1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『スライムの星』全米が泣くかもしれないスライム出世物語

【個人開発ゲームを斬る】『スライムの星』全米が泣くかもしれないスライム出世物語

2014-04-14 08:30 投稿

放置型育成ゲーム

人生のどん底状態で、とある大企業に就職し、閃きと努力と人柄で周りを巻き込み、つぎつぎと成功を収め、出世していき、“人生ってすばらしい!”というテーマの映画やドラマは、たくさん存在し、人気があるジャンルです。
見終わった後、スカッとしますからね。

今回紹介させていただくアプリも、そういうテイストです。
物語の主人公はスライムですけどね。

▲経験により優遇
▲スライムですがなにか?

人間界と魔界が勢力を二分する世界。
現状を打破すべく、魔界の魔王は全魔物に向け、“幹部候補”募集の通達を送ります。

その檄文に素早く応えたのが、魔界最弱のスライム。
魔王は一抹の不安を抱えながら、スライムの成長を見守ることに。

▲ぼく勇者!
▲体当たり!

早速、勇者とのバトル!
いくら最弱とはいえ、合コン好きな勇者には負けたくない!
そんな思いを胸に秘め、スライムは勇者に3度体当たりをくらわせます。

▲チカラを溜めて
▲押しつぶす!

体当たりで勇者の体力を削った後は、いよいよトドメ。
スライムが“拡大縮小”をくり返しますので、いちばん小さくなったタイミングで、ジャンプ!
“スライムの小ささ”が、勇者に与える“ダメージの大きさ”となります。
見事倒すと、“お金”と“カリスマ”をゲット!

もっと強く

▲みんなのチカラをオラに!
▲あら、やだ、かわいい

合コン好きでも勇者になれる“国民総勇者”の時代。
つぎからつぎへと勇者は現れます。

スライムも強くならないといけません。

時間が経つと“ぷちスライム”が、ワラワラと湧いてきますので、スワイプで吸収し、“スライムの重さ=攻撃力”をあげましょう。
重さがある一定の値を超えると、スガタカタチが変化します。

▲ダメージ200%!
▲負けちゃった

ぷちスライムを吸収し、体重=攻撃力をあげ、勇者をつぎつぎと撃破。
ジャンプ攻撃の際に、タイミングがバッチリあうと200%のチカラで、勇者にダメージを与えることができます。
200%フィニッシュで勝利するとボーナスとして、得られるお金とカリスマが増加。
カリスマをスライムに与え、ぷちスライムの集まる時間を早めたり、1画面に表示されるぷちスライムの量を増やしたり、スライムの成長を促進させることができます。
負けてしまうと、吸収したぷちスライムが逃げてしまい、“体重が減る=攻撃力ダウン”となります。

成長させていくと

▲火の勇者
▲木水火

スライムを成長させていくと、火の勇者、水の勇者という、RPGの定番“属性”がついた勇者が登場するようになります。
どの属性がどの属性に対して優位なのかなどは、もう皆さんご存じだと思いますので、今回は省略。

属性関係を有利に進めるために、ぷちスライムを集める場所をかえ、スライムの属性も臨機応変に対応させましょう。

▲あっあっ
▲フアフア

つぎつぎと姿を変えるスライム。
進化するときのコメントが、笑えたり、妄想を激しく膨らませると、エロかったりします。

▲出世街道
▲目指せコンプリート

ぷちスライムを吸収し、勇者を倒し続けると、魔王に対するスライムの評価があがり、伝説の勇者を倒すと物語は一旦フィナーレを迎えます。
が、スライムのすべての進化系をコンプリートしたり、勇者に連戦連勝するなどの実績要素も盛りだくさんなので、まだまだスライムの物語は終わりそうにありません。

ぷちスライムが湧いてくるまでのあいだを利用して、開発した“Come-Come Cat”のプログラマさんにイロイロ聞いてみました。

Q1.『スライムの星』を作ろうとおもったキッカケは?

“一度シンプルなゲームを作ってみよう”と思ったことがきっかけです。
私たち“Come-Come Cat”は、いつも1アプリの開発に3ヶ月程度かけています。
“納得するまで時間をかける”と言えば聞こえはいいのですが、そのあいだに私たちの存在が忘れられてしまい……。
なかなか過去のアプリからユーザを誘導できていませんでした。
そこで、とにかくシンプルなゲームを素早く作り、忘れられない内にリリースしようということになりました。
ジャンルは手慣れた放置ゲー。
スライムを題材にした理由は、“思いつき”です(毎度のことですが)。

Q2.なるほど。スピード重視ですね! で、今回の制作期間はどれぐらいですか?

はい。だいたい6ヵ月くらいですかね。

Q3.逆に延びてる! どうしてそんなに時間が掛かったのですか?

ほかの仕事と並行して作業していたので、実質3ヵ月程度だとは思います。
どちらにせよ、“シンプルなゲームを素早く”という目論見は脆くも崩れ去りましたが……。
いちばんの理由は、スケジュール管理の甘さですね。
最初こそ「一ヵ月で作る」と決めて作業していましたが、なんやかんやでグダグダになってしまいました。
そのうえで「どうせだからもっとこだわろう」「ここの仕様はちょっと変えよう」などとやっているうちに、どんどん時間が過ぎてしまいました。
また、今回グラフィックは極力内製するように心掛けたのですが(※これまではフリー素材を使用)、企画兼グラフィック担当がなかなかやる気を出さず……。
「難しい……もうドットは打ちたくない」という担当を励まし、慰め、遅延を出しながらもスライムと勇者の絵をがんばって描いてもらいました。

Q4.企画兼グラフィック担当さんがんばって! そんな『スライムの星』のセールスポイントは?

ゲームのボリュームは前作『再建!ボロボロ神社』に比べると少ないのですが、“Come-Come Catならでは”といっていただけるような要素は詰め込んだつもりです。
とくにナビキャラの“マオウ様”は、主人公以上に愛していただけるようなキャラ作りを心掛けました。
また、スライムが進化する際に個別のセリフがあるのですが、内容に関してかなり揉めました。
けっきょく「変身ってのは戸惑いと快感なの! アニメの変身モノだって、女の子はみんな恍惚の表情してるでしょ!」という企画兼グラフィック担当の意見が通り、いまの形になりました。

Q5.企画兼グラフィック担当さんステキ! リリースしたばかりですが反響などあれば。

今回はじめて、Twitterでのつぶやきにご褒美(ぷちスライムが集まる)をつけてみました。
思った以上に効果は大きく、たくさんの方々につぶやいていただいています。
また、さきほど触れた“進化時のセリフ”が少し不安だったのですが、意外と好意的に受け取られていて安心しました。

Q6.企画兼グラフィック担当さんご満悦! 最後に何かひとことお願いします!

次回作はちょっと大きめのタイトルを考えています。
さらにやりこみ要素満点で皆さんにお届けしたいと思っておりますので、これからもCome-Come Catをよろしくお願いします!

ゆるい感じで飽きずに最後まで遊ばせる、秀逸なドット絵放置ゲームをリリースし続ける、“Come-Come Cat”さん。
次回のリリースは大作ということで何ヵ月後になるかわかりませんが、リリース情報を見逃さないようにTwitterアカウントをいますぐフォロー!

Twitterアカウント:@ComeCome_Info

[関連記事]
【個人開発ゲームを斬る】『再建!ボロボロ神社』神のレシピを集める放置経営シミュレーション
【個人開発ゲームを斬る】『王国の道具屋さん』iPhoneで大人気のドット絵経営SLGがAndroidへ移植!

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

スライムの星

メーカー
Come-Come Cat
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 6.1 以降、Android 2.2 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧