは!」と驚かされます。

2位は『テイルズ オブ』シリーズ二作。やはり人気シリーズは強い! なつかしいキャラクターを使っていると、原作の方ももう一度プレイしたくなってしまいますね。

3位は『聖剣伝説RISE of MANA』。伊藤賢治氏をはじめとした豪華作曲家が楽曲を手がけているサウンドトラック。まさに耳でも楽しめる贅沢なサウンドトラックです。初回生産限定版にはアイテムもついてますよ!

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧